Skip to toolbar

口発音から喉発音の移行 喉1号さん、がんばって!

喉1号さん、さっそく音声でアドバイスです(http://nodo1gou.at.webry.info/201005/article_11.html へのレスポンス)。動物の声などをつかった発声練習を紹介しました。言い忘れましたが、喉を壊すようなかたではなく、喉の響きを感じつつ、快く感じれるようなリラックス度で実践してみてください。

www.estat.us/blog/nodo1gou4.wav

個別の音ですが、母音でいうと、例えば、アが全部日本語のアになっています。い、う、え、おも同じです。あせらず、個々の音をもう一度確認してみてください。響きを加えるのではなく、響き=音色です。音の核です。あ、個々の音の前に動物のなぎ声などで練習してみてくださいね。

それから鏡でカオを見ながら練習してみてください。自分の口のあたりを見て、何を発音しているか分からないぐらいのポーカーフェースが良いです。

思うに私などは高校時代剣道部で、喉でさけんでおりました。それが喉発音への以降を比較的簡単にしたのかもしれません。

昨日は、英語喉のインストールという言葉を使ったけど、正確には、喉の初期化です。今まで日本語を喋ってきていて、口発音になっているので、それを停止する。何か新しいソフトをインストールするというより、初期化して、なーんにもなくしてしまうのです。口の力み、喉の力みなども、限りなく0(ゼロ)に近づけましょう!

<後日談、、もっと親切なほうがよいかと思ったので、音声ファイルを足しました。個々の音を説明しています。口発音と喉発音の音色の違いが分かればと思います。言えなくても、聞いて分かる段階までもっていければ、自分ができたときに、よりよく判断できます!

 www.estat.us/blog/nodo1gou5.wav

Related Articles

うめこさん+喉1号さん+喉すけさんへのアドバイス

うめこさんのサイト http://73417248.at.webry.info/201006/article_4.html 音声によるアドバイス(2つのファイル、内容が違います) www.estat.us/blog/umeko_1.wav www.estat.us/blog/umeko_2.wav 今のところ、シラブルシラブルを元気よく(?)発音しすぎている感じなので、練習としては、ダラーとした感じがよいです。「異星人を呼ぶための呪文」ぐらいのつもりがよいでしょう。そうすることで、イントネーションとか、強く読むとかいう考え方をとりあえずせずに、発音に専念します。 あとi_の発音で、その前にくる音が何かで、出来具合が違うことがあります。普通IF(前に何もこない)で発音するとうまく行く人が多いです。KISSの場合、Kで口発音になってしまい、その影響でi_が成功しにくい人がいます。 喉1号さん http://nodo1gou.at.webry.info/201006/article_4.html 音声によるアドバイス(2つのファイル、内容が違います) www.estat.us/blog/nodo1gou8a.wav www.estat.us/blog/nodo1gou8b.wav 子音のときに、口発音っぽくなっているので、ゲップエリアが定位置からずれているのだと思います(シラブルとシラブルの間で)。それが安定しない理由だと思います。もう少しです。舌の力を抜くこと、それから口の屋根につけるとき、角度を工夫してください。つけるぞーというかんじでなくて、え?ついた?つかない?ぐらいのレイジーさでつけます。   喉すけさん http://nodopractice.seesaa.net/article/152367436.html 課題は明瞭性です。子音を口発音しまいとして、その結果、子音が明瞭に発音されていません。ですが、喉発音自体は、かなり深いところまできていて、方向性はあっています。今後の課題は、全体的、そして特に子音を、口発音になることなく明瞭に出すことです。 音声によるアドバイス www.estat.us/blog/nodosuke2.wav  

UMEKOさんL15と喉1号さん25箱目+英語喉物語、英語喉革命

UMEKOさんのLESSON15UPです。http://73417248.at.webry.info/201006/article_12.html 喉1号さん25箱目です。http://nodo1gou.at.webry.info/201006/article_8.html 音声によるコメント UMEKOさんへ www.estat.us/blog/umeko_12.mp3 喉1号さんへ www.estat.us/blog/nodo1gou25.mp3 テキストによるコメント UMEKOさん かなりよいです。以上。 喉1号さん DISHESのところが特にネイティブのよう。そこでしているのと同じことを他の部分にも広げるにはどうするか?これは、リラックス口によるライフサイクルを徹底することですが、あえてTRAIN TRIPの部分で練習してみることを音声ファイルで提案しています。喉革命さんが面白い提案をされています。読んでみて下さい。「動物の鳴き声」というタイトルです。 http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/51476770.html さて、皆さん、英語喉物語のKATSUさんが、環境問題の学会でイタリアに行かれて、帰ってらっしゃいました。英語喉の旅のリポートが楽しく読めます。こちらです。タイトルは、 英語喉からみるヨーロッパ http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-06-21

喉1号さん、ブレークスルーまでもう一歩か?

喉1号さん、かなり改善されました。現在、喉はなっているけれども、口も同時になっているという段階です。これは、過去に経験されたかたがおりますが、見事に克服されています(国産ネイティブのリンクを見てくださいhttp://nippondream.com/estatus/wordpress/?cat=2)。もう少しですから、特に、日本語や動物の声を使った発声練習をされるといいと思います。 http://nodo1gou.at.webry.info/201005/article_18.html 喉の発音位置がもう1センチ下がると、母音を正確に出せると思います。 ゲップエリアがうまく鳴り出すと、自分で分かります。ですから、鳴っているかな、なっていないかな?と思われるとすれば、まだうまくは鳴っていないと思ってください。 もう少しです。聞き取りのほうはどうでしょうか?

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.