メタル英語、、、+私の英語学習体験

メタル英語の本(メタルをテーマにした表現集)を出されたジュウテツさんのBLOG。同じメタルファンとして紹介します。

メタルをネタに英語を学ぶとは、なんとKICK ASSな企画ではないですか!

http://heavyd.blog121.fc2.com/

OZZYのサイン、もしかして武道館ライブのとき???(CD持っています)。私はギタリスト、ザックワイルドのファンで、あのキューンとならすテクニックをどうやっているのかを知りたい。どうやっているのかよくわからん。ハーモニクスを左手できめて、アームを利かせているのか(私はそれを動画なので披露しております。)

これはアマゾンへのリンク。

http://www.amazon.co.jp/dp/4990516702?tag=heavindy-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4990516702&adid=1JYMAWQRDRGGAC9M30NN&

メタルをやっている人にとって英語が喉であることは、あまりにも明らかである、、、と思うのだが。 といっても、メタル=叫ぶ、、、という感覚があるから、かえって分かりにくくなっているかもしれない。あれは、メタルだから声が違うのだ、、、というかんじで。実際は、ネイティブは男も女のメタル喉だと思う。

さて、よく聞かれるのは、英語喉以前でも私が英語ができたという件で、どうやってそこまで言ったのかということ。高校3年生のときに、アメリカ人の高校生が学校に遊びにきていて、その人と話したとき、すでにアドリブで喋れていた。マイケルジャクソンの話になって、私は、日本では、ま、い、け、る、じゃ、く、そ、んと発音します、、と説明した。そのとき、私は英語ではこうだ、とい感じで、音節の数を正しく発音していたのだと思う。

ラジオで基礎英語などを聞いていたこともあるのだが、思うに、最初の勘を養ったのは、中学1年のときに英語の授業で使っていたドリルだったのじゃないかと思う。教科書には、ごちゃごちゃしたことが書いてあって、先生がそれを説明して、、、というかんじで、面倒くさい作業をしなければいけなかったのだが、そのドリルは、教科書の章で大切な構文みたいなのの、色んな例が載っていた。それを眺めると、なんとなくパターンが分かった。パターンを使うという習慣は、あのドリルのお陰だったのではなかろうかと思う。

またメタルが好きだったので、洋楽の歌詞を見て、分からなければ辞書を引いて意味をとろうとしていたと思う。

パターン的な解説は、外国人が日本語を学ぶときは当たり前の様式だと思う。このレッスンでは、こうこういうパターンを勉強しますよと解説があって、ごちゃごちゃしたものが始まる。

日本の教科書は、ごちゃごちゃしたものが最初に来る。非常に面倒だ。訳がついていないのも、非常に面倒だ。つきあい切れないという感じである。

例えば挨拶の表現なんてどうでもよい。そんなものは教えなくても、喋っているうちに分かってくる。大切なのは、文を自由に生成する力だ。

例えば、私が今イタリア語をやりたければ、まずはBE動詞などの仕組みを知りたい。おはようとか、こんにちはは、面倒くさすぎるので、勉強したくない。だって、一個の表現を覚えて、それを応用してつかえない。

日本語で、「おはよう」を覚えたところで、何?って感じだ。応用が利かない。

***

さて、最近思うことがある。DEAR JOHNという映画を見た。その映画では、手紙が画面にうつったのだが、それがフォーカスが手紙の真ん中あたりだけだったので、文として字が読めなかった。だけど、意味は分かった。

日本では読むというと、単語があつまった総体を、構造を理解して、意味をつかむということになっているが、なぜ全体を見ないといけないのか今となっては分からない。

DEAR JOHNの映画では、手紙がスクリーンに映ったときに、私は、一部の字を見るだけで、その意味が分かるからだ(手紙の右端と左端の文字はうつっていない状態、、、でも意味が分かる。)。

例えばだが、

I was walking down the street this morning.

なんらかの事情で、walking downのとこしか見えなかったとする。でも意味が分かる。歩いている、、、というような意味だ。

それはそれでよいのではないか?

なぜ文の全体を見て、和訳する必要があるのだろう????

それは、語によっては、日本語に訳したときに意味が異なるものがあるからだろう。しかし、それは、意味が異なるのではなくて、日本語で考えたときに、訳が違うということだ。

英語では、HAVEはHAVEであり、それ以上でもそれ以下でもない。それを、完了形で使われたら、経験を表すとか、京都に京都タワーがあります、、という設定なら「ある」と訳すとか、、、

しかしHAVEは単なるHAVEである。

英語ができるとは、HAVEだけみて、そのローカルな意味を理解することをいうのだと感じる。

受験英語で、文の構造を大切にするけれども、構造って結構大切ではないように思えてしかたがない。

例えば、上の文で「構造」という部分。これは構造という意味であり、他の部分がどうであれ、構造という意味である。

アドリブ英語で喋ってみました。

www.estat.us/blog/pattern1.mp3

 

Related Articles

おかげさまで英語喉増刷 8刷め

三修社さんのサイトに、英語喉増刷!とのアナウンスがありました。皆さん、応援どうもありがとうございます! http://www.sanshusha.co.jp/np/info.do ところで、ボランティアで教えているDC講座ですが、4回やっているのを2回にして、あとの2回を、日本の中高生対象のボランティア講座にしようかと考えています。別に小学生でもいいです。皆さんのお子さん、ご親戚のお子さんなど、どうですか? さてっと、、、、実はお願いなのですが、機会がありましたら、英語喉、機関銃英語が聞き取れる!のアマゾンレビューをお願いしたいです(サイトの右のほうにアマゾンにいけるアイコンがありますのでよろしく)。 実は、先日、喉セミナーに来ていただいたかたが、英語喉のレビューでランクの高くなっている酷評をさして、「もしこのセミナーに来ないで、あのレビューを呼んでいたら、絶対に英語喉を信じなかったですよ」とおっしゃいました。 これはもったいない状況です。 例えば英語喉の酷評で、トップにあるのは、英語喉出版から4日で書かれたものです。 どんなにがんばっても、あの評価が一生つきまとうのですかな~。いやだな~。 ご存知のように、英語喉の場合、酷評が出ると、「参考になった票」が集まります。普通のレビューは5人~10人ぐらいのかたが、クリックするようなものなのに、英語喉の場合は、酷評に100表以上集まっています。 100人も暇人がいるとは思えないので、おそらく個人的なうらみを持つ人の攻撃じゃないかと思います。 というわけでレビューのついで?に、ぜひ他のレビュー自体の評価もよろしく! ちなみに、このリンクが英語喉です。 http://www.amazon.co.jp/dp/4384054629/ref=as_li_qf_sp_asin_til?tag=eigonodo-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4384054629&adid=179QED7FX7RDC2VVW3CC&&ref-refURL=http%3A%2F%2Fnippondream.com%2Feigonodo%2Fintroduction これは機関銃英語です。 http://www.amazon.co.jp/dp/4384055315/ref=as_li_qf_sp_asin_til?tag=eigonodo-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4384055315&adid=0PQVY9NW0RTF3P0TV7DB&&ref-refURL=http%3A%2F%2Fnippondream.com%2Feigonodo%2Fintroduction 皆さん、応援ありがとうございます!  

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。 http://audioboo.fm/boos/394083-masa-radio-talking-to-cheerful-yuyu http://audioboo.fm/boos/394141-masa-radio-talking-to-emily-again また、タイの日本語教師さんが、英語ができなかった中国人の人が短期間で英語ができるようになっていくのを目撃されているのが面白い。あと、http://thainihongo.seesaa.net/article/211369507.html に書いてあるのだけど、聞くことができるようになったら単語が自分のものになるスピードが速いとあるが、これは本当だと思った。 聞き取りが出来ないと単語の暗記は単語集とかに頼ることになる。あるいは読んでいて字として勉強する、、、まあこれは普通日本人が中学高校とやることだ。 しかし聞けるとテレビなどをぼ~と見ていても、単語を覚えることになる。 そういえば、私は英語喉前からアメリカ英語がそれなりに聞けていたが、辞書はもう20年ぐらい調べたことがない。耳で聞いていて、何回か出てきたら、なんとなく覚えてしまう。人の顔をおぼえるのと一緒だと思う。 やったもんさんもSKYPEで英会話をはじめられたようだが、とてもよいことだ。 さて、最近、電車通勤を週3回ぐらいはするようにしている。電車だと行きと帰りで10ドルぐらいだ(800円ぐらいか)。会社から一ヶ月に50ドルの手当てが出るのと、あと、税金の控除になるので電車は経済的だ。 自動車だと今1ギャロン(4リットル?)4ドル強だ。往復でおそらく2ギャロンぐらいかかるので8ドルぐらいかかる。だから自動車のほうが微妙に安いけど、電車のほうが補助が出るのでやっぱり安い。 駅から会社まで5分ぐらい歩いていたら、若い社員の男女が話をしながら歩いていた。自己紹介をしている。最初はどんな英語文法を使っているかと思って聞いていたのだけど、男性のほうの内容を盗み聞きをしてしまった、、、。 なんでもハーバードのプログラムである外国の学生たちと会議をしながら交流をするプログラムだという。 どこの国か、言わなかったのだが、それはきっと、最初から日本だというと、相手の女の子に、「この人は、きっと日本に行って、日本の女の子達にもてまくった類ね、、、」と思われるのがいやで、どこの国かは最初から言いたくないのかな、、、と私は思った。 そのプログラムは素晴らしく、その国の学生達と、エネルギー問題、国際情勢などについて話したという。 そして、アメリカ人とその国の若者たちとのネットワークができて、あとでその国を旅行したりとか、あるいはビジネスの話をしたりとかで、素晴らしい経験になった、、、。 このあたりで、私は、ありゃ、あの「日米学生会議」だと思っていたが、違うのかと思い出した。 <日米学生会議出身の友人がいるが、英語喉を紹介したら、「ネイティブのように喋る必要はない」で話が終わっている。> だって、日本人の大学生がこんな素晴らしいネットワークを気づくような関係になれるはずがないと思ったからだ。口発音では、そもそも相手の言っていることが分からないし、通じないし、また冷たいイメージになるから、友情を結ぶのは難しい。 先日もJETで2年間も日本に住んでいた元同僚が、「日本人の友達がいない」と言っていた(中国人や韓国人の友達はいる)。 英語喉をまだ知らないだろうからだ。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.