ギターレッスンとリズム

世界の高速ギタリスト100人の一人に選ばれたというドイツ出身でLA在住の先生からギターレッスンを受けていて、今日は2回目でした。

2週間前に宿題がでて、2連符、3連符、4連符、、という具体に練習しなさいということで、さらにインド語で口で言いながら練習しなさいとプリントをもらいました。

2連符なら、タカタカタカ、、みたいに言いながら弾きます。

7連符が一番難しかったです(写真では黄色でハイライトを入れている部分です)。一つの音符の隙間に(という表現が正しいかどうかわかりませんが)、7回も音を入れるんです。

なぜカタカナで書いているかというと、アルファベットだと2字必要なところがカタカナだと一字でいいので、音符に対応して読みやすいから。

ですが、DIをディと書くと2文字で調子が狂うので、デに勝手に変換しました。

インド語でやっているうちに、

7連符は

竹藪(たけやぶ)やけた、、、
とか
タコ焼き食べる

とかに変化してしまいました。

2連符、3,4,8は比較的簡単なのですが、5と7が、いたしい(難しい)です。

Related Articles

どうやったら向上するかが、確実に分かるメソッド=喉 精神論ではない

NHKラジオ講座の岩村圭南氏、英語発音お上手ですね。先生の実際の英語がここで聞けます。   http://www.nhk-book.co.jp/gogaku/lets/muscle/0804.html   ページの下の方、「3 岩村先生からの10のメッセージ」というところを見てください。   喉発音がよくできています(日本語もそうですね)。喉革命以前の私よりもうまいです。ただ喉発音と3ビートを無意識で実践されているので(成功率90%ぐらいかな)、それを意識した上で発音するとパーフェクト(100%)になるでしょう。   喉パラダイムのよいところは、どのようにしたらネイティブと同じになるかを指摘できる点です。すでに*ものすごい*岩村氏の英語発音をネイティブと全く同じにするにはどうしたらよいでしょうか。答えから先にいうと、喉の発音位置をもうちょっと奥のほうにずらすと完璧です。すでに喉発音をされていますから、ちょっとだけです。   音声1 No more excuses.  Just practice. NO MOREのところがちょっとだけ2ビートになっています(CHOPPYになっています、、、「ノーモア」になっています)。NOM-MORとすると直ります。   あとRが発音されていません(オが伸ばされているだけです)。これは喉の発音位置が微妙に浅めなので、Rが出なかったと言うことだと思います。ゲップエリアを定位置にするとRが当たり前のようにでます。   JUSTのアが日本語のアになっています(思いっきり日本語の「ジャ」になってます)。これはHOTのときのアですね。これをCUTのときのア(首の根元のゲップエリアです)に変えてください。ネイティブメソッドの発音記号でいうと u_です。   どの問題も、ゲップエリアを定位置にすると自然に直りますよ。個々の音を直そうとして直すんじゃなくて、ゲップエリアを定位置(首の根元)にするだけで上にあげた全ての問題は、直ります。ビートの件にしても、ゲップエリアでやっていれば、逆に2ビートで発音するほうが難しくなります。勝手に。…

英語脳の竹村和裕氏がYOUTUBEにUPされている!

http://www.aera-net.jp/movie/interview/090623_000941.html AERAのENGLISH JOURNALの企画もあってか、竹村氏が発音講座をYOUTUBEにUPされていたので、コメントしたい(竹村氏は英語発音指導をされている専門家で、英語脳という著書がある。英語喉にタイトルが似ている!ドが違うだけだ。出版時期も同じぐらいだったかな?) 発音音声UPというのは、確か3年ほど前だったか、RON氏が私に発音UPを要求したあたりから始まったこの世界の流儀である。英語発音を教えているのに、本人の英語発音を聞かせないとは何事か?という基本中の基本を当時からRON氏は知ってらっしゃったということである。私の発音を聞いてくれたRONさんは、これは本物であると気づいてくれた。 まず、最初に思ったのは、竹村氏自身の英語が、ちょっと口発音ぎみなので、それを深めにしたらよいのになあということだった。一瞬、(ちょっと浅めで発音されているぞ)と頭で準備したら分かりだすという感じの英語です。もしろん、この一瞬の準備さえあれば、分かる英語だ。 例えばTHの音が正しくできれていない(動画の一つを参考)、、というか、日本人が思うところのTHだ。口の中で摩擦のようなものが起こっているだけなので聞いた瞬間、「あ、そうだこの人は日本人英語を喋っているのだ」と瞬時に「聞き所」を変えないといけない。母音の音は結構、深いところから出ているが、子音が浅い。 子音が浅くても、色々な英語があるからよいではないかとおもわれるかもしれないが、浅いからこそ、英語が通じにくいし(相手が日本人英語に慣れていれば別)、また聞き取りも100%になりにくい。 ただし、以下の動画では、英語喉がこの2年、声をからしてうったえている喉発音を、いとも簡単に紹介されている。2年前だと、私はいわゆる英語の専門家の一部からアホだ、既知外だ、なんにも分かっちゃないと、言われてきたし、へんないやがらせのメッセージを受け取ってきた(オーストラリアのお前じゃあ、おんどりゃあ IPアドレスで大学名までわかるんじゃけん、なーんちゃって。うらんではおりません。また声をかけてください。)。 また喉信者と言われつつも、一緒に、「阿呆船」に載ってくれた実践者の皆さんの応援もあり、色々と耐えてきたわけだが、なんと、ここに来て(2009年の夏)、いとも簡単に喉発音ですよとおっしゃっている。英語喉に書いているけどとか言ってくれたらうれしかったです、、、(笑)、、、 いや、正直なところくやしいです。   http://www.youtube.com/watch?v=luTTqa8EUQ8 あ、ちなみに鎖骨と鎖骨の間だけを意識すると、音がぎこちなくなります。これについては、どこかに動画があると思います(四郎さん、ありがとう http://www.youtube.com/watch?v=DoMODVQqEhw)。首の根元を平面的にとらえ、その全体を響かせます。 さて、響かせればよいならば、マイクでエコーをかけたら日本人の英語がうまくなるのかとなりますが、そうはなりません。響きで独特の音色を出すのです。その音色なしには、英語の音は出せません。あ、ちなみに、ロスで英語発音を教えられているアイコさんの昔の発音(喉に気づく前)は、ご本人も認められていますが、音が平たいためにRなどの音がでていません(特にPERSONのPERみたいな音が分かりやすいですね http://aikofreetalk.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-68f1.html) さて、その他の動画ですが、以下のENGLISH JOURNALに基づいて説明しますと、 http://www.aera-net.jp/movie/interview/090623_000941.html ◆01.有声音と無声音 有声音と無声音は英語でも日本語でも同じですから、それをわざわさ、喉に手を当てて確認する必要はありません。ただし、子音だけを発音して、それで喉が震えるかということを実験する、、、これを可能にはしますが、逆に今度は、無声音が単なる息の通過であると勘違いされてしまいます。実施、竹村先生のやりかただと、無声音が単なる息の通過になっています。 そこらあたりから子音で息を強く吐くという発想が出てくるのだと思いますが、 ◆04.子音で息を強くはく 子音では肺からの息を強め、母音だと普通、、、なんていうコントロールは難しすぎてできないでしょう。口の中で調整すると、口発音となってしまい、日本人特有のCHOPPYな英語になってしまいます。 ◆02.腹式呼吸ネイティブが腹式呼吸だというのは確実に事実と違います。これは聞きゃ分かる、見たら分かる、、、という感じですが、おそらく、喉発音からくる、重たいような、響きの濃いようなネイティブの音を聞き、ネイティブは何か特別なことをしているに違いない、、、という発想から来た勘違いだと思われます。 全く自慢にならないが、出版以来マスコミの取材の申し込みが全くない。ENGLISH…

トーストマスタークラブ2回目参加

会社のトーストマスタークラブ2回目参加しました。今回は、この秋に挑戦するもの、、、というタイトルを与えられアドリブスピーチ2分をしたのですが、私は剣道をすると言いました。近所の大学にクラブがあるので参加する予定です。DCで防具を譲ってくださったかたがおられるのです。あと道着をゲットしないといけません。 まだまだ喋ることに対する恐怖心が克服できません。あと2,3回やったら克服でしょう。なぜまだ克服できてないと思うかというと、喋っているうちに気分がハイになり、今日使わないといけない語を使うことを忘れてしまうからです。昨日は1個、使わないといけない単語があったのです。 面白いことがありました。発表の後、インドの人がアドバイスをしてくれるたのですが、その人が、私にパースが多すぎるから気をつけてといいました。そのときに、「え?パース???」と意味を問おうとしたら、周りのアメリカ人3人ぐらいが、PAUSE(パアズ)よ、、、と言ってくれました。 つまり、インド人は確かに独特のナマリがあるかもしれないけど、英語ネイティブ達は理解しているということです。ZとSの違いは対した違いではないのです。喉発音でシラブル数(というか分割の仕方が正しい限りは世界的に英語が通じるということです。 私は英語喉暦5,6年ですから、普段聞いていないインドなまりの強い英語にちょっとてこづったということですね(強くない人もたくさんいて、その場合は問題ない)。 日本人は、日本人の英語が通じにくいのはアクセントの位置を間違えるからだと思いこんでおり、国民総動員で、単語のアクセントの位置を暗記しますが、これはまったく的外れなわけです。 インドの人は、独特のイントネーションで喋りますが、完全に世界的に通じるわけです。そういう英語を聞いて、日本人がよく「なまりがあっても自信を持ってしゃべるんだ」と言うわけですが、それは完全に的外れなわけです。 立教の鳥飼先生が、もし外国人に、そういう風に英語では言わないといわれたら、逆に、「日本ではこういうんですよ」と教えるぐらいの態度を持つべきだとおっしゃっていますが、それは、的外れでしょう。こちらに先生のインタビュー記事が転用されておりました。 http://d.hatena.ne.jp/what_a_dude/20101021/p1 日本人の英語が通じないのは、一語間違ったからとか、ある単語のアクセントの位置がちがったとか、表現が古かったとか、そういうレベルの問題ではないのです。もっと根本的な問題なのです。 また、そのような発言(もう何十年も言われていることのように思えるのですが)は日本人学習者を全く助けません。助けるとすると、英語が流暢である先生がそのような寛容な発言をされるなんて、なんとすばらしい先生だろう、、、と先生自体のカリスマ性の度合いが上がるということだと思います。 日本人には日本人の発音があっていい、、、と発言される先生が、実際に英語を聞いてみると、結構流暢だったりします。声の響きがよく、まさに英語喉だったりします。 そのあたりがかわいらしいオチでしょう。 ちょっと引用してみます。 引用はじめ (鳥飼)「お互いに英語が外国語で、下手な英語を話す人同士が『本当はあなたの母語が話せたらいいんだけど、ごめんなさいね』『いやいや私こそ、日本語を話せないのでごめんなさい。しょうがないから英語で話しましょう』というわけですから。日本人は日本人らしい英語を話し、中国人は中国人らしい英語を話し、でも基本を守っているから英語として通じる、コミュニケーションが出来る。これがあるべき国際共通語としての英語です」 引用終わり 私の感覚では日本人の抱える英語の問題は、もっと基本的に、そもそも、相手が何を言っているのか、音のレベルで捉えられない点であり、例えば、喉実践者のNITROさんが、英語喉革命以前、アメリカに来て、相手の言っていることが(単語が簡単でも)、全く聞こえない、、、というレベルの話なので、上のような流暢なことを言っておられないということじゃないでしょうか?普通、中国人は、発音になまりがあるだけで、聞き取りはできているし、通じています。 喉発音と3ビートで聞けていえるようになりますよ。 ある意味でもう何世紀も英語は国際共通語なのです(あまりに当たり前ですが)。何世紀も前からネイティブとノンネイティブはお互いに通じ合う英語を共通語として喋っています。共通語として大切なのは、シラブルの数を変えないということ、喉から発音すること(でもこれは当たり前すぎて、努力なしにそうなっているのです)。 たまたま、日本人だけが(韓国人も少しだけそうだが日本人ほどではない)、どうがんばっても通じない、聞こえない、、、で大変な状態にある。だから、国際英語がどうの、グロービッシュがどうのという話になっているのでしょう。 さて、英語喉チャレンジャーライブですが、MASAさんが、お忙しい合間をぬって、解説を加えてくださるそうです。詳しくはMASAさんのサイトをご覧ください。 http://nodo-journey.blog.so-net.ne.jp/2011-09-16 皆さん、英語ができる日本人になりましょう!絶対なれる! それでは本日の英語喉チャレンジャーライブです。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar