リズムについて <ギター練習から考察>

英語(というか外国語)が聞き取れるようになるために一番大切なのがシラブルを理解することなのです。
 
フランス語でありがとうはメルシーですけど、これは、3シラブルではなくて2シラブルなのです(め~し~、、、みたいな感じで2拍)。
 
朝鮮語では、「カムサハムニダ」ですが、最初の「かむさ」はたぶん感謝ということではないかと想像しますが、これは、3シラブルではなくて2シラブルなのです(KAM-SAHという感じ、、、KA-MU-SAじゃなくて)。
 
で、そのKAM-SAHってのは、ハングル文字だと2文字を使っているはずです。3文字じゃなくて。
 
日本語だけがシラブルのリズムと書き言葉が一致していません(常識の範囲で考えて)。
 
LA在住のギターの先生のレッスンを受けていて、リズムの練習をしているんですが、インド語で覚えろというのです。3拍子だったら、タキタ、タキタ。4拍子だったら、タカディミタカディミ。ま、そのくらいは言葉で言わなくてもできるのですが、
 
7連続は無理。
 
タカディミタキタ
 
でリズム覚えこむのですが、
 
7つの連続音なのに、カタカナにすると8つあって、頭が混乱してしまう。「ディ」の部分が2つあるので。
 
そこでディはデにすることで、やったら、納得してリズムがとりやすくなりました。
タカデミタキタ
 
リズムをとるのに、日本語の影響で狂ってしまった例でした。
 
 
 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

英語教育で4技能

英語教育で4技能は大切なわけですが、PRIORITYもあると思います。 まずは(音として空耳にならずに、、意味は分からなくてもOK)聞ける、次に話せる、そしてその後読める、、最後に書けると。 これはネイティブの子どもが母語を学ぶ順番と同じです。

日本語は意味が薄い言語か? 日本語=掛け声論

1236 この週末から1週間ほど帰国しますが、7月の10日(日曜日)の12時半から2時間ぐらい、三羽さんとの対談をネットラジオで放送する予定です。カレンダーに書いておいてくださいね。 さて、 昨日、日本語は掛け声に近く、意味が薄いと言ったが、考えれば考えるほど、たくさん例が出てくる。

驚愕の事実 同じ日本人でも、こんなに違うスペイン語を話している

京都外国語大学とか関西外国語大学というのは、語学を学ぶには良い場所かもしれない。 なぜならば、西日本の田舎もんがたくさんいるので、発音が良い学友に囲まれて、語学を勉強することになる(英語喉仮説 西日本の田舎の人は発声がやわらかいので、外国語の習得が早い)。

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.