ゲップエリアでゲップを試みた

英語喉を実践し、慣れてくると、本当に大きなゲップを出せるようになる。コーラを飲んでいて、かなり大きなのが出たので、録音してみる気になったが、やや緊張して、今日はダメかと思ったが、録音ファイルで3分目辺りでいいのが出た(最後のほう)。それでも、出した瞬間、まだ喉が硬いのが分かる。それにしても、声帯の下の部屋あたりが、ゲップエリア特有の音を出すのが、自分で確認できる。

これは、ゲップエリアを響かす練習というよりは、響かせることができるかどうかのテストという感じだろう。

www.estat.us/blog/geppu1.mp3

英語を喋るとき、録音しているんだと意識しすぎると、ERの音が出しにくくなるので気をつけようと思った。BURP、LEARNとかのER音。喉のところを開けておかないとだめだな。

喉発音を始める前は、本当に、ちいさなゲップしかでなかったのだが、今は大きなのが出る。口発音のままだとゲップがもっと上のほうから出ている感覚があったが、今は、完全に声帯の下あたりだと思う。声帯の下にワンルームマンションがあって、そこでガスの不注意で爆発が起こった感じだ。

とにかく、ネイティブのゲップは原子爆弾のようである。さっき、TWITTERでmachigattaさんも報告されていたが、ネイティブは大きなゲップをする瞬間に勝ち誇ったように、セリフを言うことがある。ゲップで喋るのである。

しかし、くしゃみは違う。くしゃみだけは、日本人のほうが大きいというか、ネイティブに対して苦痛を与えることができるほどだ。自動車の中でくしゃみをすると、ジーナの顔に苦痛が浮かぶほどである。おそらく、口発音に関係しているのだが、鼻の方向に空気をぬかさず、口の中で突然、はっくしょんとやるのが日本人のくしゃみである。一方、ネイティブは、喉などがリラックスしていて、くしゃみによって起こる力のベクトルが、鼻のほうにも分散して行く感じなので、エネルギーがよわく、くしゅん、、、という感じで非常にかわいいくしゃみとなる。

明日から、一週間、ジーナの父さん、母さんがうちに来るのだが、私も大きなゲップを出すことで存在感を示そうと思っている。義理の父と母だが、MOM、DADと呼ばねばらないのが、まだ苦痛だけど、日本語でもお父さん、お母さんと言うのだから自然なはずなのだが、どうもMOM、DADというと、子供っぽい感じがして、恥ずかしい。しかし、昔、ブッシュ氏も父親のことをDADとかテレビで言っていたが、そう呼ぶのが普通なのだな。

そんな話を同僚にしていたら、ちょっと違って解釈したのか、「私は、ルームメートが親のことをMOM,DADと言うのが嫌だった」と言っていた。他人の前では、MY MOMとかMY DADと言わないといけないらしい。MOMとかDADと呼ぶと、「その人達は、自分の親ではないのに、変だ」という気になるんだって。

意味分かる?身内の間では、親のことを指してMOM,DADと呼ぶのが普通。というのは、相手にとってもそうだから。でも他人には、MY MOMという感じでMYをつけないと不自然なんだって。私はあなたの家族じゃありません、って感じだそうだ。

意味分かる?

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.