Importance of voice quality in conveying meanings

I found a good example of how voice quality can help communicate a message better.

https://www.yahoo.com/celebrity/m/f3edb942-24b2-31d5-859a-f71a27faa611/ss_venus-williams%27-vehicle-data.html

The title of this article is:
Venus Williams’ Vehicle Data Shows She Did 20 MPH in Intersection, Says Victims’ Attorney

If you don’t live in America, you may not know the meaning of 20 MPH (miles per hour). After all, not many people outside of America use miles.

Japanese people, for example, have to wonder if going from 0 to 20MPH in three seconds is a rapid acceleration of speed. We have to wonder if that was a case of reckless driving.

To communicate that, you can change the tone and the quality of voice. Because this statement is coming from the victim’s attorney, I think they want to say Venus was being reckless at the time of accident. You should read this statement with serious tone of voice.

I have to say,though, 20MPH is not super fast.

Related Articles

TED EVENT (NEW YORK)に応募しました

TEDというのをご存知ですか?昨晩のMIDNIGHTがニューヨーク部門でのしめきりだったので、昨晩、企画書を提出してみました。これが、募集要項でした。 http://conferences.ted.com/TED2013/auditions/new-york.php これも押していただき、人気投票ランキングにご協力を! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 The Discovery of the Throat Theory for the linguistics Science — by Non-Specialists TED Conference Application (New YorkCompetition) 04 19 2012…

謝られたときの素敵な、優雅な英語表現 It’s okay

フロリダから2日かけて帰ってきました。サウスカロライナでガソリンスタンドでストップ、お店に行きますと、ベトナム人らしい母と子供2人がおりました。珍しいなと思いましたが、私たちと同じで、旅行中かなと。   南部の州は、おそるおそるガソリンスタンドに行くことが多いです。アジア系で大丈夫かなということがあるので。人種差別の歴史がありますので。   期待していない場所での、アジア系同志の出会いなので、爽快な気持ちになりました。   まさに、一期一会です。   さて、ここでハプニングです。   一生忘れることのできない出来事が起こりました。   トイレのドアを開けますと、その家族のパパらしい人物が、トイレに座って、英語で言うところの、ナンバー2をしていました。   見てはいけないものを見てしまったというショックで、思わずとっさに出てきた言葉は   アイムソーリー   だったのですが、返ってきた言葉は It’s okay (大丈夫ですよ) で、また、その言い方が、優雅で、思いやりに満ちたものだったのです。   まだまだ、私は人間として成長が足りないのかもしれません。…

リズムについて <ギター練習から考察>

英語(というか外国語)が聞き取れるようになるために一番大切なのがシラブルを理解することなのです。   フランス語でありがとうはメルシーですけど、これは、3シラブルではなくて2シラブルなのです(め~し~、、、みたいな感じで2拍)。   朝鮮語では、「カムサハムニダ」ですが、最初の「かむさ」はたぶん感謝ということではないかと想像しますが、これは、3シラブルではなくて2シラブルなのです(KAM-SAHという感じ、、、KA-MU-SAじゃなくて)。   で、そのKAM-SAHってのは、ハングル文字だと2文字を使っているはずです。3文字じゃなくて。   日本語だけがシラブルのリズムと書き言葉が一致していません(常識の範囲で考えて)。   LA在住のギターの先生のレッスンを受けていて、リズムの練習をしているんですが、インド語で覚えろというのです。3拍子だったら、タキタ、タキタ。4拍子だったら、タカディミタカディミ。ま、そのくらいは言葉で言わなくてもできるのですが、   7連続は無理。   タカディミタキタ   でリズム覚えこむのですが、   7つの連続音なのに、カタカナにすると8つあって、頭が混乱してしまう。「ディ」の部分が2つあるので。   そこでディはデにすることで、やったら、納得してリズムがとりやすくなりました。 タカデミタキタ   リズムをとるのに、日本語の影響で狂ってしまった例でした。  …

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.