理解するためには文法はあまり関係ない

こんな話を聞きました。

英語の発音を指導している先生が、生徒さんに「発音できたら聞き取りができるのよ」と説いていたのに、数年前に分かったのはその先生自体がそもそも聞き取りができていなかったということだそうです。

つまり、「発音できたら聞き取りができる」ということを言っていたのは自分ができるからではなくて、そう人が言っているからということだったのでしょう。

自分は英語の聞き取りができるので言いたいのですが、シラブルを大切に英語を聞けば、すみからすみまで聞けます。

聞けてしまうと、語学が簡単に思えてきて、文法が大切だとか、論理が大切だとか、積極性が大切だとか思えなくなってきます。

文法が大切なのは大切なのですけど、最近中国語の会話を勉強していて思うのは文法って理解するためにはほとんど大切ではないということです。

我、好き、観る、映画

って聞いたら文法とか知らなくても意味が分かります。

そういう意味で文法は聞いて理解するためにあまり関係ないと思います。

ただし、もちろん、文法は勉強しないといけませんけどね。喋るときに、語順が大切になりますから。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

英語喉実践者にしか分からない苦悩 歌を聴くということ

https://www.youtube.com/watch?v=6Qk5Fc1Vdqk&t=1m10s この動画は、アナと雪の女王の歌を色んな言語で歌っているものです。上のURLをクリックすると、日本語版の直前ぐらいから聞けます。松たか子さんによる歌唱が聞けます。 日本語の歌唱の特徴は、文末でしか、こぶしが効かせないこと、そして、それ以外の部分は、音が平たいことです。結果、アニメ声による歌唱になるように思います。私自身は、この松さんの歌唱を聞いて、そのあたりが気になってしまいます。松さん、ファンの皆さん、すみません。

縄張り知識論 

私は、大学時代に、なぜか、ミシェルフーコー系の本をよく読んでいた。やや難解なのだけど、英語で読んでいた。日本語で読むよりはわかりやすかった(原書はフランス語)。2011年の今、医学などに肩を並べるほど、大切な分野として、哲学、社会学、人類学、文学が大切になってくるのではないか、、、という確信に満ちた予感がある。

スピーチ活動で得た教訓 リラックスするためには論理を考えないこと

今日言いたいことは、音声(以下)と文字の両方で表しました。 [audio:http://nippondream.com/file/tm_02_28_2013.mp3|titles=tm_02_28_2013] http://nippondream.com/file/tm_02_28_2013.mp3 会社でトーストマスタークラブをしていて、プレジデントをしている。プレジデントなので、たくさんスピーチをこなして、速く、レベルを上げようと思ってやっているうちに、10本を追え、CCのレベルになった。CCというのは、CONFIDENT COMMUNICATORとかいう意味で、同じタイトルの教則本があり、それに含まれる10のスピーチ課題をこなしたということだ。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.