アメリカのサービス

日本人がアメリカに来るとアメリカのサービスが悪いと感じがちだけど、確かに一部のスーパーとかでは、店員さん同志が私語を交わしていることはあるものの、メガネ屋さんとか、電話修理屋さんとか獣医さんとか、サービスは普通に良いと思う。自動車修理屋さんも。

自動車修理で今回お金がかかったけど、対応自体はすごくよくて、レンタカーを無料で貸してくれたし、時間がかかった本当にごめんなさい、、みたいに腰は低いし、聞かなくても修理費から割引をしてくれたり、至れり尽くせりだった。本当はレンタカーにガソリンを入れて返さないといけなかったのだけど、忘れていて、請求されなかった。

後方左のランプが一個切れていたのはわかっていたのだけど、対応してくれたかた(修理工じゃないくてカスタマー担当の人が、「自分が変えといたからね」と無料だった。

客としてコツもあると思う。信頼できる相手だったら、やっぱり信頼して、自分も謝るところは謝ったり、感謝するときは感謝したり、というように、自分がこう扱ってほしいなと思うとおりに相手に接すると、やっぱり相手のいい感じに対応してくれる。

メガネを買ったばかりなのに、壊してしまったんですが、メガネ屋さんに持って行ったら、ま、保険を買っておられるので、それで対応できるけど、ま、それ関係なしに、たった3日だから、取り替えてあげますよ、、と対応してくれた。

さらに、この店員さん、ワシの難しい日本人の名字も覚えてくれているのです。この店員さんが、ワシの担当だったのではないのに。

このときも、まずは自分が自分で壊してしまったと、捨て身の姿勢で下手にでた。もしかしたら、自分で壊した場合には、せっかく買った保険が効かないかもしれないともおもったけど、それが真実なので、まずは下手にでる。

そういえば、ヒーターとクーラーのメンテナンスをある会社に頼んでいて、ぼ~としている間に、契約期間が切れていた。電話して、自分のせいであるということを強調したら、相手が、ちょっとボスに相談してくると言って、待ったけど、契約きれてるけどOKってことになった。

悪い意味かもしれないけど、米国の会社って社員を大切にしていないから(その日でも首にできる)、社員がすっと、消費者の立場になってくれるんじゃないかな。間違っているかもしれないけど、サービス業の人と話していたら、お友達みたいな感覚で話してくれるのでそんな気がする。

サービスはとてもいいけど、一つには、最近、ネット・レビューとかあるし、サービスすればするほど、いい反応があるというのがあるかもしれません。

サービスが良いと思うことが多いので、ネットレビューなんかはこまめにしています。メールで後で、頼まれるので。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.