Skip to toolbar

脳を意識できる?

脳といえば、脳みそというぐらいですから、イメージとしては

味噌みたいなのが

どて~~とある感じかもしれせん。でも右と左がありますので、形はイメージできますね。

でも、どこで考えているかとか、主観的、感覚的に分かるものですかね?

自分はこのような発想をしています。

悩みがあるときは仕事がはかどらない、、、

という感覚があるとすると、仕事に使う脳の部分と悩む部分は何らかの形で関係している。もしかしたら同じ場所?

自動車の運転をしながらラジオが聞けるとすると、たぶん、違う場所で対応している?

仮説にすぎませんし、場所で考えるのが正しいかどうかわかりませんけどね。

英語を広島弁に同時通訳するとき、、、英語を理解する脳と、広島を吐き出している部分が違うような感覚があり、さらに、とても気持ちがいいんです。

でも、同時通訳中に専門用語が出てきたとすると、急にこの心地の良さが消えてしまいます。

ストレスがあるときに何が効きそうかなと考えると、遊園地でローラーコースターなどがいいかもしれません。

このように考えますと脳にも色々な部分があるような気がします。もしかしたら同じ場所だけど、なにかプロセスが違うのかもしれませんが。

さて、英語を勉強するとき、字で勉強するのと音で勉強するのでは、情報が入っていく場所が違うんじゃないかと感じます。

音でやっていると、楽しいと感じます。

正しいスペイン語を話したいなとおもったとき、本を読むのもいいですが、メキシコとか中央アメリカの人を探してSKYPEで教えてもらおうかなとか思っています。

面とむかってやれば、楽しく脳の収納場所に知識が入っていきそうです。

ギターレッスンはSkypeでしゃべり言葉で教わっています。字ではなくて。だから続いているような気がします。

Related Articles

当サイト内、「英語喉会議」で近日中、英語喉最大のコツを発表

皆さん、当サイト内の「英語喉会議」というフォーラムで、例のコツを発表しますので、ぜひ登録メンバーになってくださいね。 登録すると、お互いにメッセージができたりしますので、きっと英語喉実践者としての意識が高まっていい感じです。 また、外国人メンバーもいて、きっと英語と日本語を教えあったりできると思いますよ。 この最大のコツに関しては、現在、KAZY氏の回答まちです。 KAZY氏に一体、このコツが何かがGUESSできるか、、、な? ヒントですが、実は、もう英語喉に書いてある、、、というか、ジーナに言ったら、最初から言ってるではないか?という感覚でした。 確かにそうです。 なぜKAZY氏にGUESSしてもらっているかというと、KAZY氏の英語では、このことが全くされていないからです。 そして、このことを実践すると、またたくまに、完全ネイティブ化してしまうでしょう。 私は緊張したときに、これができていませんでした。 このコツが分かったおかげで、な~~るほどと思えることがあります。 私がとっても不思議だったことのひとつに、英語喉をお知りになったあとも天満さんがコピーイングということを推奨されていました。これは、え?と思ったんです。それは、英語喉があるのに、なぜコピーイング??? 今考えると、な~るほど、これをコピーイングすれば、たしかに、私の言っているコツが目指すものは達成されます。 RONさんもそうです。英語喉をお教えしたのに、シャドーイングを熱心にされていました。え?英語喉があるのに、なぜシャドーイング?と思ったのです。 なるほど、シャドーイングによっても、このコツが目指すものが獲得できます。 生意気に聞こえるかもしれませんが、、、今回のコツを紹介すると、天満さんのコピーイング、そしてRONさんのシャドーイングも、ますます、光ってくるかもしれません。 すでに楽しいものでしょうが、も~~~っと楽しくなりそうです。 相反するものではないのです。 逆に、相乗効果が出てくるでしょう。 また、MASA氏、KAZY氏の方法である、実際に喋る、、、という運動にも、さらに磨きがかかります。 これは私がコツを数日前から始めただけで、私の同僚たちが、さらに親密になったのでした。 2日前、それほど親しいというほどでもない同僚が、「カズさん、タイのデザートなんて好きですか?私つくったんですが、食べてね」と言って、そのデザートをくれました。 その後、新人が入ったので、私のオフィスに来て紹介してくれました。若手の女の子が3人来て、私の感覚では、この退屈なおっさんは10秒ぐらいできりあげて、次、行こうか、、、って感じだと思うのだけど、今回のコツを楽しみながら、英語をしゃべっている私に反応したのかさろうとしない。 さらに、昨日、いつもは、そんなこと言わないように思える同僚が、今年は一緒にいろいろやろう、、、みたいな感じで、言っていた。私の英語に反応したのではないか、、、 人がすんなり去らないのです。…

一度、気が付くと戻れません

一度、気が付くと戻れません バークレー音楽大学卒のギターの先生に2週に1回のペースでレッスンを受けていて、やっぱり受けて良かったと思ったのは、自分が考えてもみなかった方向に引っ張ってもらえることなんですけど、先週、1弦につき3か所、押さえる方法でドレミを弾くように言われて、びっくりしました。 これまではドレ(一番太い弦で8フレットと10フレット)とやって、ミはとなりの弦に移っていたんですけど、そうではなくて、ドレミを同じ弦上で弾くとなると、8フレット、10フレット、12フレットとなるんです。この要領でやりますと、運指がしやすいのです。なぜなら、一番太い弦から細い弦へと移行しながら考えますと 8フレット、10フレット、12フレット(どれみ) 8フレット、10フレット、12フレット(ふぁそら) 9フレット、10フレット、12フレット(しどれ) 9フレット、10フレット、12フレット(みふぁそ) 10フレット、12フレット、13フレット(らしど) 10フレット、12フレット、13フレット(れみふぁ) となるのですが、明確なパターンが登場しますよね。2弦ごとに、見事に同じ場所を抑えるパターンです。 ギターを始めて、35年ですが、気が付きませんでした。 でも一度見えてみると、後に戻れません。 さて、指の使い方も変えるように言われました。8,10,12フレットだと、これまでは人差し指、中指、小指でやっていましたが、中指じゃなくて、薬指をつかうように言われました。使いだしてみると、確かにそのほうが合理的です。指の長さの関係上、このやりかたをすると指とフレットが平行になるのです(指とフレットが合理的な関係になります)。 ところが、このやりかたですと、主観的、脳的には、まるで初めてギターを弾いているような感覚があるのです。それは悪い気分ではなくて爽快な気分です。新しい指使いで脳の中で新しいパターンが作られているような感覚です。

剣道の練習にも正しい入り口がある

今日、剣道の基本クラスに参加していて、面の練習をした。防具をつけないで、相手が竹刀を横にしてくれて、それをメ~ンと打つ練習です。 普通、面は打った後には、相手の右側をするりと通過して、そして、そこから左方向に回って、相手にまた向き合い、「残身」を見せます。 ところが竹刀を横にしてくれている状態に面と行く場合ですが、これは(皆さん、イメージしてください)、相手の左を抜けることになります(面は普通は右を抜けるのに、この場合は左)。 でも面ですので、くるっと回るときに、普段するように、左向きにまわって「残身」を見せてしまうわけですが、先生に、逆だと指摘を受けました。 相手の右を通過したときは、左へぐるっとまわって「残身」。 相手の左を通過したときは、右へぐるっとまわって「残身」。 つまり、面のときに、絶対、左へまわると覚えるのではなく、相手の右を抜けるか、左を抜けるかで、どちらにまわるかが決定されるのです。そして、このルールに沿っていれば、一番早く、直後にファイティングポーズに戻ることができます。 さて、以上で説明が終わりですが、見ていると、剣道をする人は以下のグループに分類することができます。 1.いわれなくても、できているグループ(たぶん、そっちのが自然で楽だからか?理にかなっているからかな。) 2.まわる方向をまちがってしまうグループ そして、このグループを二つに分けると、、 2b: 言われたら正しくできる人 2a:言われても間違う人(というか、たぶん説明を聞いていない、聞こえていない?) 3.そもそも、くるっとまわって残身さえしていない(なんとなく、そのまま直進していって、終わりの人)。 4つのグループに分かれるのでしょうか。 たぶん、英語でも、グループ1の人が英語が自然にできる人なのだと思います。 そして、たぶん、2aが、努力すれば、実る可能性がある人。 2bは、努力しても困難を覚える人 グループ3はどうなのかな。 剣道においては、2bの人口が結構大きいように思いました。 自分もそう。 私自身は右とか左とかの感覚が、混乱してしまうのです。おそらくこういうのは、小さいころからダンスをならったりしていると、敏感になるのでしょうね。 剣道に何年行っても、準備体操で、屈伸など、左が先なのか右が先なのかがわからなくなってしまいます。 でも今回のように、原則が実は一番楽なのだと教えてもらうと、理解できたと思いました。 それから説明を聞いているようで、聞いていないことが自分はあります。 色々習いごと、スキル、技能の分野がありますが、自分はどの分野において、グループ1に属するのかを知る、自分を知ることが大切ではないのかなと思いました。…

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.