Skip to toolbar

ものまね

結局のところ、発音って「ものまね」だと思う。

犬の鳴きまねと英語ネイティブ発音の練習って、同一だと思う。結局のところ、口で発音すると、どうしてもカタカナになってしまう。犬の鳴き声もワンワンになってしまう。ところが喉発音(厳密には口10%、喉90%ぐらい)でやれば、喉をフルに使えるわけだから、まね能力がものすごくUPするのだ。

天満さんにしても、RONさんにしても、あるいは小林克也氏にしても(どこかで氏は有名ディスクジョッキーの真似をしていたと聞いた)、まねがうまいのだが、これは発音練習の原点じゃないかと思う。

喉革命以前から、天満さんもRONさんも、そして私自身も喉発音をしていた(とはいえ、私が使っていたのはせいぜいアクビエリアまで、、、天満さんやRONさん、そして小林克也さんはゲップエリアまでつかっていたんじゃない?)。だからネイティブまねが成功したのではないだろうか。

普通の人は、真似ようとしても、二つのことに気をとられてしまう。音の上がり下がりと、強勢(音の強さ)だ。この二つのことは実は誰でもできること、、、なのだが(くやしいけれども)、誰でもできるからこそ、この二つの要素に気をとられてしまい、肝心の音の音色、、、というか核心となる喉音に注意を払うことができなかった、、、のではないだろうか。でも喉だ、、、そうだそうだ、、、ネイティブの声って逆立ちして聞いても喉音だ、、、ということが分かって、自分でもできるようになると、英語の音の聞こえ方が180度変わってくる

喉(と3ビート)が発見された現在となっても、音の上がりさがりと強勢を重要視する従来のアプローチはしばらくは続くと思うけど、このアプローチは、姿を変えた「暗記問題」だということに早く気づいてほしいです(ああ、またこのテーマを書いてしまう、、、2段落だけつきあってください)。

だって、繰り返すけど、音を下げたり、上げたりすること(ピッチ)、あるいは強く読んだり弱く読んだりすること(強勢)は、誰でもできるんだけど、要は、英語でよく使われる単語、まあ5千語から1万語ぐらいかな、において、音程と強勢を暗記するということ、、、ですよね。

文にいたっては、読み手の感情によって色々変わるんだから、どのイントネーションのパターンが正しいといえない。何億と、無限大に存在する文のそれぞれに、なんらかのイントネーションのパターンを覚えよう、、、というあまりに不可能なものになってしまう。で、英語って平らによんでも通じる、、、という性格を持っているわけだから、何億ものパターンを覚えよう、なれよう、、、という試み自体が、、、、やや無理というか無駄というか(ああ、また書いてしまった。受験生の皆さん、ごめんなさい。)

ところで、、、

皆さんのなかに犬を飼っている人がいたら、ぜひ天満さんの犬真似の音声をきかせてみてほしい。ぐーたら寝ていても、一瞬にして、天満さの犬声に反応すると思う。同時に、口発音でワンワンというのを聞かせても、ちっとも反応しないだろう。

喉は喉を呼ぶのである。

あ、ちなみに、ネイティブは他の種類の英語のものまねがうまい。ものすごく面白いコメディアンDave Chapelleがいる。黒人のコメディアンだが、顔を白くぬって、白人のニュースキャスターのものまね?をするのだが、標準英語をまねる、、、ことをネタとして笑わせる。

前からおもっていたんだが、この人だけじゃなくて、ネイティブは英語の他の変種のまねがうまい。アメリカ人がイギリス人の真似をすると、めちゃくちゃ似てる、、、と思う。喉をフルに使うからだろう。

PS

この記事を書いて思い出したことがある。高校生のころに、田原俊彦(当時の人気歌手)のものまねをしていたことがある。そのとき、今思えば、喉でやっていた!喉のほうに重心をかけるかんじで、としちゃんの真似をしていた、、、ことを思い出した。日本では、ものまね歌合戦というのがあって、とてもうまい人がいるが、あの人たちは喉発音がうまいのではなかろうか。

ちなみにアメリカにはものまね歌合戦はない。なんとなく、誰でもできるから、、、じゃないかなあ、、、という気がしている。

Related Articles

音程を気にするなゆーとるじゃろ

喉的に面白いことがあった。 任天堂DSって知っとる?それをもっとる人がおったんじゃ。そのソフトで発音を点数化してくれるのがあるんじゃけど、その英語会話は初心者の人がやったら、80点ぐらいじゃった。 英語が読まれて、それを繰り返したら、画面の横のほうにXXみたいなんがでてきて(特定なソフトを特定できないように伏字)、XXXなセリフとともに点数を出すんよ。 で、わしにもやらせてくれーゆーってやったら72点とかじゃったからがっくりきた。で、共著者もチャレンジしたんじゃけど、もっと悪くて62点ぐらいじゃった。ネイティブがよ。ネイティブが。 つまり、その英語会話初心者の人が高得点で、わしが次で、ネイティブがドベじゃった。 で、もう一回やろういうてねえ、今度は音程を合わせてやったんじゃ。そしたら全員が満点じゃった。 結局、音の高さを測ってやっとるんじゃろうねえ(スピードもかねえ)。これは製作しとる人も、知っとるはずじゃろうねえ。ネイティブがやったらどうなるじゃろうか、というのは自然な考えかたじゃろ。 音程合わせて、英語発音がうまくなる、、、というのは、まあ音声学の伝統では百点満点の考えじゃけど、それがほんまじゃったら、英語の歌は理解できんなるゆーことになるよねえ。 この不景気なときに、特定のソフトを批判したらいかんとは思うんじゃが、この批判は、このソフトだけじゃなくて、事実上、英語喉以外、全部になるよね。思うんじゃけど、確かに効果のないものが市場にまわって、一瞬は、短期的な意味での利益は作られるとはおもうけど、その売ったもの自体が学習者の中に価値(人的資本)を作りださんと、非常にこまる状態になると思うんよ。経済理論的にも。 例えば食べ物じゃったら、カロリーとなって、食べた人のエネルギーとなり、さらなる経済活動に価値がでるよねえ(2次的な価値と呼ぼう)。英語喉も同じで、効果がでたら、その人の経済活動を助ける。効果のないやり方の場合、特に精神論をともなって、何回も練習せーゆーんじゃけん、2次的な価値がないどころか、その学習者の時間をも浪費するよねえ。とはいえ、普通の人は、そういうのは飽きるからすぐやめるけどね(ある意味で正しい)。 まあ、最近、色々仕事に役立っとるというレポートをもらうけん、うれしいわあ。それでこそ喉の価値、そして二次的価値があったゆーもんよ。 本だけじゃなくて、自分がやっとる仕事なんかでも、二次的な価値がでるような仕事をしたいのおとおもーとります。 従来の音声学の指導というのは、学習者のメソッドじゃなくて、指導する側のメソッドじゃね。指導を成り立たせるためのね。音程とスピードじゃったら、誰でもできるから、できているような気になるしね。本当のメソッドというのは、学習者が実際にできるようになるメソッドじゃろう。そして、そのメソッドは教える側も同じメソッドをつかっとらんといけんと思う。 最近、MIXIのコミュニティーでギター指導をはじめたんじゃが、自分自身がやっとることしか教えんよ。でも時々、教える側に都合のいいことを教えたい願望にとらわれるんじゃ。カタを決めて、それをくりかえしとけ!みたいなね。そしたら、楽じゃけんねえ。でも、効果がないと意味なしじゃけんね。 また従来の発音指導の人らみたいに、自分のやってないことを教えたくなる願望も時々あるんじゃ。たとえば、ギターは歌を作るための道具にすぎん、お前ら歌つくれ、、、みたいにね。わしが最近つくっとらんのじゃけん、そういうことは指導しちゃーいけんと思うとるんよ。自分で作り出したら、もっといおうとおもうとるけどね。 自分でできんこと、やっとらんことを教えるんは禁物じゃ。 でも教える立場に立つと、自然とえらそーにしたくなるのが人間ゆーもんじゃ、、、そういう自分を節するということこそ、真の頑張りじゃと思うんじゃがどー思う。 ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。 http://audioboo.fm/boos/394083-masa-radio-talking-to-cheerful-yuyu http://audioboo.fm/boos/394141-masa-radio-talking-to-emily-again また、タイの日本語教師さんが、英語ができなかった中国人の人が短期間で英語ができるようになっていくのを目撃されているのが面白い。あと、http://thainihongo.seesaa.net/article/211369507.html に書いてあるのだけど、聞くことができるようになったら単語が自分のものになるスピードが速いとあるが、これは本当だと思った。 聞き取りが出来ないと単語の暗記は単語集とかに頼ることになる。あるいは読んでいて字として勉強する、、、まあこれは普通日本人が中学高校とやることだ。 しかし聞けるとテレビなどをぼ~と見ていても、単語を覚えることになる。 そういえば、私は英語喉前からアメリカ英語がそれなりに聞けていたが、辞書はもう20年ぐらい調べたことがない。耳で聞いていて、何回か出てきたら、なんとなく覚えてしまう。人の顔をおぼえるのと一緒だと思う。 やったもんさんもSKYPEで英会話をはじめられたようだが、とてもよいことだ。 さて、最近、電車通勤を週3回ぐらいはするようにしている。電車だと行きと帰りで10ドルぐらいだ(800円ぐらいか)。会社から一ヶ月に50ドルの手当てが出るのと、あと、税金の控除になるので電車は経済的だ。 自動車だと今1ギャロン(4リットル?)4ドル強だ。往復でおそらく2ギャロンぐらいかかるので8ドルぐらいかかる。だから自動車のほうが微妙に安いけど、電車のほうが補助が出るのでやっぱり安い。 駅から会社まで5分ぐらい歩いていたら、若い社員の男女が話をしながら歩いていた。自己紹介をしている。最初はどんな英語文法を使っているかと思って聞いていたのだけど、男性のほうの内容を盗み聞きをしてしまった、、、。 なんでもハーバードのプログラムである外国の学生たちと会議をしながら交流をするプログラムだという。 どこの国か、言わなかったのだが、それはきっと、最初から日本だというと、相手の女の子に、「この人は、きっと日本に行って、日本の女の子達にもてまくった類ね、、、」と思われるのがいやで、どこの国かは最初から言いたくないのかな、、、と私は思った。 そのプログラムは素晴らしく、その国の学生達と、エネルギー問題、国際情勢などについて話したという。 そして、アメリカ人とその国の若者たちとのネットワークができて、あとでその国を旅行したりとか、あるいはビジネスの話をしたりとかで、素晴らしい経験になった、、、。 このあたりで、私は、ありゃ、あの「日米学生会議」だと思っていたが、違うのかと思い出した。 <日米学生会議出身の友人がいるが、英語喉を紹介したら、「ネイティブのように喋る必要はない」で話が終わっている。> だって、日本人の大学生がこんな素晴らしいネットワークを気づくような関係になれるはずがないと思ったからだ。口発音では、そもそも相手の言っていることが分からないし、通じないし、また冷たいイメージになるから、友情を結ぶのは難しい。 先日もJETで2年間も日本に住んでいた元同僚が、「日本人の友達がいない」と言っていた(中国人や韓国人の友達はいる)。 英語喉をまだ知らないだろうからだ。…

ふと思う、、、なぜ他の人は、、???

昔アメリカで出会った日本人の知り合いが、SEE YOUと挨拶するときに、「すい~ゆ~」と発音していて、え?なぜSEE YOUと言わないのかなと頭をかすめたことがあります。でも当時、ネットがなかったので、そもそも、日本人が英語が苦手だということを知らなかった、、、。でも今思うと、なぜ自分は英語ができたろうのだろうと考えることができる。なぜ、SEE YOUを「すい~ゆ~」と発音しているの?と深く考えることがなかったのだが、結局、自分以外の日本人は当時英語を音として聞いていなかったのだろう。 同志社のときに、2年アメリカにいて帰ってきたESSの先輩がいて、先輩、聞き取り完全にできますか?と聞くと、「日本語でも分からんことがあるのに、できるわけない」とおっしゃったが、先輩も結局、英語が聞けていなかったのだなと思う。今思えば。 ttp://blog.with2.net/link.php?709532:1932 英語の音の深い部分を聴き、シラブルを大切にしながら英語を聞いているので、100%聞き取れるし、アメリカに住んで長いのもあり意味も100%分かるのだが、一つ悩みがある。 それは、日本人は英語をそもそも音として聞けていないが、他の人類は、ノンネイティブでも音としては英語が聞けているのだ、、、という点を言っても、英語が聞けない他の日本人に理解してもらえないことだ。 野球のイチロー氏が10年以上アメリカに住んでいても通訳を使っているのは、英語が音として聞けていないからだと思うのだが、そのことと対照的に、アメリカの体操競技のコーチをしている中国人達が普通にアメリカ人とコミュニケートしている。 アメリカの会社で働いていて、日本と全く関わりのない仕事をしている。中国と韓国にもまったく関係のない業務の会社だ、、、が、中国人と韓国人はたくさんいる。当たり前のように英語を聞いて、会議中に、英語に苦労して辞書を引いているひとは一人もいない。 それは、中学校で英語を勉強しはじめたとき、いやそれ以前から、自然現象としての英語の音は聞こえている。  それはシラブル構造がだいたい英語も中国語も韓国語も似ているからだ。 私自身、大学時代から、英語が正直なところぺらぺらだった。なぜか大学の1年でESSに入ったときから、全然、苦労していない。いや、高校で初めて、アメリカ人と話したときでも、ぺらぺらだった。アメリカではマイケルジャクソンはMAIK-KEL-JACK-SONだけど、日本語ではMA-I-KE-RU-JA-KU-SONですと言い放ったことを今でも覚えている。なんでそんなことが17歳のときに分かったのか???それは、きっと小林克也のベストヒットUSAを見ていたからだろう。 もちろんジーナに、その子音ー母音ー子音が全ての英語の発話に現れることを聞くまで、シラブルなんて考えたことがなかった。 よく考えると、シカゴで大学院にいっていたころ、昔はネットがなかったので、他の日本人が英語で苦労していることをあまり知らなかった。 なぜ自分が当時から英語ができたのか、、、今考えると、それは自分が広島出身で、広島弁のシラブルが中国語や英語に似ていたからだと分かる。 じゃ*けん*のお~~ というまるで中国語のようなシラブルのリズム、、、そして、そのリズムは英語と同じ。 じゃ、広島だったら、誰でも英語ができるのかということになるが、広島弁のリズムと英語のリズムが同じで、あんまり「学問的」にごちゃごちゃいわなければ、自然にできるようになるだろう。 あと、中学のときに英語の教科書よりも、ドリル教材のほうがぴんときた。教科書はごみのようにごちゃごちゃ表現がでてきて、そこから文法項目を引き出すかたちだ。ドリルは、その項目の大切な文法点がまずあって、例文がのっていた。 私はその文法のポイントを理解し例文を覚えた。 よく考えると、私がとったやりかたは、日本人以外の世界の人々がやっているやりかただ。アメリカ人で日本語を勉強している人たちは、そういうやりかただ。 日本はまずテキストを読み、訳し、そこから先生が説明を加える。しかし、これは、先生が活躍するフォーマットで、生徒は先生の話を聞かないと、理解できない仕組みになっている。 ところが、私がやったやりかたは、先生を必要としない。文法はすっきりしているものだ。そして例文を理解し、覚える。 先生がいらない。 まるでギターを独学で覚えるときのようだ。 ただし、このやりかただとテストで良い点がとれない。中学のときの英語の成績は10段階で7だったと思う。これは自分でもやや意外だった。高校に入っても、英会話のNHKラジオを聴いていたし、洋楽も聴いていたので、英語は好きだという感覚があるのだが、成績はトップにならない。あるときに、成績トップの友人がこう言った。テスト前に教科書を何回も暗記するまで音読せよ、、と。それをしてみると、実際、テキストを暗記することになり、定期テストで満点近い点がとれるようになった。 な~るほど、成績トップの人たちは丸暗記しているのか~~と気づいた。実際丸暗記するとテストの点がとれる。それはそうだろう。先生は教科書をベースにテストを作っているのだから。しかし、学校の成績が良くても、実際に英語が喋れるかどうかに関係しにくいのは、丸暗記した知識は、実際に英会話をして使っていないと力に結びつかないではないか?と思う。それは高校のときだったのだけど、そのときに、「な~るほど中学で英語の成績のよかった友人たちは丸暗記してたのかも」と思ったのでした。 しかし高3のときになると英語の定期テストの勉強はやめた。あえて普通に英語の勉強をしておけば、定期テストの問題もとけるはずだと思ったからだ。一般的な受験勉強をしながらも、短波ラジオでVOICE OF…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.