喉だけを、喉だけを、、、

どの音も喉なんです。だから、この音は英語喉を試すけど、この音は音声学のこの説明を試そう、、、とういことだとだめなんです。だって、例えばですが、HAMという単語があるとする。HはXXXの説明、Aは英語喉、Mは音声学にそって鼻音として発音する、、、とやると、Aのとこは正しい発音ができるけど、あとは近似値発音になってしまう。Mのところで鼻から息をぬこうとすると、そこで英語がカタカナ英語にもどってしまうんです。

(独り言:Mが鼻音っていわれとるんは、そりゃあ、口閉じる音じゃけえ、息がどっかにぬけんにゃあいけんけえ、息が鼻のほうに、よけい[=a lot]行くような気がするだけじゃろう。おおげさにやるんじゃったら。でも、普通のスピードでしゃべりょーたら、唇をあわせんでも平気でM発音しとるけどねえ。特にスマイルしながらしゃべっとったり、歯がちょっと前に出とったりしたら。

決して精神論ではありません。鼻やら、舌やらに集中すると、喉発音じゃなくなってしまうんです。関心が喉からずれちゃうから。だって、鼻に息を流そうとがんばると、鼻って、喉からものすごく遠い位置にあるから、喉発音が浅くなってしまう。舌をどうのこうのしようとすると、喉発音に気がいかなくなってしまうだけじゃない。舌が硬くなってしまって出せる音が出せない。例えば、ぶるぶる凧とか無理、無理。舌が硬いと。

口の中で音を響かせる位置がどうのこうのというのは、結局、舌を硬くしたり、舌と口の屋根の間の距離をせばめたりするから、響く位置が変わっている、、、という気分になるだけで、究極的にはアがイになったりしないんです(例えば、口の前のほうでアが響いていると感じるのは、舌の後方をもりあげたり、硬くしているから)。音がこもったりするから、音が変わったような気分になるだけです。そもそも、ネイティブの舌はそんなにアクロバティックに動いていないですよ。ジェシカシンプソンさんが歌うのを見ていたら、舌はどてーと寝そべったままです。

口を大きくあけたままでも当然喋れる英語ですが、大きく開けたまま、舌はどてーっと横たえたまま(ジェシカシンプソンさんみたいに)で、それでも響く位置を口の中でコントロールできるとしたら、それは、魔術師ですよ。もちろん、喉でならできますよ。口を大きくあけていようと、ちいさくあけていようと。

あと、口の屋根に舌をつける、、、という言い方は便宜的にするけど、結構、すでについている、、、というのもありますね(今、こうして書きながらふと考えると、舌は口の屋根にすでについとるけん、、、筋肉を鍛える必要なーじゃろ?じゃろ?でも、こげーなこというのタブーかもしれん。)。

だから英語喉アプローチを全ての音に使ってくださいね!一部の音じゃなくて。

きっと分かってもらえます。実際に英会話で実践可能なのはだけなので。話し始めると鼻音だとか、円唇だとかかまってられないですから。

英語喉を多くのアプローチにまぜてつかってらっしゃるかたは、まだ口の中で考えているのじゃないのかなあ、、、と思う。基本は口の動かし方で、喉は響かせるための2次的な存在、、、みたいな。じゃないんですよ。喉が中心なんです。喉に声帯があるんです。口には声帯はありません(口は出口ではありますし、確かに、音の最終仕上げのようなことはしますが、、、)。口で音を出して、それを喉にもっていって響かせる、、、というイメージで考えてらっしゃるような気がします。じゃなくて、喉で音を出すわけですが、その場で響きやら音の質やらが90%ぐらいは決定されているのです。

もし喉が単なる響き板だったら、カラオケのマイクでエコーをかければいいわけだけど、そうしても発音が正しくなるわけではないですね。

日本人のイメージで「口で喋る」という感覚が強いけど、口には声帯がない、、、ということを思い出してください。口は音の最終仕上げ、、、であって、核ではないようです。

日本人に「おうむはどの器官がすぐれているから、人間の会話をまねできる?」と聞くと、喉と答える人はいません。舌が発達しているからだ、、、と答えるでしょう。ところが日本人以外の外国人(特に西洋人)にこの質問をすると、まずは「そんなことは考えたことがない」というでしょう。で、多くの人が喉?というようです。もちろん舌という人もいるでしょう。でも日本人のように「舌だけ」と考える人は少ないようです。

英語喉だけをまずマスターしてみてください。そこからです。始まりは。

え、そんな、、、いろんなやり方があっていいでしょ、、、と思われることでしょう。でもね、他のやりかたは練習法であって、厳密な意味でのメソッドではないと思いますよ。まずは正しい音をだすメソッドがあって、それを定着するために、いろんな練習法ってのはありえると思いますが、、、。練習法ってのは、例えば、野球がうまくなりたい人が素振りをするってのは、これは練習法なんです。メソッドは、バットをどのように構えて、ボールをどのように、どの角度で捕らえるか、、、、てのがメソッドです。

ちょっと基本に帰るために、いろんな音の口発音と喉発音を比べてみます。これまではLとかRとか、母音とかで違いを示してきましたが、MとかSとか、そういう簡単っぽい音でも喉発音でやると、口発音とは全く変わって聞こえますよ。

http://www.nippondream.com/blog/simplesounds.wav

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

うめこさん+喉1号さん+喉すけさんへのアドバイス

うめこさんのサイト http://73417248.at.webry.info/201006/article_4.html 音声によるアドバイス(2つのファイル、内容が違います) www.estat.us/blog/umeko_1.wav www.estat.us/blog/umeko_2.wav 今のところ、シラブルシラブルを元気よく(?)発音しすぎている感じなので、練習としては、ダラーとした感じがよいです。「異星人を呼ぶための呪文」ぐらいのつもりがよいでしょう。そうすることで、イントネーションとか、強く読むとかいう考え方をとりあえずせずに、発音に専念します。

他のネイティブの読む弁当BOXの音声が聞きたいと英語喉革命氏がおっしゃったので、、

英語喉革命氏が、他のネイティブが読む弁当BOXが聞きたいと書いておられたので(http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/51450487.html)、ここにおきました。 Aさん www.estat.us/blog/malenative.wav Aさんが家で録音しているとき、横でみていた奥さんが、自分もやってみたいと言ってとってくれたもの(なぜかまんがチック)www.estat.us/blog/femalenative.wav

できるだけシンプルに喋る

人気ランキングが9位まで来ました!ありがとうございます。またしても、クリックをお願いします。 英語喉パラダイム的には本質的ではないトピックだと思うのだが、うちで今日本語を5分でも喋ろうと思い、ジーナに、「電気つけてくれ」とたまたま言ったら

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. S の喉発音と口発音の違いを比べると書いてあったので、期待して聞きました。
    どう練習しても、S は喉で発音できなかったからです。

    音声を聞いてがっかりしました。
    このファイルでは、Set の e が喉発音なのは分かりますが、S が口発音でないことは理解できません。

    母音なしで、S だけの喉発音と口発音の違いを聞かせてくれませんか?

    よろしくお願いします。

  2. 確かに、口発音のSの音と喉発音のSの音は、どうしても似て聞こえることがあります。Sはさすがに風の音っぽいですから。無振動音なので。また喉には穴が(あたりまえですが)横や縦には開いていなくて、音は口を通じて出てくるわけです。口は耳に近いですから、どうしても口で響いているように聞こえます。

    また10%ぐらいは口で響いていますから、特にSは微妙になります。喉で90%響いている音よりも、口で10%響いている音のほうがかえって大きく聞こえたりします(口が、聞いている人の耳に近いという理由で)。

    ですから、実践上は、自分の体の中、喉の中でSは喉で響いているという感覚があれば、OKということにしてみてください。

    確かにSが口発音でないことは理解しにくいかもしれません。私が実践してみてもいいのですけど、まだ口発音から完全に脱皮していない場合は、納得がいかないかもしれません。同じような例なんですけど、Mが鼻音、、、という説も、まだ口発音の人には、Mを聞いたときに鼻にかかった音に聞こえます。

    フランス人の喋りかたが鼻にかかって聞こえる、、、というのも同じで、一度喉発音を自分で経験するならば、全然、鼻にかかってきこえません。ただ口発音のままで聞くと、すごく鼻にかかってきこえます。これは、脳が未知のものを処理するときに、自分が思っていることで納得するということがあるのではないでしょうか?

    子音が喉だということが分かりにくいという点、特に無振動音ほど納得がいきにくいという点、、、、すばらしい指摘だと思います。このことは喉発見時には気づいていましたが、最近、考えたことがありませんでした。私自身は、ネイティブに共著者に喉発音のことを教えてもらったとき、てっきり母音だけが喉で、子音は口だと思っていましたし、2週間ぐらいは、実践することを拒否していました。

    そんなわけないじゃん、、、みたいな。

    実は、3ビートもなんかピンと来ない時期があって(喉執筆前、喉革命後だけど)、もたもたしているうちに、当時の実験者であり、推薦文を書いてくださっている苅谷先生に3ビートのうまさで、一時期、越されてしまった、、、というエピソードがあります。