Skip to toolbar

周りに韓国人が多いです。

VA州フェアファックスに住んでおりますが、周りに韓国人が多いです。

アメリカ生まれの韓国人もいると思いますが、韓国生まれの韓国人が多くて、歯医者さんも韓国生まれで、歯医者の受付の人も韓国生まれです。韓国系のレストランも多く、ウェイターさんたちは韓国なまりがまだあるので、韓国生まれの韓国人です。

うちの隣人さんも韓国出身だし、最近、ボランティアでPC関係のお世話をしてあげた人も韓国人です。

最近、コンドミニアムの壁修理をしてくれたのも韓国の人でした。

今朝、日本人かなと思ってあいさつした人も韓国人でした。

韓国の教会もたくさんあります。韓国スーパーのHマートにはお世話になっています(日本のものをたくさんおいているので)。

ちょっと話がづれますが、、、

韓国人の若者に、なぜHマートに日本食がたくさんあるの?と聞いたら、「自分にはHマートにおいてあるものの中で、韓国食と日本食の違いがよくわからないので、質問の意味がよくわからない」みたいなことを言われてしまいました。そういえば、自分はたとえばハウスのカレーを日本食と思っているけど、韓国の人はそう思っていないのかも???

でも納豆は日本食じゃないん?でも、そもそも、Hマートにおいてある日本系の食べ物って韓国人のためにおいてあると思う(VA州には日本人の客とかあんまりおらんと思うし)。

話がずれたので元に戻います。

一体、どういう仕組みでこんなに韓国からの人が多いのでしょうか?どうやってビジネスを始めているのでしょうか???

ヴィザとかどうなってるんでしょう。

で、やってきて、なぜ歯医者さんとかになれているのでしょうか???

日本人だと、留学して大学、大学院に行って、インターンとか就職みたいな経路を考えるわけですけど、もっと多様なやり方があるのですかね。

Related Articles

英語喉を理解するのは関西人が多いという説は正しいか?

さて、自慢からはじめます。おおみそかは、実は、XBOXという最先端のゲームで遊んだんです。皆さんは、たぶん、そういうものがあるのを知らないと思うけど、私は、友人宅でXBOXを初めてやりました。小学校のときに、インベーダーゲームをやったことがあるので、要領は飲み込めました。かっこつけすぎでしょうか。 喧嘩のゲームで、相手を倒すんです。スクリーンの前で、体を動かすと、スクリーンのなかで、その動きが伝わって、相手をたたいたり、けったりです。そもそも、ジーナの妹で登録してあったので、女性の真似で体を動かすと、反応が速かったのが笑えました。 なよなよ、、、と冗談でやったのです。それで思い出したんですが、昔、小学校とか中学校のときって、女子の走り方とか、ボールの投げ方が、「なよなよ」していたのを思い出します。でも、アメリカの女子?女性って、普通に走るし、普通に投げますよね。 あの、「なよなよしさ」って、あれ、ふりしてた?こら~~~ と紅白歌合戦の若手の女性歌手たちのドのすぎたカワイ子ぶりっ子をみながらも、思い出しましたよ。 あと、男性の若手も、カワイ子ぶりっ子って感じで、時代は変わったと思いました。私たちが中学校のときとか、まだ男は男らしくというのがかっこいい感じと思っていたし、田原俊彦、近藤真彦、野村義男さんとか、男っぽさがまだあったように思うのですが、今、変わったのかな。 あれ、今日のテーマに行くのにまだまだ前置きが、、、歌手の東エミさんのBLOGで昭和の時代は贅沢だったみたいなコメントがあって、70年代ぐらいのときの歌手の人が歌うのが見れたんですが、、、、 江利チエミさんです。英語もパーフェクト。歌がうまくて英語がまずいというのはありえないのかも。加山雄三氏が英語の歌を歌うとき発音がパーフェクト。チャーさんとかも。  http://ameblo.jp/higashiemi/ (1月11日) 私が小学校、中学校のときって、歌手は若手でも歌がうまかったような覚えがあるんです。例えばですが、長渕つよしさんとか、桑田佳祐さんとか。 一体、今、どうなっちゃったんですか????もしかして、実力派は演歌か、あるいはテレビに出ない派に分かれたとか? ENGLISH BOOTCAMPのYUMIさんは、最近の人は洋楽を聞かないと前に書かれていた。 ありゃ、どんどんテーマからずれるけど、LINAさんがBLOGを開始されていて、おもしろいです。 http://linax.seesaa.net/?1293897117 最後に関係ないけど、オハイオから運転してDCに帰って来るときに、スターバックスで季節もののCDを買ったら、その一曲を由紀さおりさんが歌っていたのです。WHITE CHRISMASを日本語で。うまかったですよ~!ジーナも感心していた。  さて、やっと今日のテーマ 英語喉を理解するのは関西人が多い?というテーマ。ここで関西というのは、西日本と理解してくださいね。そういえば、広島弁とか、たしかに口発音だけど、きっちりきっちり切っていないような気がします。 例えばですが、、、 何をしているの?は ナン*ショーン*ネー です。 でしょう? は ホー*ジャ*ロー*ガー です。これでは中国語ではないですか!!!!!!…

言語はまずは音である -->ショック!口発音だと母音が続くと通じない!

言語は字である前に音である。例えば、字がまだ公教育で教えられていないときなど、言語は主に音として存在した。 うん、そういえば、日本語ぺらぺらの在日外国人たちのあいだには、日本語は書いたり読んだりできないけど、ぺらぺらな人がたくさんいる。 つまり、読み書きと、実際に英語をしゃべることは、別物として考えることが望ましい。今でも世界の貧しい国では、読み書きができない人がたくさんいる。しかし、その人たちは当然、言葉をしゃべることができる。 しゃべるようになってから、読み書きを心配したほうがよいのかもしれない。 さて、前置きが長くなったが、最近、あーだから通じなかったのかと思われることがいくつかあった。さっきも、愛犬の特別なドッグフードをVET(動物病院)に買いに行った。苗字は何かと言うので、U-E-K-A-W-Aとスペルをいったら、あちらは納得して、なにやらコンピュータにデータを入力していた。 まてよ、、、と。 そういえば、口発音時代はいつも、どんなにはっきりと、U-E-K-A-W-Aと言っても、ネイティブは U-E-K-W-A? と言い返してきていた。 今では、言い返しの確認もないどころか確実に通じている。 なぜだろう。一応言っておくが、口発音時代は、私は、英語にはかなり自信があった。なのに、U-E-K-A-W-Aとはっきりいっても、絶対にU-E-K-W-Aと、言い返してくるのだ(そのうち、UEK AWAという具合に、まんなかで切って説明するようになった)。 なーるほど。今分かったことがある。 ユー イー ケー エー (UEKA)のところでAが消えてしまっていたのだ!  ケー エー(KA)のとこだけ注目してほしい。 KEIY-YEIといわないと通じないのだ。  ケー エー (KE-E-)だと、Kだけ言ったように聞こえるのである(KEI-EI-だとましかもしれないが、それでも聞き返して確認したいという感じになるのかもしれない。) なーるほど。 面白いのは、喉が定着した今、あまりに確実に通じるために、相手は、言い返すことで確認もしてこないのである。 さて、なぜこのことに気がついたかというと(このこと=口発音だと母音が続くと通じない)、数週間前に、犬の散歩をしているときに、隣人にばったりであい、ちょうどそのときに、愛犬がおしっこをしていたので、 HE IS PEEING と私が言ったのだが、ぜんぜん通じなかったのである。 へ? って感じで聞き返してきた。これも上の例と同じ理由で通じなかったのだと思う(これはジーナに確認した)。…

英語喉著者、世界の笑い者、田舎者に 

週末の英語喉SKYPEセミナー、あと二人募集です。 http://doodle.com/2drucx8q7ang7wm8 さて、最近、自称インターナショナルスターとなった英語喉著者の私であるが、今日は、皆さんに、お知らせがある。それはこともあろうに、カリズママンの称号を返上しなければいけない事態へと、シチュエーションが深刻化したのである。 カリズママンたる私が、世界の田舎者、笑い者まで落ちてしまったのだ。 昨日、朝、サンフランシスコのKATSUさんにメールをしていて、「ところで今日はクライアントと会議なので、角刈りのカリズマ性がどこまで活きるのか楽しみです」というような内容のことを伝えた、、、。 とても楽しみな会議だ。これまで、もっぱら電話でしか会ったことのない人に会える日だった。特に、1年ぐらい一緒に働いてきたシューさん(仮名、男性)に会える日だった。 同じアジアの国から来たものとして私は彼の仕事を尊敬していたし、彼も、日本人である私を同じアジアの同胞としてどう見てくれるだろうか?と、私は心を躍らせてこの日を待ったのである。 小さな会議だから、会社のロビーですでに小さなグループができている。あ、いたいた、あれがシューさんだな。 シューさんは、私よりも10歳ぐらい上だろうか。アメリカの大学の先生だ。私は日ごろからアメリカの大学の教授職などに普通についている中国人がすごいと思ってきた。 彼は私にどう対応するだろうか?同じような角刈り的な髪型だ。まずは硬いグリップの握手か? 、、、と、彼の反応が全くない。会議室に行ってからから挨拶するのかな???こちらから挨拶するのかなと思っていると、係りの人が、それでは会議室に皆さんを案内します、、ということで、最初の挨拶のタイミングを逃してしまった。 いや、私が負けたのか?初対面だ。こちらから挨拶したほうが気合で負けなのか??? いや、昨晩から今朝にかけて、俺が寝ているあいだに日中関係が悪化したのではないか?日本の大学生が北京の大学の歓迎会で裸おどりをして、中国の憤慨を買い、それが中国全土で反日デモに発展したのじゃないか? いや、領土問題か~~~。 でもそんなこと朝のCNNで言っていなかったし、広島の親父のメールにもそんなことは言及されていなかったが、、。 さて、小さな会議室に移り、メンバーの半分ぐらいは電話だけでこれまで1年ぐらい仕事をしてきたメンバーだ。 すると隣に座った私より若い黒人女性が、さっそく、「あなたはカズざんですね」と握手をしてきた。「ヒラリー(仮名)です。」 え~~~~!!!! 私はヒラリーさんは、印象のなかで白人の年配女性だと思っていたのだ。黒人の特有のアクセントがなかったからだ。なぜ年配かと思ったかというと、責任の高い仕事の人だから、ある程度の年齢の人だろうと思い込んでいた。 しかし、そういえば、同僚を見渡しても、黒人だからと言って、黒人のアクセントで全然喋っていないので、よく考えると普通である。 さらに私の業界だとそういえば若い人も責任のあるポジションについている人も多い。 さて、会議は始まるが、最初は自己紹介だ。名前と会社名を簡単に言ったあとで、その時に私は私の横の横に座っていたシューさんにこう言い放った。 「実はシューさんと私は今日が始めての対面なのです」と言うと、周りが、え~そうだったの???と、ニコヤカにざわついたのだが、その瞬間シューさんの顔に衝撃?驚き?の表情が浮かんだのだ~~~。 彼の顔にはえ~~~~~~~うっそ~~~~? と言っていた。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.