Skip to toolbar

剣道か、「くむどう」か?どころではありません。

今日はエルサルバドルからの移民の家族友達の家に、東丸のうどんスープの素をプレゼントしました。

その家族の娘さん(小学校高学年)が、「お母さんはうどん大好き。韓国料理大好き!私もキムチ大好き」と言いました。

え???

そうか、フェアファックスの人たちはコリアのスーパーでうどんを買うので、うどんが日本食という感覚がないのかな。

そういえば、この間、奥さんが、「私は日本食が大好きよ」と言って、見せてくれた、ダシかわかめのパッケージにはハングル文字が書いてありました。

認識論的に、自分はパッケージに日本語が書いてあったら日本食でハングルだったら韓国食と思っていますが、

今日、Hマート(韓国系スーパー)に行って、納豆セクションに行ったら、上の段に、ハングル文字での納豆がおいてあって、下の段には日本語のパッケージの納豆がおいてありました。

今まで目に入らなかった。

納豆だけじゃないです。カレーとかもそうです。

私たち日本人が、メキシコ料理とエルサルバドル料理の違いを明確に区別していないのと同じで、

一般の人は日本食と韓国食に区別をしていないのかな。

特に韓国系スーパーは大きくて数も多い。

日本系スーパーは落ち目です。

Related Articles

感情表現は顔だけでなく、体全体でやる感じがよい マクド的笑顔に注意

今、実はアメリカは3連休です。MLKって分かりますか?マーチン・ルーサー・キングJRの誕生日です。 さて、金曜日に日本人の若者からメールがはいり、天候の関係で、DCにたまたま足止め?というか、よった状態になったので、ぜひ指導を頼みたい、、、週末のセミナーはしておられますかとの質問。いつDCにいらっしゃるのですか?と私がメールしたら、「実は今、おります」とのこと。あ、そうか、そうか。たままた、私は、用事でジョージタウンに行く予定だったので、スターバックスで会ったのです。仕事のほうも一段落ついていたので。 英語喉出版の最初の年(2007年)は、私もそうだけど、「20年前に知っていたら」と嘆いた人がたくさんいたと思うのですが、この若者(N君)は、なんと、英語喉をやった後に英語の環境に1年ぐらいいる、、、という恵まれた環境です。実際、英語がよどみなく出ておりました。そして、その出てきかたも、アドリブ的で、アメリカ人がしていることと基本的に同じでした。 さて、発音のほうもよかった。でも、体が硬くなっているときは、Rとかが伸ばす音で代用されている。例えば、FORのRが、体が硬いときは、伸ばす音(-)で代用されているけど、注意を促して、男らしく、ゲロゲロって感じの声にしてもらうと、全体的にネイティブと同じ発音になるのです。 で、2時間ぐらい指導させてもらって、ちょうどそこにジーナが登場するというタイミングだったのだけど、そのときに、男らしく挨拶をできることを卒業試験とする、、、みたいな宣言をしまして、そして、その課題も、とてもよくこなしました。 さて、その2時間で私自身が学んだことを書きます。それは、N君が、体の保ち方が日本人的に固かったんだけど、顔は笑顔だったのです。言い換えると、感情の情報を顔だけで表していたかんじだった。すると、頭、顔、口、喉が硬くなり、Rが出ない、THが口発音、Dが口発音、、、という感じで、注意をしないといけない。 でもそれをやめて、体全体を、日本で言うと、不良少年?みたいにリラックスさせて、感情を体全体で表す感じにすると、よくなりました。 感情の情報の発信地が顔だけ、、、というのは、これは、私は今回、初めて、理解できた感じがします。これまでは、なぜ私が日本人を見たときに、日本人だと確実に分かるか、言葉で言えなかった。でもN君のおかげで、分かりました。というのは、N君が私を見るときに顔が笑顔だったけど、体の感じ、保ち方がこちこちだったからです。 でも、なぜ、それに強く気づいたかというと、スターバックスでは、周りにアメリカ人がたくさんいたのですが、ジョージタウンというと、ジョージタウン大学があり、若者がたくさんおり、どちらかというと、おしゃれをしている人が多い。 横を歩いていく、ちょっとしゃれた感じの女性が、顔だけじゃなくて、体全体で自分自身、自分の個性を表現しているように感じました。 逆に、N君に最初に会い、挨拶の笑顔や、うなづきの様子を見たときに、あれ、この感じは、どこかで見たことがある!と思ったのです。それは、日本のマクドナルドの店員さんです。体は気をつけで、顔だけでいらっしゃいませという情報を発している感じです。 だから、私はN君に、体をリラックスぎみにして、ちょうど日本の不良青年が、タバコをうまそうにぷかぷかふかしている感じで体とか顔を保ちながら英語を喋ってと御願いしたら、うまくいきました。でも、すぐに、日本人的になるので、何回も注意しながら練習しました。 英語喉は母音をざーとやり、子音は、ところどころ抑えました。とてもよくできていた。そしてドリルをやって、それから英語で会話します。あとでジーナが登場したときに、あとで、「えらく、男らしい日本人だった」と言わせるぐらいの堂々さで、英語を喋ること、あと握手のときも、グリップを硬くすること、、ん、などと説明しました。 喋るときの音程もあえて落としたほうがよいということも実践してもらいました。 顎をアントニオ猪木顔的にしてもらうと、ちょうど、顔も日系人っぽくなり、その瞬間、英語もネイティブ英語になりました。N君も自分で、ありゃ、これは違うと気づいておられました。 あ、そうだ、なぜ、それをしてもらったかというと、N君が喋るときに、シラブルのたびに顎を引いている感じに見えたので、そうせずに、猪木顎的にしてもらったのです(でも、おおげさじゃなくて、気持ち程度です)。 私の前でN君が、日本人に見えたり、日系人に見えたりで面白かった。でも、英語による会話、グローバルな舞台だと、日本人的に固く見えたら、コミュニケーションが成り立ちにくい。そもそも、硬くするのは、日本人だけ?っぽいので、視線でさえ、合わせてもらえなくなるほどです。相手には、全く、その意図が分からないというだけでなく、硬い感じの印象=私はあなたの話を聞いていません、、、という意味にとられてしまうからです。 N君の英語はとてもよかった。ゲロ的な声、外人姿勢を100%保てるようにしてください。 もちろん、外国人になれということではありません、、、てか、心配せんでも、日本人にすぐに戻っってしまう。また、本当のバイリンガル、バイカルチュラルというのは、複数(この場合は二つか)の文化を自由に行ったりきたりするということですね。 体全体をリラックスしていると、感情表現が胸あたりから始まるって感じになり、自然に、英語に感情が現れる、、、これがポイント。逆に、日本人的に緊張していると、おかしい、笑える話をしていても、英語が硬いままで不自然なのです。 これは動画で私が示すのが一番なのだけど、声が英語喉でかっこいいのに、顔がついていかないので、遠慮します。でも、ジーナに、アメリカ人の野球選手が、バッターボックスに入るときのマネと称して、私はパフォーマンスを時々するんですが、そのときに、ガムをあごを大きく動かしながら噛みながら(これはKATSUさんが書いていた)、体を恐竜みたいに重たそうに、だるそうに動かしてやります。特にうちの愛犬が、うれしそうに見ています。私がこれをやると。 N君、この上のことを学ばせてくれてありがとう!気をつけて日本に帰ってください。就職活動がんばってください!  

よくがんばったぞ!

So you think you can dance http://www.fox.com/dance/ というアメリカの番組で、ダンサーを募集し、テストし、全米第1位を決めるという、アメリカンアイドルのダンス版のようなのがあり、日本人のコンテスタントが1人、結構、がんばった。地方予選を通過し、LAS VEGAS予選まで進んだ。 上のURLで名前などを確認しようとしたが、分からない。 昨日、落ちてしまったものの、結構、ジャッジを感心させた。ジャッジは、きっと彼には(ロックという特殊なのが専門の彼には)、社交ダンスはできないだろうという感じがあったのだが、結構できたのだ。かなりがんばった。ジャッジにかなりほめられた! 関係ないが、LAS VEGASのVEGASは(前にも書いたが)VEIGASだというのが、聞いていて分かった。そう発音しているからだ。 落ちた後の、挨拶は、日本人の良さが出ていて、どんな西洋人も言わないようなことで彼はしめくくった。 この間、アメリカで先生たちに出会い、その人たちのおかげでここまでこれた、、、と。 そういえば、あんまりそういうことをアメリカ人のコンテスタントからは聞かないと思った。日本人の美徳である。私が、彼の言ったことに、あれ?これは独特だと思ったのは、先生*達*と複数形だった点かもしれない。 彼は英語は、やはり基本的にカタカナであり、ジャッジの言っていることが100%理解できないのか、かみ合わないところがあった。完全に心と心のコミュニケーションができないところが残念。ただしこれは日本人として普通だと思う(聞き取り、発音の問題があるのだが、文法の違いもあると最近は思う)。 「英語喉」と「機関銃英語」を献本したいが、名前も分からない。 先日、米国在住の喉実践者のかたと話したのだが、そのかたは、学会(アメリカで)に行くと、日本人の発表になると、観客がごっそり席を立つことがある、、、内容はすばらしいのに、、、と、くやしい報告をしてくれた。 学会というのは、ホテルなどで、同時に色んなセッションが行われている。言っていることが分からないとなれば、ちょっと隣の部屋(会場)のセッションをのぞいてみるか、ということになるのだろう。お金を出して、学会に出席しているし、時間は限られているので、結構、自由にセッション間(ホテル内の会場間)を行き来するのだろう。 発音のせいで、観客が、、、ということだが、ポイントは3ビートVS2ビートだ。やっぱり2ビートで言われると、言っていることが分からないのである。中国人だって、口発音ぎみだが、ビートとシラブルにあまり問題がないので、英語ネイティブは比較的リラックスして、中国人のプレゼンテーションを聞くことができる。ただし、日常生活では少し違う。口発音なので、中国人の音も結構、CHOPPYだ。怒られているような感覚で聞くという傾向がある。ただし、最初は口発音でも、なぜか中国人の場合、喉発音に平気で移行していく人がたくさんいる。きっと聞き取りに問題がないから、喉発音に気づくのが早いのかな。 なぜ2ビートで発せられる日本人英語がネイティブに通じないかに関しては、英語喉のレッスン39のエッセイを参考にしていただきたい。「中継地点 なぜ3ビートがそれほど大切なのか」がタイトルだ。 3ビート、そして喉発音さえ見につければ、、、  我々はすばらしいものを持っているのである。心と心のコミュニケーションができるならば、もっとすばらしいものを世界に貢献できるだろう。 あ、ところで、西洋のオハコ芸である社交ダンスで西洋人を感心させたという件は、上で紹介したが、毎年、7月の独立記念日になると、日本人の人が、ニューヨークのホットドッグ早食いコンテストで大活躍をする。…

英語喉セミナー 西日本からのご夫婦を喉革命に導きました!

人気ブログ投票にぽちっとお願いします。 ワシントンDCにて、だいたい毎週木曜の晩、7時にボランティア講座を開くことにしました。その調子でやれば、1年で、喉実践者を100人以上生み出すことができます。数年やっていれば、何か起こっていると文部科学省さんも気づくことでしょう。 さて、西日本出身のご夫婦を指導させていただいたのです。   喉セミナー直前の英語 [audio:http://nippondream.com/file/eigonodo_seminar_before_12_01_2011.mp3|titles=eigonodo_seminar_before_12_01_2011] 直りんはこちらをクリック。 a_を指導しているところ [audio:http://nippondream.com/file/eigonodo_seminar_12_01_2011_a_lesson.mp3|titles=eigonodo_seminar_12_01_2011_a_lesson] 直りんはこちらをクリック。 機関銃英語が聞き取れる!を使って3ビートの説明 [audio:http://nippondream.com/file/eigonodo_seminar_12_01_2011_kikanju_part.mp3|titles=eigonodo_seminar_12_01_2011_kikanju_part] 直りんはこちらをクリック。 セミナー直後の聞き取り力! [audio:http://nippondream.com/file/eigonodo_seminar_after_kikitori_12_01_2011.mp3|titles=eigonodo_seminar_after_kikitori_12_01_2011] 直りんはこちらをクリック。 ドリルを読みながら、発音の成果を確認! [audio:http://nippondream.com/file/eigonodo_seminar_after_pronunciation_12_01_2011.mp3|titles=eigonodo_seminar_after_pronunciation_12_01_2011] 直りんはこちらをクリック。 セミナー後、質問に答えているところ。MARYLANDの発音について。奥さんが、どうしてもMARYLANDという発音が通じないとおっしゃいました。どこに住んでいるの?とアメリカ人に聞かれて答えても通じないということです。英語喉発音記号で書くと M-eI-r_  /  r_-u_-l  /  l-i_-ND_です。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.