Skip to toolbar

リズムについて <ギター練習から考察>

英語(というか外国語)が聞き取れるようになるために一番大切なのがシラブルを理解することなのです。
 
フランス語でありがとうはメルシーですけど、これは、3シラブルではなくて2シラブルなのです(め~し~、、、みたいな感じで2拍)。
 
朝鮮語では、「カムサハムニダ」ですが、最初の「かむさ」はたぶん感謝ということではないかと想像しますが、これは、3シラブルではなくて2シラブルなのです(KAM-SAHという感じ、、、KA-MU-SAじゃなくて)。
 
で、そのKAM-SAHってのは、ハングル文字だと2文字を使っているはずです。3文字じゃなくて。
 
日本語だけがシラブルのリズムと書き言葉が一致していません(常識の範囲で考えて)。
 
LA在住のギターの先生のレッスンを受けていて、リズムの練習をしているんですが、インド語で覚えろというのです。3拍子だったら、タキタ、タキタ。4拍子だったら、タカディミタカディミ。ま、そのくらいは言葉で言わなくてもできるのですが、
 
7連続は無理。
 
タカディミタキタ
 
でリズム覚えこむのですが、
 
7つの連続音なのに、カタカナにすると8つあって、頭が混乱してしまう。「ディ」の部分が2つあるので。
 
そこでディはデにすることで、やったら、納得してリズムがとりやすくなりました。
タカデミタキタ
 
リズムをとるのに、日本語の影響で狂ってしまった例でした。
 
 
 

Related Articles

英語教育で4技能

英語教育で4技能は大切なわけですが、PRIORITYもあると思います。 まずは(音として空耳にならずに、、意味は分からなくてもOK)聞ける、次に話せる、そしてその後読める、、最後に書けると。 これはネイティブの子どもが母語を学ぶ順番と同じです。 と書いて4技能って何だったかと忘れたので今からぐぐります。READING,LISTENING,WRITING,SPEAKING あ、あってました。 私の考えでは、音として空耳にならずに聞けるの部分を確立せずに、英語の勉強を続けると、非常に後の過程が難しくなり、いくら勉強しても映画の英語が聞き取れない(=普通の英語が聞き取れない)ということになります。 これは英語だけではありません。 北朝鮮の勇ましいニュースの読み上げを聞いたときに、意味は分からないけど、音としてはつかめていて、言えと言われれば言えるような感覚がある(実際に言うとすると、聞いたことを忘れてしまったりするので、無理かもしれませんが)。 その感覚が土台になります。 英語ができるかどうか、、外国語が得意かどうかは、シラブルの単位をつかめるかどうかです。 これは勉強ができる、できない、、とか関係ありません。 朝鮮語で「ありがとう」の最初の部分が KA-MU-SAに聞える人は、困難な道を辿ることになります。 KAM-SAに聞こえる人は学習が楽です。 でも、KA-MU-SAに聞こえる人でも、一度KAM-SAなんだと気づけば、その後の語学勉強も楽になります。 言われてみれば当たり前ですが、ハングル文字1個=シラブル1個です。 KAM-SAはたぶん漢字だと「感謝」ですよね。きっと。 2字ですから、KAM-SAです。

日本語は意味が薄い言語か? 日本語=掛け声論

1236 この週末から1週間ほど帰国しますが、7月の10日(日曜日)の12時半から2時間ぐらい、三羽さんとの対談をネットラジオで放送する予定です。カレンダーに書いておいてくださいね。 さて、 昨日、日本語は掛け声に近く、意味が薄いと言ったが、考えれば考えるほど、たくさん例が出てくる。 例えば、日本のミュージシャンの多くは、日本語の歌詞などどうでもよいのだと思う。これは本当だ。実際、何を言っているか分からない場合が多い。先日、日本語のラップをやっている人がNHK INTERNATIONALのJ-MELOに登場したけど、歌っていることが、分からない。 でも多くの日本人にとって歌が分からなくても、慣れている、そんなもんだと思っているから、気にならない。 昔、浅田彰さんの構造と力という本がはやったが、これも難解な本だが、結構売れたというが、多くの日本人にとって、意味が分からなくてもそんなもんだと思っていると思うから、気にならない。 よく英語教育論で、「発音より内容が大切だ」と言っている人の書き物をみたら、わけが分からない場合があるが、これも、日本人の読者の多くは、「えらい人が言っているのだから、意味が分からなくてもOK」と思ってしまうだろう。 日本語は掛け声的な表現が多いことに気がついたのは、それは、私が会社のカフェテリアを経営している韓国人へしている挨拶がきっかけだった。 あにょはせよ~ かむさはむにだ~ みたいな挨拶をする。 かむさの部分はたぶん「感謝」だと思う。「はむにだ~」は、「します」という意味じゃないかなと想像する。 つまり、朝鮮語では、「ありがとう」は「感謝します」と言うのだと想像する。 これは英語と同じだ。THANK YOUは「あなたに感謝します」という意味がある。 日本語では、「ありがとう」だけど、これは単なる音の集まりであり、意味自体はない。ありがとうというのは、「ありがたい」、「あまりない」という元々の意味があるのだろうか??? しかし、ありがとう自体には、英語や韓国語のような直接的なる意味がない。 日本語の表現の多くは「かけ声」なのだろう。 「あけましておめでとう」かけ声である。「あけまして」は「年があけましたが」という意味だとは思う。「おめでとう」の直接的なる意味は薄いがこれはスローガン的だ。 英語はHAPPY NEW YEARだが、これは文字どおり、幸せな新年を!という意味だ。そういう意味だから、年があける大晦日の日にだってHAPPY NEW YEARと言うことができるし、年が開けて、厳密には正月(アメリカでは1月1日だけ)が終わっていても、最初に人にあったときに言うこともできる。 「あけましておめでとう」は掛け声で、年が明けたときにしか言わない。…

驚愕の事実 同じ日本人でも、こんなに違うスペイン語を話している

京都外国語大学とか関西外国語大学というのは、語学を学ぶには良い場所かもしれない。 なぜならば、西日本の田舎もんがたくさんいるので、発音が良い学友に囲まれて、語学を勉強することになる(英語喉仮説 西日本の田舎の人は発声がやわらかいので、外国語の習得が早い)。 京都外国語大学主催のスペイン語のスピーチ大会の模様が、YOUTUBEで公開されている。 最初の部分を見て、特に目だって発音がネイティブな女子大生がいた。この人だ。 www.youtube.com/watch?v=qBf53PG1VBo&t=0m56s この女子大生の数秒の挨拶であるが、英語喉でスペイン語を発音している。 この女子大生の前に挨拶している大学生たちは、カタカナでスペイン語を話しているように聞こえる。 で、気になって先送りで観てみると、なんと、この女子大生が優勝していたのだ(後のほうで優勝したスピーチが登場するので見てあげてくださいね)。発音ができているということは、おそらく聞き取り能力も高い。発音ができて、聞き取りができれば、文化のことなどもよく吸収している。スピーチの内容もそれに比例して高度かもしれない。 そして、この人は沖縄出身。 英語喉仮説の一つである西日本の方言話者は外国語を発音しやすいことを、またしてもサポートしている。 色々と見ていると、喉発音でスペイン語を上手に喋っている学生がたくさんこの動画には登場する。 この二人は喉発音で、かなりいけている。 https://www.youtube.com/watch?v=qBf53PG1VBo&t=7m05s https://www.youtube.com/watch?v=qBf53PG1VBo&t=8m18s さて、口発音で、スペイン語がカタカナ発音になっている学生さんを紹介する。が初めに断っておくが、これは意地悪でやっているわけではない。もし、このかたが私に連絡してくれるならば、じきじきに英語喉をご指導したいと思うので、ご連絡を。 このかた(下のURL)のスペイン語がカタカナ発音だということに、英語喉をしていない日本人は気づきにくいだろう。 スペイン語は日本語と母音が同じなので、多くの人が、日本人はスペイン語が得意だと思っているが実際は、やはり、口発音で発音すると、困ることがある。それがちょうど分かりやすいところから再生してみる。まず聞こえてくるのは、SOBREという単語。 SOBREは正しくはSOB-REで2シラブルなのだが、口発音では、子音を独立して発音できないので、SO-BU-REと3シラブルになっている。 https://www.youtube.com/watch?v=qBf53PG1VBo&t=5m50s しばらく聞くと、PRIMERA(最初の)という3シラブルの単語(PRIM-MER-RA)を、PU-RI-ME-RAと言う風に、4シラブルで発音している。 シラブル数が違うと、確実に単語が変わってくる。 蚊を「かか」と言ったら通じにくいだろうが、それと同じ。 この人を槍玉にしているようで、気が引けるが、このシラブル数の間違いに気が付いてくれれば、彼女の、あるいは、同じように口先で発音している日本人のスペイン語ライフががらっと変わってくる。 英語でシラブルが大切と力説しても、伝わりにくいのは、日本人がそもそも英語の聞き取りが不得意だから。聞きにくいものに対しては、判断がつきにくい。 ところが、日本人にとって、どちらかというと聞きやすいスペイン語で、シラブル数を比べると、私の言っていることが伝わりやすいだろう。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.