Skip to toolbar

スペイン語

スペイン語を話す人が横を通って、聞こうとしていないのにスペイン語が耳に入ってくるのだが、昨晩は

..estan..

というのが聞こえて、あるいことを思い出した。

自分の耳にはESTAじゃなくて確実にESTANに聞こえたのだけど(どちらもスペイン語のBE動詞)、Nは確かに微妙だ。なぜ自分にはそれが確実に聞こえたのかなと考えたのだけど、、

大学時代に自分は広島弁の名残りで、「~~じゃん」と言うことがあったのだが、大阪出身の友人がワシの物まねをするといって、「~じゃあ」と言っていた。

自分は「じゃん」と言っているのに、彼になぜ「じゃあ」と聞こえるのかが分からなかった。

が、今はわかるような気がする。スペイン語のESTANの最後のNと広島人がいうNがたぶんだいたい同じなのじゃないかなと思う。

その友人には広島弁のNの聞き取りができなかったのではないかと。

だから、自分には、外国語の音が良く聞こえるのではないかと。

でも、それは、今は聞こえない人でも、喉をしっかりと響かせて出すという習慣をつければ、聞こえるようになると思う。

発想の転換。

Related Articles

Lang-8 英語を書く練習にお勧めです

ラング8って皆さん、活用したことありますか? http://www.lang-8.com/ このサイトでは、登録してエッセイを書くと、その言語のネイティブが修整してくれます。お礼にという感じで、日本語を勉強している人のエッセイを直してあげるといいのです。 無料でです(有料コースもあるみたいです)。 まず書いてみて、間違ってみて、それを修整する過程で、文法を勉強していく。もう中学高校と英語を勉強した日本人には、最高の勉強方法です。 昨日、こんなエッセイをスペイン語で書きました。すると、5人ぐらいの人がすでに直してくれています。 Engles y Espanyol me parecen que estan muy similares. No tengo el tiempo par estidiar Espanyol, pero yo torato…

発想の転換 友人の自動車接触事故から学ぶ

Please vote for this blog! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 My friend got into a traffic accident a few weeks ago and I asked her what happened. 左折しようとしたときに、右隣の車線にいた人が、本当はその車線は、まっすぐにしか行くしか許されていないのに、強引に左折しようとして、同じ車線に入ってきたそうだ。 I asked…

日本の中にある多様な言語文化

気づいてみると例えば広島弁と標準語は発声方法からして違うわけですが、日本には、たくさんの方言があって、表現からして違うので、その点が気がつきにくくなっていると思います。 ただ大学時代に、自分の物まねをしてくれた大阪の友人がいて(カツオというニックネームだった)、自分は、「~~じゃん」と言っているつもりなのに、彼は「~~じゃあ」と真似していたのです。 そのときに、ぼんやりと、なぜだろうと思っていました。 たぶん、発声法的に広島人は喉が開いているので、「ん」の発音がきっちりならなかったんだと30年近くたった今思うのでした。 その友人と私はESS部に入っていたのですが、自分がIMPORTANTという発音をするときに、TANTの部分をまるでIMPORNTみたいに言っていたのです。自分としては、ネイティブが言っているのを聞いたまんまを言っていたのですが、それをとりあげて、彼は、「へえ~~」とびっくりしていました。 また、もう一人のメンバーが上川のまねをするといって、I like van halenのVANの部分を外人っぽく言っていて、30年たった今考えてみますと、自分としては、広島人なので、聞いたとおり言っていただけなのだなと感じるのでした。 大学に入ったばかりの時です。 発音記号が大切だとかいいますが、当時、自分は、広島人なので、ただただ、聞いたとおりに言っているだけでして、それでも、数種類のアを意識していっていました。 実は今でも発音記号の重要性が分かりません。母音は聞いたとおりいえばいいし、子音はそのまんまですよね。THは有声音と無声音の2種類あるけど、その他はそのまんまです。Rを違う記号に書き換える理由が分かりません。 10年ほど前に音声学者と激論を交わしたことがあるのですが、発音記号でNGにあたる記号があるんです。一個の。しかし、それを一個しになくてもNGと発音すればいいなじゃないですかと主張しました。今考えてみると、そのかたは発声が硬かったので、NとGをつなげて言うことができず、1個の発音だと思い込んだのでしょう(今でも普通の人は層表いるでしょう。辞書に書いてあることが全て正しいと思うのが普通です)。 30年後、前回帰省したときに近所の英語塾を開かれている先生のところにお邪魔したら、その先生の英語がネイティブだったのがびっくりですが、生徒さんへの発音指導が、「聞いたとおり言って」だったんです。 そして、広島人だからか、生徒さんは、実際聞いたとおり言ったら、本格的な発音になっていました。 広島の英語喉実践者さんがメールをくれて、広島人でも発声が硬い人がいて、そういう人が英語を話しだすと、ネイティブの参加者が、退屈しだして、トイレにたったりとか、携帯を見たりしだすそうです。でも、発声が広島弁的な広島人が話しだすと、ネイティブが普通に聞き始めるそうです。 日本の中にある多様な言語文化に早く気づきたいものです。 早く気づかないと地方の文化は消滅してしまいます。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.