Skip to toolbar

Rの音って?

ジョークなしで書くw 
 
普通の人は知らないし、英語を熱心に勉強している人でも知らないと思うけど、自分は大学時代ぐらいに自力で当たり前のように知っていたことがあって、自慢じゃないけど、当たり前じゃん?と思うことがあり、披露させてもらいますと
 
Rの音を言ってみてと言うと
ア~
っていう人が99%だと思うけど、つっこませてもらう。
 
それはRの音じゃなくて、Rのアルファベットの名称。
 
Rの音自体は
犬がうなるような
「うううううううう」
です。
 
日本語だと、「ま」の音って知っている?なんて質問はナンセンスなので、Rの音知っている?と聞かれても、考えたことがないのが普通なのだと思います。
 
自分的には、聞けばわかるじゃんとか、そう言っているじゃんとか思ってしまうけど、それを言うと、圧倒的な批判を受けてしまうことはこの10年で体験済み。
 
フォニックスやっている人とかは知っているかもしれんと思ったのだけど、これまでフォニックス=無駄と思っていたので、初めて、フォニックスやっている人なら知っているよねと思えた(フォニックスは発音のためにあるのではなくて、発音ができるネイティブが綴りをみて音を言うためにある)。

Rが「うううううう」って感じの唸り音と知っていれば、

Rはどこに現れてもそうだっという発想が理解できるはず。
REDのRもDEARのRも同じ発音なんです。
子音と母音をくっつけて言う人にはわかりにくい。

Related Articles

Steven Platzer氏の衝撃

大学では本当に意義がわからんことばかりだったのだが、カリフォルニアの大学で交換留学をしたときに、Steven Platzer大先生の日本史の授業をとったことで、初めて*分かる*という経験をした。 第1次湾岸戦争が起こっていたから1991年のことだ。 この先生は、日本の教育思想史の本の訳者でもある。 http://www.amazon.co.jp/Educational-Thought-Ideology-Modern-Japan/dp/0860085171/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=english-books&qid=1222984204&sr=1-1 授業がものすごかった。まずは、自由思想の理論の本を読み、またファシズムの本を読む。それで理論的な枠組みをつかんでおいてから、Karel van WolferenさんのThe Enigma of Japanese Powerという本を批判的に読んだ。 http://en.wikipedia.org/wiki/Karel_van_Wolferen 理論を把握しておいて、そのうえで、日本について書かれた本を手がかりに、その本を批判したり、あるいは日本の歴史や社会を分析したり、、、と、今まで体験をしたことのないような内容の授業を受けた。 で、ほとんどがディスカッションなのだ。 先生は、どっかりと足を机の上にのっけて授業をしていた。時々、スラングも出るのだが、「私の発したフランス語をEXCUSEしてくれ」とよく言っていた。 で、クラスの課題として、20ページか何かの論文を書くんだけど、私は、初めて、自分で資料を集めて、それを批判的に検討するという、当時はものすごく高度に思われる作業をやった。 初めて「分かった」と思った。 勉強するとか、研究するとはこういうことなのか、、、と。 で、先生が、なんと、その論文を授業で発表せよ、、、というようなものすごい機会をくれて、なんとか先生の助けを借りながら発表した。そのとき配った自分のペーパーの一部をクラスに配ったんだが、クラスメートの一人が、これはどこの論文からコピーしたんだ、、と聞いてきて、これは俺が書いたのだといったらえらくほめてくれたのがうれしかった。 そのあと、先生との消息は切れた。日本に戻り、卒業したのだが、アメリカの大学院に行こうと考え、先生に推薦状を書いてもらいたくて、消息を追ったが、どこに消えたのかわからない。当時はインターネットがなかった。1991年あたりの話だ。 シカゴ大学の大学院では社会学を専攻したのだが、1998年あたりだっただろうか、修士論文を追え、博士論文をやっていた私はあるとき図書館に行ったのだが、どこかで見たような人がエレベータの前にいた。 どっかで見たような、、、というような目でその人は私を見ていたのだが、エレベータの扉が閉まったので、あまり気にしなかった。 でも、どっかで見たような気がする、、、なあと私も思った。 続く…

英語は会話よりもTVニュースのほうが遅い(日本語は逆!!!)

さっそくですが、YOUTUBE動画のサイトで、NZのVさんとのセッションを紹介させていただきました。PCについているMOVIE MAKERってのを使っています。使い方がうまくなりたいです。 さて、先日の「西日本からのご夫婦」の動画を見直していて気づいたことがあります。 いつも、受講者さんが、「ニュースは分かるけど、会話が聞き取りにくい」とおっしゃります。 これは、私にはミステリーでした。というのは、どう聞いても、英語の聞き取りが100%できるという立場から聞くと、実際の会話の英語は遅いからです。ニュースの英語は、原稿を読んでいるのですから、ある程度のスピードがあります。しかし、日常会話の場合、人は、その場で思いつきで喋っているのですから、原稿がありません。だから、スピードは遅いですし、それは事実で、理論的にも納得がいきます。 でも、なぜ喉革命以前の日本人が、ニュースはましだけど、会話はどうも、、と思ってしまうのでしょうか? それは、なんと!、日本語ではそうだからではないですか? 日本語だと、会話のスピードのほうが、ニュースのスピードのほうより速いですね! 喉以前の日本人は、たぶん、ニュースでも会話でも、どちらでも明瞭には聞こえていないのではないですか?でもニュースだと、情報量が多く、たまに、知っている単語が聞こえてくるので、たまに分かる、、、 で、日本語だと、会話のスピードが速いので、英語でも同じだろうと思い、 「ニュースのほうが、会話よりも聴きやすい」 と納得してしまうのではないでしょうか? でも、実際は、シラブルを聞いていなければ、ニュースも会話も聞けていないのじゃないですかね。 英語喉で楽になりましょう!

アクセントに関して

アクセントに関して考えていて、あることに気がついた。ネイティブメソッドをやると、実際、知っていたはずのアクセントの位置を忘れてしまう、、、。例えば、急に、DESKTOPという単語のアクセントの位置は?と聞かれても、分からない。DESKもTOPも同じような強勢に思えてしまう。パラダイムシフトとはそういうことだと思う。以前はよく知っていたはずのものが、意識からなくなってしまうのだ。 この問題に関しては、色々なメールをいただいたが、ぜひ、まずは英語喉を試していただきたい。すると、あれ、前何を考えていたんだろう、、、?って感じになる。一ついただいたメッセージの中に、次のようなものがあったので紹介したい。 **** その私の経験というのは、私がこの「英語喉」を読む前は、リズムやイントネーションなどを気を付けて喋っているのにも関わらず、あるネイティブの方に「リズムやイントネーションはほぼ無いに等しく、ネイティブにはほど遠い」と指摘されましたが、「英語喉」を読み、喉で発音できるようになった後は、その全く同じネイティブの方に「sounds native speaker」と言われました。すごくびっくりしました。なぜなら、リズムやイントネーションは英語喉を学習する前と全く変えていなかったからです。口発音から喉発音にしただけです。本当にびっくりしました。 **** ちょっと次のことを考えていただきたい。ネイティブの使う英単語には辞書にのってないものがたくさんある。例えばだが、新しいお菓子で(勝手につくるが)、BOCKPEEというのがあるとする。すると米国標準英語の話者は、皆、同じような抑揚で読むのだ。あるいは、英語ネイティブが日本語を英語風に読むとする。例えば、OKONOMIYAKI。この単語を聞いたことがない人でも、同じような抑揚で読むのである。 つまり抑揚は個々の音によって、そして個々の音がどのように3ビートの枠にはめられているかによって決定されているのである。OKONOMIYAKIの例でいえば、米国英語のネイティブの誰もがYのところで、ぐーんと下がるような発音をする。それは、Yがゲップエリア発音(首の根元)であるために、音が低めになるからである。 最後のIでも下がる。それは、単語が終わったところから、ゲップエリアの定位置に喉がもどっていくために、IのあとにYが生じるからである。 (ちょっと難しくなるが)抑揚は意味に内在しないのだ(=暗記の対象ではないのだ)。辞書にこう書いてある、ここのアクセントがあると書いてある、、、からそういう読み方をしているのではないのだ。 逆に、日本語では辞書に書いてあるから(もっといい言い方があるかも)、特定の読み方をしなければならない。橋と箸で抑揚はあらかじめ決定されているのだ。 日本語と英語の決定的な違いがここにある。 ちょっと分かりずらい表現だが、以下のようになる。 英語では抑揚は意味に内在しない。音に内在する。日本語では抑揚は意味に内在する。 もっといい言い方があればと思う。 注意 アクセント、抑揚、強勢、、、色んな言葉を使ってしまったが、結局のところ抑揚(=音程)というのが一番あっているかもしれない。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. right のように R が語頭に来た時と、単語の途中に来た時とは別の音になるように思っていましたが、注意して聞いてみます。
    ‘R’ は母音字に含めたほうがいいのではないかと最近思うようになりました。