Skip to toolbar

英語喉企画 Eigonodo Event キムさんと英語会話 来週の金曜日(3月31日)日本時間夜10時

来週の金曜日(3月31日)日本時間夜10時から40分、フィリピンのキムさん(ワンオクファン)と英語で懇談会。テーマは音楽。キムさんが、英語でリードしてくださります。Hello, Kim will be hosting a conversation group in English on March 31st Friday, 10PM Japan time (9PM Philippines time; 9AM US East Coast).

There is no charge for participation.参加は無料です。

The topic will be “music.”  Please be ready to share your interest in music.  You are welcome to join just to listen too. テーマは音楽について。音楽について英語で話しましょう。もちろん、聞くだけの参加もOKです。

Kim is from the Philippines.  She sings and writes about music on her website.  She is a One Ok Rock fan. キムさんはフィリピンのかたで、音楽のブログをされています。ワンオクのファンです。こちらが、キムさんのサイト。

http://everything-randombykim.blogspot.com/

参加のための詳細 Participation details

時間が来ましたらこちらにお越しください。When the time comes, please click on this URL (though it may be that you need to register to enter the group.

https://zoom.us/j/504786695

SKYPEに似たものですが、ZOOMだとアカウントを持っている必要がなく、URLを押してもらい、指示のとおりクリックしてもらうと、会話のグループに入ることができます。

Zoom is similar to Skype, but it is easier. You don’t need to have an account to use it.  Just click on the URL when the time comes and just click a couple of times to join the group.

 

英語喉について About Eigonodo

英語喉は発音と聞き取りのメソッドです。著者のカズがウェブサイトで色々とコツを紹介しています。ぜひサイトに登録ください。Eigonodo is a method to improve Japanese people’s English.  Please visit my website to learn more about it.

www.nippondream.com

Related Articles

PALINってどう発音するのだろう…..共和党の副大統領候補

さっきニュースを聞いていたら、映画の宣伝の声を何十年も努めてきた声優さんがなくなったそうだ。どんなアメリカ映画でもものすごい喉声のオッサンがタイトルを読むが、あの人だ。一人でやっていたらしい。  http://www.cnn.com/2008/SHOWBIZ/Movies/09/02/obit.lafontaine/index.html  最近、共和党の副大統領候補がアラスカ州のガバナーであるPALINさんという人が女性ということもあり騒がれている。PALINってどう発音するのだろう、、、と共著者に聞いたら、私の好きなロックバンド、VAN HALENのHALENと同じと言った。PとHが違うだけだって。  一つの音だけが違う単語のペアをミニマルペアと呼ぶが(例PENとHEN)、PALINとHALENはミニマルペアなのだ。  二つのことが私には驚きだった。つづりがPALINはIでHALENではEなのに、どちらもi_だ。i_といえば、SITとかKISSのIであり、首の底(ゲップエリア)でイと発音する。SHEEPとSHIPでいえばSHIPのイだ。  実際、そう発音してみると、ネイティブと同じ発音になる。ネイティブメソッド発音記号で書いておく。  P – eI – l / l – i_ – N (副大統領候補の名前)  H – eI -l / l -i_…

TED EVENT (NEW YORK)に応募しました

TEDというのをご存知ですか?昨晩のMIDNIGHTがニューヨーク部門でのしめきりだったので、昨晩、企画書を提出してみました。これが、募集要項でした。 http://conferences.ted.com/TED2013/auditions/new-york.php これも押していただき、人気投票ランキングにご協力を! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 The Discovery of the Throat Theory for the linguistics Science — by Non-Specialists TED Conference Application (New YorkCompetition) 04 19 2012…

知識の考古学 (テイク2)

10月27日に書いたエッセイ知識の考古学(http://nippondream.com/estatus/wordpress/?p=29 )をUPDATEしました。色々メールをいただき、誤解があったことが分かりましたので、もっと正確に思うところを表現してみました。 *** 一体、いつ、英語では単語によって強く読む場所があるという「言説」が誕生したのだろう。私は、この今世紀に誕生したのではないかという仮説を持っている。  確かに、昔から試験では問われていた問題である。会話文をあたえられ、ある文に線が引かれる。そして、どの単語が強調されるかが問われる。 受験生は、そういう問題は、姿を変えた読解問題だということを体験的に知っていた。実際、そういう問題を解くさいは、前後(というか前)の意味を理解したうえで、どの単語が、その文で一番大切かを考える。すると答えがでる。だが、まさか、本当に、英会話において、その単語を強く読むという発想は受験生でもなかったと思う。  今一度、仮説をたててみる。厳密に。 1)       単語によって強く読む場所がある、、、という言い方は確かに昔から存在した(現状確認)。 2)       ところが、実際の会話で、特定の単語を強く読むとよい(そうすると通じやすい)という言説は今世紀に現れたものである(仮説1) 3)       実際の聞き取りで、強く読まれた単語を特に注意深く聞くと、聞き取りがしやすい、、、という言説は今世紀に現れたものである(仮説2)                 実際は、発音が悪いままで、特定の単語を強く読んだところで、悪い発音が良い発音にはならない。また、聞き取りにおいて、どの単語が強く読まれたかな、、、なんて考えている余裕はないはずだ。発音が悪いままで英語を録音をしておき、あとて、人工的に単語ごとのボリュームを変えたら、少し聞きやすくなった、、、ということにはならない。特定の単語を強くよめば、英語がうまくなる、、、という説は正しくない。              少し、寄り道をする。特定の単語を強く読むという発想は、同じ従来の言説空間において、矛盾を起こしている。受験英語、例えば、センター試験においては、「どの単語を強調するか」は、実は、内容把握問題である。意味的に大切な単語が強調される、、、とされている。ところが、従来のアプローチである音声学のテキストにおいては、強勢は単語の役割によって決まるとされる。例えば主語だと強く読むとか。この二つの言説は矛盾しているが、なぜか問題視されていない。                 さて、本筋にもどる。この発想は90年代、あるいは今世紀に入って、形成された言説ではなかろうか。日本に住んでいないので、昔の英語発音の教材を調べることができない。 歴史のある時点で突然新しいことが言われだすことは起こりうる。                ちょうど、日本人が子供の名前をつけるときに、あるときまではXX子とか、そういう古典的な名前が普通だったのに、あるときを境に、西洋人の名前と間違われそうな名前をつけ始めることがあるが、その突然さと同じであろう。   言説の起源はなんだったのか、社会的要因は何か? 90年代は、普通の日本人が東京で下宿をして大学に通うのと同じぐらいの値段で、留学ができるようになった時代だ。私自身の世代である。留学をして、海外生活を長い期間したのだから、当然、発音や聞き取りが私達の世代からは、抜群によくなっていなければいけない。 ところが、そうはならなかった。海外に住んで帰ってきても、私達の世代の発音と聞き取りはそれほど向上しなかった。 この苦悩こそが、英語にまつわる言説をより複雑化させたのではないだろうか。何かがものすごく難しいときに、言説は複雑化し、発達する。  最後に、英語喉・ネイティブメソッドの観点から、ひとつ。上で紹介した言説の背後には、単語を一つ一つみていこうという意思がある。これは、いわゆるASSUMPTIONである。あまりにも、ファンダメンタルなASSUMPTIONであるために、その存在さえ忘れてしまうようなものである。 これには害がある。単語、単語のレベルで考えていると、発音がCHOPPYになってしまう。英語は文全体を一つの単語として読んではじめて、英語らしくなるのだ。例えば、HOW ARE…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.