Skip to toolbar

認識論を問う

独立記念日の今日はエルサルバドル移民のご家庭に呼んでもらって、スペイン語と英語で楽しかったのですが、その奥さんが日本ファンで、うどんが大好きということで、いつか日本に行きたいということでした。エルサルバドルと日本の地形が少し似ていて、お米、魚介類を好んで食べることなどの似ているみたいです。

私の実家のある広島の田舎は瀬戸内海沿いなので、子供のころの楽しみは川釣りと海釣りです。もしかしてエルサルバドルもその両方が気軽にできる感じなのかを聞くと、その通りということでした。

特に川にいる(淡水中に生息している)エビがおいしいのだけど、日本もそうか?と聞かれて、考え込んでしまいました。

川にエビいたかな、、、

でネットの時代ですので、写真を見せてもらったら、

エビというより

ザリガニでした。

先日、うちの嫁がオタフクソースとブルドッグソースが同じだといっていることに似ています。

日本人と他の文化圏の人でメンタルマップが根本的に違うことがあるんです。

でも、なんとなく日本人のメンタルマップのほうが独特なのかもしれません。

たぶん、エビとザリガニが同じだと見なすシステムのほうが合理的なんじゃないかと思うんです。

 

 

Related Articles

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.