アメリカのサービス

日本人がアメリカに来るとアメリカのサービスが悪いと感じがちだけど、確かに一部のスーパーとかでは、店員さん同志が私語を交わしていることはあるものの、メガネ屋さんとか、電話修理屋さんとか獣医さんとか、サービスは普通に良いと思う。自動車修理屋さんも。

自動車修理で今回お金がかかったけど、対応自体はすごくよくて、レンタカーを無料で貸してくれたし、時間がかかった本当にごめんなさい、、みたいに腰は低いし、聞かなくても修理費から割引をしてくれたり、至れり尽くせりだった。本当はレンタカーにガソリンを入れて返さないといけなかったのだけど、忘れていて、請求されなかった。

後方左のランプが一個切れていたのはわかっていたのだけど、対応してくれたかた(修理工じゃないくてカスタマー担当の人が、「自分が変えといたからね」と無料だった。

客としてコツもあると思う。信頼できる相手だったら、やっぱり信頼して、自分も謝るところは謝ったり、感謝するときは感謝したり、というように、自分がこう扱ってほしいなと思うとおりに相手に接すると、やっぱり相手のいい感じに対応してくれる。

メガネを買ったばかりなのに、壊してしまったんですが、メガネ屋さんに持って行ったら、ま、保険を買っておられるので、それで対応できるけど、ま、それ関係なしに、たった3日だから、取り替えてあげますよ、、と対応してくれた。

さらに、この店員さん、ワシの難しい日本人の名字も覚えてくれているのです。この店員さんが、ワシの担当だったのではないのに。

このときも、まずは自分が自分で壊してしまったと、捨て身の姿勢で下手にでた。もしかしたら、自分で壊した場合には、せっかく買った保険が効かないかもしれないともおもったけど、それが真実なので、まずは下手にでる。

そういえば、ヒーターとクーラーのメンテナンスをある会社に頼んでいて、ぼ~としている間に、契約期間が切れていた。電話して、自分のせいであるということを強調したら、相手が、ちょっとボスに相談してくると言って、待ったけど、契約きれてるけどOKってことになった。

悪い意味かもしれないけど、米国の会社って社員を大切にしていないから(その日でも首にできる)、社員がすっと、消費者の立場になってくれるんじゃないかな。間違っているかもしれないけど、サービス業の人と話していたら、お友達みたいな感覚で話してくれるのでそんな気がする。

サービスはとてもいいけど、一つには、最近、ネット・レビューとかあるし、サービスすればするほど、いい反応があるというのがあるかもしれません。

サービスが良いと思うことが多いので、ネットレビューなんかはこまめにしています。メールで後で、頼まれるので。

Related Articles

メタ言語要素の重要性

まずは、ぽちっとお願いします。 http://blog.with2.net/rank1932-0.html さて、うちに今、広島の父と母が来ていますが、英語に挑戦しています。今日は、義理の父と母(=アメリカ人)に会ったのですが、そのときに、一つ気づいたことです。 母が、英語が通じているのにもかかわらず、途中でとまってしまうのです。まるで、相手に通じていないから躊躇して途中で止まってしまうような感じです。 原因は、日本語のコミュニケーションにおいては、相手がうんうんとうなずいてくれるのに対し、英語では、そうならないので、そこで問題が生じているようでした。 つまり、通じている英語を話しているので、そのまま話つづければいいのに、相手が、うんうんというかんじでうなづかないので、不安になって、言葉がとまり気味になってしまうのです。 英語では、どちらかというと、トランシーバーのような会話が普通であり、ある程度喋ったところで、相手が反応してくれるのが普通です。これは、kazy氏が言っていましたね。 日本語の会話はこんな感じです。 だからね、(相手、うん) 昨日ね(相手、うん)、 私がね(相手、うん) という感じです。 英語では、昨日私は映画にいったんですよ~、、ぐらいのかたまりではじめて、相手が、うん、へえ~という感じ。 日本語と英語のメタ言語要素の違いです。

心温まる話 番外編(メンバーオンリー記事)

ワシントンDCでボランティア活動で英語喉を指導していることは、周知のとおりですが、直君との会話を紹介したあと(http://www.youtube.com/watch?v=d2JWkAOOhfI&feature=plcp&context=C42f30bcVDvjVQa1PpcFNEUKaATngbG9mo84VFwl5Ku6La7SiASjw%3D)、以下のような展開になりました。全然、心がアタタたまりません、、、。ま、今風邪中なので、しばらくは教えていませんが、、、。 最近感じているのは、この批判する人たちは、本当に英語が喉なことがワカラないのだかということです。前は、意地悪でやっていると思っていましたが、今はわかります。英語が立体的な音であることを聞いていないのです。   広島県人は、英語を勉強していなくてもネイティブ発音? Name:うえかわ ( 12/03/04 11:50 ) 66.44.5.75 返事を書く ( 12/03/04 08:43 ) 69.143.104.34 管理者移動 英語発音と聞き取りをボランティアで教えている上川です。私が書くと、掲示板があれるので、さくっと紹介だけさせてください。私が教えるときに、広島とか九州の出身のかたは、英語の発音(喉発音)がけっこう簡単に出きてしまうのです。東京付近の出身のかたは、結構、発声が硬い感じなので、それを意識してもらいながら、ほぐしていっています。  そのことをどうやって伝えようかと悩んだ結果、昨晩、以下のYOUTUBE番組を作りました。タイトルは、  広島県人は、英語を勉強していなくてもネイティブ発音?  http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=d2JWkAOOhfI  私が書いて、荒れるのは、例えば日本人以外は、英語を聞いて、勉強していなくても、音としては聞けている、、、ということで、このことは、来週あたり、証明?してみたいと思います。上のビデオは、広島弁風に英語をしゃべると、ネイティブ発音が比較的簡単ということです。 [Re:1]ごめんなさい Name:じゃけえの ( 12/03/04 13:30 )…

雨の日、運転中に思う、、外人男性歌手は声が高いわけではない

20年以上前にカリフォルニアにいたときに、どしゃぶりの雨の中運転していて、たまたま、自分の好きなビートルズ、TWIST&SHOUTなどがかかり、テンションが高くなったことがある。 先日、引越しのために雨の中を運転していると、サテライトラジオのヘビメタチャンネルで、自分が中学、高校で聞いていた音楽が次々とかかった。あ、どこかで感じたこの気持ちの高まりは、、と思いながら、聞いた。 Ozzy Osborne: Crazy Train Van Halen: Running with the devil Led Zeppelin: Rock’n Rolle AC/DC: For Those About to Rock と、立て続けに、自分が好きだった曲がかかった。昨年、帰省したときに、幼馴染のマコやんに、なんでワシら、そういう音楽聴いていたのかと聞くと、実はマコやんが、音楽雑誌などから、情報をしいれていたということが判明した。 さて、音楽を聴きながら、歌をくちづさんでいたいると、これまた驚愕の事実が、、、 これらの歌と同じキーで自分も歌えるのだ。…

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar