3 thoughts on “声帯を力ませずに子音を発音するコツ”

  1. どうしても、喉を傷めない様にゲップエリアの音を(意識的に)出す事が出来ません。アクビエリアあたりならあまり傷めないのですが、首の底で音を出そうとすると、どうしても喉がだんだん痛くなってしまいます。でも、本当はそれがデフォルトの位置にならないとダメなんですよね。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.