喉マニフェスト

英語喉は、発音と聞き取りの本であるが、実は単なる発音の本ではない。喉と3ビートを通過した学習者は、英語学習に関して新しい地平に立つことができる。

どういうことだろうか。

英語を外国語とする外国人が誰もがやっていることだが、英語を聞いて繰り返すなかで、英語の規則性に関して考え、その規則性に慣れてくるうちに英会話ができるようになるのである。もちろんテキストでもって文法を勉強をすることがはじめるのが世界の教育システムの中では普通だが、会話ができるようになるには、上のようなプロセスで上達するのだ。

もちろん簡単ではないし、練習がいる。が、やればできるようになるやり方だ。

これまで日本人がやってきたアプローチと違う点に注目してほしい。日本人は語彙を覚えたり、本を読んだり、熟語や表現を暗記することで会話に望んだ。

会話自体から、独自の力で法則性を導き出すことで、会話力をつけるという観点はあまりなかった。

聞いて発音できれば、会話に望むことができる。会話というのはデータみたいなもんだ。そのデータを聞き取りながら、「へー、HEやSHEのときは動詞にSがつくんだな」とか確認しながら、また発見しながら会話を学んでいく。

聞ける、言えるができるからこそ、この世界で誰もが用いている会話上達法を使えるようになるのである。

これまで日本人は会話のための練習(前準備)をしすぎたのではないだろうか。会話は会話をしながら学ぶのが一番だ。

まわりに英会話ができる環境はないだろうか。地元のJETスタッフとか。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.