Skip to toolbar

基本に戻る

認知症デイケアセンターでは、ビートルズ世代が多いので、ビートルズとか、プレスリーで行くと思っていたのですが、今日は、もっと高齢のグループで歌ってと言われまして、それも歌集を持ってない状態で不意を突かれたかたちになりました。

歌集なしで80歳ぐらいの人たちが一緒に歌えるものが、あまりに自分の引き出しに少ないことに愕然。

HOME ON THE RANGE
YOU ARE MY SUNSHINE
、、、う~ん、他には、、、
STAND BY ME、、、これは、新しすぎ。

週末はYOUTUBEで古い歌を勉強します。

YOUTUBEってすごいですよね。

さて、台湾のお婆さんもいたので、皆さんに事情を話したあとで、日本語で「ふるさと」を歌いました。手をたたいて喜んでくれました。

まわりもその様子をみて喜んでくれました。

とにかくこの台湾のお婆さんは英語ではおとなしい感じなのです。ところが日本語だと、元気が出るので、日本の歌も楽しんでくれて、その意外な姿に周りがびっくり。

「ふるさと」は内容的にはHOME ON THE RANGEみたいなのですと解説しました。

歌っていると、いつも歩いてばかりいるギリシャのお婆さんも隣りに座ってくれました。今回で2回目だったので、歌が好きなのかもしれない。YASU!とTI KANISというギリシャ語で挨拶したら、元気な声で同じ表現の挨拶が返ってきました。

実はギリシャ人の友人に頼んで、ギリシャ語の歌もしこむ予定です。

さて、もう一人の台湾のお婆さんとも話したのですけど、弟さんのことを指すときに、「彼は」という場面で、「彼氏は」とおっしゃるんです。私の世代の日本人だと、彼氏=ボーイフレンドですよね。もしかして、大昔は彼と彼氏が同じだったのでしょうかね???

Related Articles

米国はメモリアルデーウィークエンドです

米国はメモリアルウィークエンドです。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 これは、なくなった軍人さんたちをしのぶ日です。当然、太平洋戦争でなくなった人たちも含みます。 この日は、ワシントンDCにバイカー達が集まります。ハーレーデービッドソンにまたがった50代ぐらいの人たちがたくさん、集まってくるのです。イメージ的には「荒くれもの?」っぽいですが、近所のセブにイレブンで、出会った人たちは、その格好はそのイメージだけど、とても丁寧で、「どうぞ、おさきに」とか言ってくれました。 たまたま通りがかったハーレーデービッドソンSHOPでは、ロックコンサート、BBQなどのイベントでたくさんのバイカー達がいました。 ここです。 彼らの多くは、たいてい、ベトナム戦争などで、行方不明になっている兵士のことを忘れないように!というテーマの有名な黒い旗をつけて、走っています。 さて、メモリアルデーウィークエンドは、プール開きの週末でもあります。私たちの住むアパートも、開きました。プール管理のおっちゃんも、去年と同じで、お~、元気かよ~とか挨拶しました。若者がたくさ~ん、日光浴をしています。 毎年思うのですが、アメリカ人はアパートのプールでは、あまり泳ぎません。狭いからかな。日光浴ばかりです。 今年も、狭いプールでも泳ぐのは、私だけになりそうです。去年は、中国人の人が、まるでオリンピックプールのように、そこで泳いでいたという報告を受けています。 本当に暑くなってきました。 来週の中間あたりから、私たちは、バケーションをとって、海岸に行く予定です。ブルーエンジェルズ(空軍の飛行機)のショーがあるので見てきます。 職場でも多くの人が、バケーションをとります。ギリシャの同僚も3週間の予定で里帰りだそうです。 無関係ですが、ギリシャ語で、挨拶は、YASU~~~といいます。だから、私はたまに、YASU~~と言っています。覚えやすいですね。これは会ったときも、分かれるときも同じ。  

「くっつけておいて、離す」スタイルが日本語のスタイル

英語革命さん(http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/)は、英語の聞き取りがほとんど100%となっているという。一方で、発音のほうはネイティブに完全に近づいたといいにくいので、英語喉に書かれていないことがまだ存在するのではないかということをかんぐられている。 私の感じでは、英語喉に書かれているのに、実践していない、、、ということが、ネイティブ度90%に近づかない原因ではないかな。特に、子音の始まりの切れにも注目してほしい。 どういうことかというと、日本語の音は前後で両方切れている。特に、前の部分だが、「(おもいっきり)くっつけておいて、(しっかり)離す」スタイルが日本語のスタイルだ。例えば、Mは、唇を合わせたところから突然始まる。突然始まるということは、Mの直前の音も、そのせいで切れているということだ。 ライフサイクルを大切にしており、口をリラックス口にしておれば防げることだ。酒を飲むと英語がうまく聞こえるというのは、口が自然とリラックス口になるからだろう(未成年のかたはお酒をのまないでね)。 英語では、「(おもいっきり)くっつけておいて、(しっかり)離す」スタイルじゃだめだ。Mなど確かに、くっつけるスタイルに見えるかもしれないが、そうでもない。全然、力がはいらない。THEがザになる人は、英語においても、「(おもいっきり)くっつけておいて、(しっかり)離す」スタイルで発音しているからそうなるのだ。 英語喉をやっていて、日本語を聞くと、音と音のあいだに切れが入っているが、これは、この「(おもいっきり)くっつけておいて、(しっかり)離す」というプロセスも一因だと思う。喉ブレーキにくわえて。 口ブレーキみたいなもんだ。 口ブレーキと喉ブレーキで、完全なるスーパー口発音が完成するのだろう。 中国語や韓国語などは、喉ブレーキが主だろう。 前は、日本人と韓国人だけが英語ができないと思っていたが、最近、まわりを見渡すと、韓国人には英語がうまい人が少なくないということだ。国連の総長もそうだが。 英語がここまでできないのは、日本人だけだったのか、、、学校で休憩時間に一緒に小便(しょんべん)をしに行っていた親友に、「もうおまえとは一緒につれションはしねえ、、、と宣言されたような悲しい気持ちだ。 もしかして、もしかして、韓国人がチーズをCHEEZUと発音したり、サービス(無料奉仕という意味)をSAR-VI-SUと、シラブル数を間違って発音するのは、もしかして、もしかして、日本語経由で入ってきた語彙とか????????誰か教えてください。間違っていたら失礼なのですが。 ところで、音声学が全く発音向上に役立たない理由がここにある。破裂音というのや歯擦音などと、子音の一部を呼んでおいて、摩擦を強くしろとか、しっかり破裂させよとか指導している点だ。 そもそも西洋でそういう専門用語が生まれたときは、破裂とか 歯擦とかいうのは、口のなかで起こるプロセスを記述しただけであり、実は、しっかり破裂させよとか、おもいっきり強く「磨れ」と言っているわけではないのである。  例えるなら、焼き魚という料理の「焼き」はただたんに調理法のスタイルをいっているだけなのに、炭になるまで焼くということだと勘違いしているようなものだ。 そこで音声学は大きく間違ってしまった。勘違いである。この勘違いが前面的にですぎているので、英語は摩擦の多い言語だと、学習者が勘違いするだろう、、が基本的に他の従来の教材と全く同じアプローチなのだから、別に、音声学のアプローチだけが間違っているわけではない。 従来の音声学が広まると、ますます日本人の英語がダメになってしまうだろう。 笑える点がある。Mの発音で両唇音*だから*、唇をしっかり破裂?させろとかそういう言い方が書いてあるのだが、こらー日本語でも英語でもMは両唇音じゃねえかよお。なんで英語だけ強く発音せにゃいけんの?論理が破滅してないか?

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.