Skip to toolbar

アシュラさん、次のステップ

http://ashrafieh.seesaa.net/article/160695924.html でアシュラさんが、英語喉は理解できて、一段落ついたとおっしゃっていて、ほっとした。アメリカのドラマの英語が、前よりも耳に入ってくるようになったとの報告もうれしい。

さて、今日は、以下のアシュラさんの言葉に対してコメントしたい。アシュラさんいわく:

目標は、即興で5分間の英語スピーチができるようになること。原稿が無い即興でそれくらい話す機会はジョブインタビューくらいでしか無いのだけど、自分の「英語が崩れる」のはまさにそういうインタビューの最中だったりする。

引用終わり

さて、私のアドバイスだが、大切なのは、喋る前に、話すアウトラインを考えすぎないことだ。話す前に、あれこれ考えると、喋っている最中にも、この次には、あれをいって、これを言ってと、頭がパンク状態になる。

私は、よく会議などに出席して、自己紹介をしないといけないときに、他の人が自己紹介をしているあいだに、何を言おうか、これを言おうかと考えすぎて、せっかくの他の人の紹介が頭に入らなかった時期があった。そして、自分の番になると、結構、あせってうまく言えない。そして、終わったあと、残りの人が自己紹介しているときに、あ、あれを言えばよかった、これを言えばよかったと後悔して、また人の話が残らない。

ところが、あるとき気づいたのだが、そういう場で心配そうに、しているのは、私だけのように思えた。他の人、ノンネイティブでも、気楽のその場で喋っている。

結局、自己紹介にしろ、仕事にしろ、自分のこと、あるいは自分が毎日やっていることだから、結構、その場で言うことを考えれば良いのだと思う。

そうすると、言葉がたどたどしくなると心配するかもしれないが、

言葉はたどたどしくても、全然かまわないのだ。

喉発音と3ビートさえできていれば、その文のどこを強調するかとか、あるいは、どんな語彙を使うのかなど、聞くほうとしては、どうでもよいことなのである。

もちろん、感動させるためのスピーチを国会議事堂でやるというのなら、違うが、仕事などで喋るときは、そういう配慮は結構いらない。

そもそも、英語とは、最初に言う文を考えて、それから喋るのではなく、その場その場で、言葉を単語ごとにつないでいくものだ。

たどたどしくても、喉の奥に響きを感じながら(こだまブースター)喋れば、全くコミュニケーションに問題がおこらないし、だいたい、仕事の英語とはそういうものだ。

もう一つ大切なのは、喋るのが自分だけだと思わないこと。相手がおり、相手が喋ってくれて助けられることもある。

私も仕事で使う英語では、私が文の半分まで言ったあとで、同僚が文の半分を終えることがある。会話が、私だけで完結しない。私も、相手が言っている半分まで聞いて、そこから私がその文を終えることもある。

喉で喋っていて、3ビートであり、またリラックスしていれば、相手が会話に参加してくるのである。

それも文の中間で。

これまで日本人は、文というものを絶対的な単位と捕らえすぎていたと思う。だから、文があって、イントネーションが大切だと思い込んでいるが、そんなことは絶対的にない。

日本人の会話でも同じだ。聞こえは悪いが、人の話を盗み聞きしてみてほしい。英語でも同じだ。

つまり、仕事などで英語を喋るとき、大切なのは2つ。

  • いきあたりばったりで喋ること。
  • 相手の協力もうまく利用する(喉でしゃべって、リラックスしていると相手も勝手に参加してくる)

いきあたりばったりでも、内容は毎日やっている仕事のことだったりするのだ。またいきあたりばったりだからこそ、聞いている人の反応を見ながら、適時、内容を変えていける。質問にも答えられる。

私は、特に口発音時代、議論がなかなかできなくて苦労した。あきらかに、日本のネタで、まわりが私が何がコメントしたらなあと思っているだろうに、言えないのだ。それは一つには、あれを言って、これを言って、、、と最初に組み立ててしまっているうちに、緊張して発言ができにくいところに自分をおいやっていたのである。

普通の仕事の会話で、感情を入れようとしたりするのは、意味がない。そんなことはする必要はない。

感情などは、勝手に入るものだし。

さて、私は、この1,2年、歌の練習をしてきているが、感情を入れて歌おうとしたことがない。まずは、基礎は、発声である。

スピーチなども、喉発音と3ビートができていなければ、感情を入れたところで通じない。通じなければ、感情は意味がない。

私はSASという統計ソフトでプログラミングをするが、細部がとても大切である。細部を無視して、感情が大切だとか、全体の見栄えが大切だとか言う人はいない。

英語でイントネーションが大切だというが、それは、まさに細部を無視しているように思える。どんなに、イントネーションを工夫しても、喉発音でなく、シラブル無視だと、相手が分からないのである。

それでも分かるという人がたまにいるが、それは、ネイティブも日本に住んで長いので、日本人の英語を名人芸的に理解するからである。

タイの日本語の先生が、口発音でアメリカ人の同僚に喋ると、通じないと書いていたが(http://thainihongo.seesaa.net/article/160465972.html)、まさにそれが真実である。私の嫁はんはアメリカ人であるが、自動車の中などの至近距離からであっても、ちょっと口発音で言うと、全く通じない。3ビートと喉発音を期待して英語を聞いているからだ。

発音はそれほど大切でないというのは、全く間違っている。コンピュータプログラミングをするときに、コンマの打ち方はどうでもよいといっているようなものだ。

<もちろん、細かい音自体は些細だろう。例えばTHをZとかSで言い換えても通じるし、ネイティブもノンネイティブは、そういう喋り方をすると知っているのだ。ただし、喉で発音し、シラブルを大切にしないとだめだ。>

コンピュータ言語も、英語も同じ記号の体系である。

Related Articles

英語喉の応用

UMEKOさんへの連絡 昨日のUMEKOさんのUP http://73417248.at.webry.info/201006/article_13.html  私の音声によるコメント www.estat.us/blog/umeko16.mp3    英語喉を色んなことに応用できるのは明らかだと思う。例えば、タイの日本語の先生が、昨日、タイ語に応用してみようということを書かれていた。今後の発展が楽しみだ。3ビートであることがタイ語も似ているということだ。おそらく中国語的なのではなかろうか?流動性がそれほどないけど3ビート的みたいな。 http://thainihongo.seesaa.net/article/154150396.html それからKAZさんが、BLOGで英語喉の旅をつづってくれるということも書いてらっしゃった。特に英語ビギナーのかたを対象とされるそうだ。とても楽しみである。 http://kazkaz130.blog.so-net.ne.jp/2010-06-23 英語喉が出版されたことは、ジーナと私で応用分野にも挑戦したいと思ったのだが、やはり勤め人なので、仕事に追われているうちに、なかなか難しいということが分かってくる。 だから、実践者のかたがたが、それぞれの得意なところで、活躍されるとすると、すばらしいことだと思う。 医学などでも応用されてくれると良いと思う。特に、スピーチセラピー関連などはよいだろう。日本語で言語障害がある場合、口発音で無理に日本語を喋るというかんじではなくて、喉発音でも日本語は喋れるのだから、小林克也さん的な、あるいは岩村先生的なかっこいい日本語を目指すというのがよいのではないだろうか?というのは、日本語の言語障害は、口の中ががんばりすぎることから起こっていると思う。それを逆に、鍛えて直すという感覚だと逆効果だろう。 私自身の目下の目標は、喉1号さんとUMEKOさんをとりあえず国産ネイティブレベルになるのを見届けたいという気持ちがある。UMEKOさんは、事実上、まだ練習中にもかかわらず圏内に入っているように思う。喉1号さんは、いかに子音の発音のときの口の頑張りを押さえるかであるが(喉自体はうまくなっているのだが、いかに口を押さえるか、、、例えばBOXという単語のOは日本語にもあるし、喉発音もできているので理論的にできるはずなのに、直前のBのせいで、BLOCKされているようだ)、これは喉1号さんだけではなくて、多くの人が持っている課題だ。田地さんが、以前に、これを見事に克服されたのだが、次に、喉1号さんが克服されることを願っている。 喉1号さん、禅的な考えが必要だと思うので、あせらずゆっくりと。日本語を使ってとか、動物の声を使っての練習が良いと思います。いかに、DISHESという単語でできていることを他の音に当てはめるかです。日本語でもよいのです。 M-A M-I M-U M-E M-Oという練習で確実に子音は子音で、母音は母音で発音するというような練習がいるかもしれません。ライフサイクルを大切にしながら。練習例を音声でwww.estat.us/blog/nodo1gou_adv.mp3 UMEKOさんだったかな、電車の中で声をださずに練習するというようなことをおっしゃられていた。声を出さないから、口に全然頼らず喉だけの感覚を感じることができる。そういうのもよいかもしれません。 さて、リナさんが以下のような企画をされています。歌声喫茶の企画とかある会社を設立されたそうです。そういうのをきっかけに喉開眼になる可能性は大なので、皆さん、リナさんの活躍を追ってみてはいかがでしょうか? http://www.animatojp.com/ (これはまだ建設中だそうです) MIXIではhttp://mixi.jp/view_community.pl?id=5052521   NKJMさん(とKENJI-Yさん) http://nodo.edn.jp/bentobox/ で紹介されていたソフトを使っています。おかげで、前よりも早く音声を録音することができるようになりました。WINDOWSについているやつだと1分ごとしかとれないので、前は失敗が多かったのですが、お勧めの(もとはKENJI-Yさんんからの情報!)のhttp://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se459049.html を使っています。おかげで時間がかなり稼げています! ありがとう。 あ、それから、広島の父が、漢字のミスとかをメールで教えてくれているので、助かっています。ありがとう!

アシュラさんとUMEKOさんへの音声によるアドバイス

UMEKOさん UMEKOさんのUPです。http://73417248.at.webry.info/201008/article_3.html かなりよくできました。ドリル2です。こちらは音声です。 www.estat.us/blog/umeko_d2.mp3 アシュラさん、初回から、すでに国産ネイティブの領域に入っています。細かいところを指摘しましたが、完璧にすぐなるでしょう。 アシュラさんのUPです。http://ashrafieh.seesaa.net/article/159089591.html 私の音声による指導です。www.estat.us/blog/ashura1.mp3  

国産ネイティブ ASHURAさん

まだ練習の途中であり、リスニングのほうにまだ問題があるとのことですが、どこから聞いても、ネイティブレベルなので、宣言してしまいます。 http://ashrafieh.seesaa.net/article/160391243.htmlでアシュラさんが、発表された音声に対しての音声によるアドバイスです。 www.estat.us/blog/ashura_d1.mp3 www.estat.us/blog/ashura_d2_3.mp3  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 上川先生、

    アドバイスありがとうございます。私が「機関銃英語」(注文中)に期待するのは、聞いた文のシラブルを数える練習(というのがたぶんあると思うのですが)あたりが、自分が即興で英語で何かモノを言う時に役に立つと思うからです。

    あと、ドラマの台詞など、「最後の『余計な言葉』はなんなんだ?」という瞬間が多いのですよね。9割はわかる。が、最後に「余計な音」が聞こえる。意識レベルで何か「日本語的」な計算をしながら英語を聞いていると思うわけで、機関銃英語は楽しみです。

    ありがとうございます。

    ところで、私も1968年生まれです。