土曜セミナーレポート(2) とても大切な記事 (実践者の皆さん、絶対読んでね) 息を吸いながら喋る訓練の工夫

さて、昨日のセミナーでCさんのお陰で、すばらしい発見がありました。そして、それをジーナに言ったら、「それはすでに言っているでしょうが」と指摘されました。やっぱり、すでに英語喉に書いてあるんです。

英語喉って私にとっても本当に不思議です。すでに書いてあるのに、発見が続く、、、と。日本人にとって、喉発音と3ビートがいかに、自明でないかということだと思います。

さあ、実践者の皆さん、いいですか?

英語喉の最初で、息を吸いながらの発声練習がありますね。これは、息を吸いながらだと、喉発音しかできないので、無理やり喉発音を経験してもらうための練習です。

そこで、昨日、Cさんが、私が考えもしなかった質問をされました!!!

息を吸いながら発声するとき、息は鼻からも吸うのですか?(つまり、口からと鼻からの両方から吸うのか?)

で、気づいたのですが、英語喉では、 すでにネイティブは口と鼻の両方から息を吸うとしています。実際、ジーナはそうしています。特に(ジーナは私の嫁はんなので)、寝息などで分かります。黒部ダムの水流に匹敵するような息の量です。確かに、口と鼻の両方からしています。

私自身は、起きているときは、やはり口と鼻の両方から息をするのは苦手です(が、喋るときは、リラックスさせて、そうするようにしています。)でも、寝たら、やっているそうです。

さて、そのCさんの質問を受けて、自分でやってみたんです。そしたら、皆さん、どうなったと思いますか?

息を口と鼻の両方から吸いながら、発声すると、音量が増えたんです!考えてみると、当たり前のことですけどね。<音声学者が読んだら、そんなことは文献に書いていないと怒られそうです(笑)。>

<日本人の声が小さいのは、喋るときは、鼻のほうに向かう弁を閉じてるからかもしれませんね。ゲップですら、日本人のゲップは小さい。ネイティブのゲップは大きい。>

わ~~~、ぶちすげ~~~~と感動しました。(で、あとで、ジーナに報告したら、「だから言っているでしょうが」とのこと。実際、英語喉にも書いてある。でも、英語喉って、本当に日本人にとっては、ブラインドスポットのことばかり、、、言われるまで分かりにくい。

私の感覚、、、え?息を口と鼻の両方からするとは知っていたけど、それって息を吸いながら喋るときもするの? ジーナの感覚、、、英語喉の最初は、常にすることを書いているので、この場合だったら、そうしないとかそういうことではない。ーー>実際、例えば、ネイティブの息の仕方とか、喋るからそうするんじゃないですね。喋るとか喋らないにかかわらず常に息の量が多い。)

日本人って、喉が緊張しがちだけど、それは姿勢のせいなどもあると思いますが、鼻のほうに向かう空気を制御する弁がとじてしまうのかな???

実際、本当に、本当にリラックスすると、確かに、口と鼻で呼吸できますね。

音声で示してみます。聞いてくださいね。びっくりしますよ。でも、このせいで、発音位置がうわずってしまったらダメです。ゲップエリアが基本位置ですよ。

www.estat.us/blog/breathIN.mp3 

あ、これは昨日の参加者さんに言ったのだけど、私はこんな実験をすることがあります。アメリカ人と一緒に、またしてもアメリカ人のボスと喋るとき、緊張していると、アイコンタクトをしてくれません。アメリカ人のほうばかりボスは見ます。だから、わざとぽーかん口にします。体をリラックスさせて。すると、平等に、見てくれます。

西洋人と仕事を一緒にしているかた、ぜひ実験してみてください。

または、パーティーで、外国人2人とあなたの3人で喋っているとき、無視されていると思ったら

アホ顔にしてみてください。すると見てくれますよ。

 

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

2 thoughts on “土曜セミナーレポート(2) とても大切な記事 (実践者の皆さん、絶対読んでね) 息を吸いながら喋る訓練の工夫”

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.