バイリンガールのチカさんがVとBを発音しているとき、、

バイリンガールのチカさんがVとBを示されているのですが、Vを発音するときに、間違ってBになっているところがあります。

I bought a vestをI bought a bestとおっしゃっているところがあり(最初のもそうだけど、2回目のが特にB、、3回目ぐらいでVになる)、そこから、なんとか修正されて正しくVになっています。

細かいですが、VがFになるところもあります。

Vを口の中の摩擦と考えて教えようとすると力んでしまいネイティブでさえBとなってしまうということでしょうね。あくまでも、たまたまそうなっただけで、当然、チカさんはネイティブなわけですが。

 

英語喉流の正しい説明は以下の通りです。

これは余計なコツかもしれませんが、Bが普通でそれをVに昇華させるのではなくて、VとBは別物と考えるか、Vが普通で、唇を面倒だけどしめたらBという感じで考えたらいいのかも、、、。

 

Related Articles

国産ネイティブ MASAさん+なぜ、ほっておいても意味がとれるようになるのか?

昨日からDCは暖かくなりました。日本の被災者の人達の住む場所も暖かくなったでしょうか?いのりつつ。 さて、今日は、国産ネイティブとしてのMASAさんを紹介します。以下の音声を今朝聞きました。英語喉46日目です。 http://voon.jp/a/cast/?id=1r6mjenybs4hualg#seal (私のほうの保存用の音声 指導はしていません 上の音声を流しながら録音したぐらいです。www.estat.us/blog/masa_04_05_2011.mp3 ) おめでとうございます!!! MASAさんによると何回か録音しているうちに安定してきたそうです。それは、定着したということですね。揺れがなくなるというのでしょうか、、、。楽に発音できるのが喉発音です。 このレベルに来ると、もう細かいことを考える必要はないと思います。歌などを歌っていると、ギターみたいですが、もっと声が枯れてくる、いや深みが増す?みたいな感じになるかもしれません。かっこよさを追求するとよいと思います。 ネイティブと話すときは、自分がかっこいいのだと思いこんで喋ることが大切です。それは自信につながり、得に、日本でそれをやると、喉実践者はまだ少ないですから、ものすごいカリズマパワーが炸裂するでしょう。 さて、今日は、MASAさんが100%聞きとりができると言っらっしゃる点、そして英語喉革命さん(http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/51662091.html)が、聞き取りが練習したわけではないのに、ますます上達していて、ドラマなども分かるという点についてコメントしたいです。 はっきり言えば、英語の文法は簡単なのです。いや、その前に、日本人が英語の文法だと思っている90%は語彙です。本当に英語で文法と言えるのは、HEやSHEだったら動詞にSをつけるとか、そのくらいのものです。 つけたらええやんか、、、というレベルの話です。過去形だったらEDをつける?つけたらええやん、、、さらに、付け忘れたとしても、相手に意味が通じるほどです。I EAT FOOD YESTERDAYでも通じてしまうほどです。 従来の考え方だと、聞き取りが出来ない場合、文法を基礎からやり直せとなります。しかし、MASAさんは、文法を基礎からやり直さなくても、聞き取りが100%なのではないですか? それは、なぜかというと、聞き取りことに文法は必要ではないからです。 例えばですが、I BOUGHT A CARという文が流れてくるとする。それを理解するには、一つ一つの単語の意味が分かればOKです。 わざと文法をめちゃくちゃにして、 A CAR I BOUGHT…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar