キンドル本出版で一番あせったのは

キンドル本出版で一番あせったのは、出版してみたら、PCで見れない状態だったということで、これがなぜなのか分かりませんでした
(すでに解決ずみで、PCでも見れるようになっています)。
 
PCで読めないというのは、他の携帯とかキンドルリーダーだとOKだけどPCではアプリを入れてもダメだ、、ということだったんです(すでに解消しました)。
 
著作権を強力に守ってくれるとかいうオプションを選ぶかどうかで悩んだんですが(DRM)、それをYESにしたんです。そのせいでPCでは見れないのかと、しばらく勘違いしたのです(そのオプションは一度選ぶと変更できない)。キンドルのコミュニティー(英語のもの)も相談すると、そのせいだというような意見でした。今思うと、あてになりませんね。
 
全然あてにならないのは、PCは画面をスクショできるから、そのDRMを選ぶとPCでは見れなくなるんだ、、みたいな、まことしやかな、いい加減なことを言う人がいるんです。
 
その相談のコミュニティーで誰かが、FORMATがRESTRICTIVEすぎているんじゃないかと言ったことで、あっ、と思い当たることがありました。自分は、KINDLE VIEWER3というソフトでオリジナルのWord文書をUP可能な違う形式にしていたんです。WORD文書のままでもUPできるはずなんですが、最初にUPLOADしようとしたときに、エラーメッセージばかりでていたんです。
 
たぶん、その形式が悪いのかもと思いまして、今一度、ワード文書をそのままUPしてみますと、これが良かったようで、PCで見れるということがアマゾンでも明記され始めました。
 
コミュニティーに頼るのも良いのですが、ボランティア的にアドバイスをしているので、鵜呑みにできませんね。
 
だからPCで見れないというような表示が出たのは、UPした文書のFORMATが単純化され過ぎていたからなんだと思います。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.