喉セミナー大成功 こんなにできる人でも革命的な聞き取り向上体験ができる!

私は最近、ワシントンDCでの英語喉活動の力を強めている。それは、米国の拠点で英語で活躍できる日本人が増えれば、日本の世界に対する力が増すと思うというおおげさな気持ちもあるし、また直接指導で感動を共有したいという気持ちがあるからだ。

また、なぜ私が英語喉出版前から、一発で日本人の英語をネイティブ化するというような、誤解されがちな表現をしていたか、、、その原点に帰る戻るような経験ができる。実際、一発で、発音、聞き取りがレベルUPするのが普通だ。英語喉というのを聞くのも、(本を)見るのも初めてというかたがただ。

実際に一発で変わるという経験を私は何回も何回も経験している(もちろん、たまに聞き取りには例外がある、、、10人に1人ぐらいだが、、、しかし発音のネイティブ化はセミナー内においては例外がない、、、定着するかどうかは、メンタルな部分、個人の努力、器用さにまかせたい)。

さて、昨晩は、前回のボランティア指導にて感動をされたかたのつながりで、またボランティア指導をさせていただいたのだが、許可をいただき音声を紹介できることになった。

英語喉前の英語 聞きどころは、え、もうこんなに上手なの?という点。

[audio:http://nippondream.com/file/DC_resident_09_30_2011a.MP3|titles=DC_resident_09_30_2011a]

直リンはここをクリック

1時間後に、テレビを見ているところ。聞きどころは、すでにこんなに上手な人でも聞き取りに変化があるの?という観点かも。

最初のファイルの前半は、テレビだけが流れてきますが、真ん中ぐらいからコメントがはじまります。

[audio:http://nippondream.com/file/DC_resident_09_30_2011b.MP3|titles=DC_resident_09_30_2011b]

直リンはここをクリック

これは最初からコメントをいただいています。これまで聞いていた英語と全然違うというご感想です。

[audio:http://nippondream.com/file/DC_resident_09_30_2011c.MP3|titles=DC_resident_09_30_2011c]

直リンはここをクリック

そして、これは、実際に英語喉体験後の英語発音です。一緒に英語喉の練習をし、弁当BOXを読みました。

[audio:http://nippondream.com/file/DC_resident_09_30_2011d.MP3|titles=DC_resident_09_30_2011d]

直リンはここをクリック

最後におまけ、今日の英語喉1秒クイズです。

[audio:http://nippondream.com/file/quiz_09_28_2011.MP3|titles=quiz_09_28_2011]

直リンはここをクリック

 

Related Articles

剣道の稽古と英語喉に強烈な共通点がある

人気ブログ投票にぽちっとお願いします。 火曜日と日曜日は、2時間の剣道の稽古がある。ジョージワシントン大学の剣道部だ。 昨日、タレにつけるゼッケンで注文していただいていたものをゲットしたのだが、GWUと書いてある。GWUの学生じゃないけど、GWU所属みたいだ。 世界銀行があったり、ホワイトハウスが近かったりするGWUの本拠地フォギーボトムではなくて、ジョージタウンの奥のほうにある体育用の施設で稽古がある。 剣道と英語喉の間には強烈な類似点がある。 ひとつは、剣道での打ち込みにライフサイクルがあるということ。面だろうが、コテだろうが、胴だろうが、 始まり、中間点、後半がある。 そして、この3つがスムーズにつながったのが剣道の基本の打ち込みのようだ。 これが基本練習のときにできていなければ、応用練習においても、正しい打ち込みができない。応用練習でもできなければ、いわゆる地稽古(試合にもっとも似たスパーリング)でもできない。 基本の打ち込みができないと、相手から見て、いつ打ち込んでくるのかがバレバレになる。 例えば始まりと中間点の間で、ふりかぶってしまっていては、今から打ちますよと相手に言っているようなものだ。 逆に、相手が基本ができていると、恐怖だ。まるで新幹線が突然体当たりしてくるかのような感じだ。 英語喉においても、本の最初のほうの基本の喉発音ができなければ、その後の個々の音も出ない。喉をリラックスさせ、喉を開けたままで、、、というのができていなければ、どうしても舌がもりあがり、喉の出口をブロックするので、喉の音がうまく出ない。 ただし、英語の音が喉音だということに気づき、3ビートをやると、聞き取りが向上するだろう。 昨日は、基本練習のときに「ゆっくり打ってください」という貴重なアドバイスをもらったのだが、それが分かっていても、あせって、速くなる。 これは、英語喉の実践者のかたで、「喉でゆっくりやってくださいね」と1時間半、お教えしても、直後の会話練習で、あせって、速く喋ってしまうことにそっくりだ。 あせらない、、、、このことを克服するのが自分との戦いなのかもしれない。 しかし、応用練習で、デバナこて、、というのがあるのだが、わざと面を打ってあげて、相手にコテを練習させるというのがあり そういうときは、気持ちに余裕があり、すんなり、面が打てたりする。 ところが、自分が打ち込まないといけない練習になると、焦りが出てきて、体が前に出ない(いや、これは、あせりの問題じゃなくて、相手との距離の問題なのかもしれない。この練習の場合は、届く届かないということをあまり難しく考えずに打ち込むものだから、フォーム自体は自然になるのかも) 腰からしっかり出るというのが大切なのに、「届かない」という不安感?からか、腕に力がはいり、手だけで打撃しているような感じになり、また補助的や役割しか持たないはずの右腕が活躍しすぎてしまう。 本当は左腕が中心的な役割をしないといけない。 しかし、このことは、腰から打ち込む感じでやると、全て連動的に直ってしまうことは、直感的に分かる。そして、腰から打ち込むためには、二つの要素があるようだ。 ひとつは、距離。もうひとつは、打ち込むのに大切な足さばき、そして左足のようだ。 届かないというのは距離が遠いからだろう。足の踏み込み力がなかっても、距離(とスピード)が克服できないだろう。…

なぜテレビなら分かるのに、人によっては分からない場合があるか?

人気ブログ投票にぽちっとお願いします。 今週末、KAZY YOSHIMURA主催のラングエージエクスチェンジSKYPE GROUPに皆さん、挑戦されてはいかがでしょうか?こちらからどうぞ! TIME: JAPAN TIME DEC 18TH (SUN) NOON to 2PM US EASTERN TIME DEC 17TH (SAT) 10PM to MIDNIGHT http://www.doodle.com/skt9a2mc8ctmdg2v では、DCボランティア講座の様子を二つ紹介します。 12月10日 Aさんの場合 12月15日 A, B, C, Dさんの場合…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 短時間でその飛躍的向上、凄過ぎます!

    ますます既存のパラダイムとの違いが際立ち、否定する方は大変になってきますねw

  2. MASAさん、ありがとうございます。最近、教えるたびに、MASAさんというかたがおりましてね~、みたいな言い方をよくしています。英語喉原理主義の実践者ということで、2月から始めて、今ぺらぺらと紹介していますよ~。

  3. Kazさん、恐縮です(汗)
    今年の一月後半に開始した英語学習自体がやっと8ヶ月、英語喉は二月後半以降なので7ヶ月になりますが、実際のに使う全ての機会が教科書になります。
    よっぽどでない限り音としては聞けるから、ネイティブに尋ねたり、スペルの検討をつけて調べることも出来ますし。
    英語学習の地動説、革命的根本原理ネイティブメソッド以外のスタディーガイドを一切使わずにどこまで上達できるかという挑戦のつもりでやってますw

Skip to toolbar