Skip to toolbar

Related Articles

近所の人に教えた+5つのポイントを箇条書きにして音声で説明

1週間ほど前、犬の散歩中に出会った日本人に英語喉をみっちり1時間、昨日教えさせてもらいました。 しかし、これってとても珍しい。こちらが、英語喉を紹介して、え!それは面白い、教えてください、はい教えます、、、というパターンは、英語喉が出版されて4年に成りそうになる今、 たったの2回目(だと思う)。出版以後ね。 1回目は、KENJI Yさん。KENJI Yさんから別件で連絡があり、ところで英語喉ってやってます、、、え?面白そうですね、、、と。 こちらから、こんなんありますと紹介しても、普通、レスが鈍い。ぽか~んって感じです。前は英語喉か機関銃英語を、あるいは両方をアマゾンで注文して届けていましたが、馬鹿らしくなってやめました。ピンとこないものは、読まないし、実践しないですよね。 ピンと来る人は特殊なのでしょう。こちらからどうですかと言っても無理。 これは(私が専門の方法論でいうところの)、セルフセレクションバイアスってやつで、そもそも、ピンとくる時点で、すでにその人は特殊であると。 私としては、英語喉出版以前は、ピンと来る人ばかりに出会っていたのです。 ピンと来る VS ピンと来ない、、、 あ、そうだ、皆さん、英語喉を全然知らない人に、真顔で、外人さんて声違うと思う?なんでやろ?と聞いてみてくれないか?どんな説明するだろう。体が違うと言ったら、日系人だって声がちがわへん?とつっこむと。 それでは、昨日のレッスンで強調した点で、皆さんにも参考になるかもしれない点を箇条書きにします。 1.「(首の根元から口のあたりに、右手の手のひらをべた~~とあてて)この肉をならしてください、、、(口の中のほうの、、、と口の出口あたりを指しながら)空気を摩擦させるんじゃなくて」というコツは有声音のTH(例 THE)と、Vをマスターするのにとても有効です。最近、全然、時間がかからなくなりました。なるためには、リラックスしていないと、、、と言うことも有効(でも言わなくても、鳴らすためには、自然にリラックスしますね)。 2.Vと有声音のTH(例 THE)の聞き取りは、特に喉の音を聞くという感じが大切。 3.(これは前も書きましたが)、アクビエリアの音は艶っぽい声優さんのような音、ゲップエリアの音は「がまがえる」みたい、、、という意識的な区別を、息をすいながらエを出す練習のときに強調。そして、その後の音でも、その根本的な音色が関係してくるということを強調(例 Rはがまがえる、Lはつやっぽいクリアな感じ) 4.KとGを教えるときに、喉が開いたままということを言いますが、結局、KとGのときだけじゃなくて、全ての音で喉が開いたままということに気づいてもらう。な~んだ、個別の音のたびに右往左往するのではなくて、ただ単に同じ原理が働いているということ。だから、日本人以外の外国人は、英語を簡単にマスターするということもいえます。 5.喉を一旦やって、会話で使うときは、シラブルをひとつひとつ丁寧にゆっくりと発音すること。特に、BE動詞みたいに、これまで何回も使っている表現は速く発音してしまいがちだけど、それを発想の転換でやめる。ゆっくり、シラブルをひとつづつ発音、、、でも切れ切れにならないように、スムーズに音をつなげて継続させる(トランペットの音みたいに)。 音声にて上のことを説明しました。 www.estat.us/blog/kinjo.mp3

英語喉で長年喋っていると英語の文法感覚がネイティブ化??

フェースブックで、SPEAK SLOWERと言ってしまったエピソードを書きました。正しくはSPEAK MORE SLOWLYですが、実際、そういう風にアメリカ人は言うのです。フェースブック上では、アメリカで生まれた友人たちは、全員、SPEAK SLOWERでええよ~と言っています。 思うに、書き言葉的にはまずいのでしょう。それにしても、実は、私が本能的に、SPEAK SLOWERって言ったのですが、それは、逆説的に、英語の文法が本当にINTERNALIZEされてきたからじゃないかなと思います。それも、SPEAK SLOWERと誰かが言ったから、それで正しいと思ったんじゃなくて、感覚的に正しい、いや、それほど間違っていないと思えるからです。 おそらくですが、英語喉ではっきり聞けて、正しく発音できる状態が7年ぐらい続いていますから、感覚もネイティブ化してきたんじゃないかな。 似た現象に、英語喉をする前は日本語英語だった人で、Rの喉発音を教えてあげると、まちがってWになる人がいます。 でも、これこそがネイティブの子どもの間違いかたなのです。 本物の発音をしているから、ネイティブの子どもの間違い方を経験できると。 SPEAK SLOWERにしても、アメリカ人以外のFBフレンドは、それは文法的におかしい~~と言っているんです。 でも、アメリカ生まれのアメリカ人はそれでいいという。ジーナもそれ、言う!と言っている。 もう一つ。こないだ番組したとき、思わず、REACH TO THE LEVEL、、、と言ってしまった。でも日本ではREACH+目的語と教える。 言った瞬間に、そう思ったけど、感覚的に正しいと思った。ジーナに聞いたら、それはそれでいいとのこと。 ネイティブの感覚がついてきているのかな

日本語論

主観的だといわれればそれまでだが、皆さんはどう思うだろうか? 日本語は圧倒的に表現が多様だ。英語は非常にシンプルでありえる。 もちろん、わざと多様に使うことができるだろう。言語学者と呼ばれる人には、わざと日常的には使わない表現を、机の上でつくってみて、ね?言語って多様で豊富でしょ、、、とみせるひとがたくさんいるが、そういうことではない。 例えば、THIS IS TASTYは、アメリカでもイギリスでもオーストラリアでも同じ表現だ。ISが他の言葉にならない。ところが、日本では地域によってちがうし、また時と場合によっても多様だと感じる。 私の仮説はこれである。日本語は、感情を移入するのが難しい言語である。口発音だから、平たい音しか出しにくいので、悲しみ、楽しさ、うれしさ、色んな気分、、、を音色に託すことが出来ない。例えば、笑いながら日本語を喋るのはやや難しいので、水戸黄門のように、セリフを言い終わってから、わははということになる。 ところが、日本語以外の多くの言語は、喉発音なわけだが、感情がすーっと音色に出る。悲しそうな声、楽しそうな声、、、。 だから、感情のニュアンスを語彙で表す必要性が低い。 よくREALLYという言い方にも5種類あるとか言って、学者と思われる人達が、音程によって意味をとろうとするが、実は、音程以上に、喉発音の音色で人類は色々な感情を表している。 だから、実はREALLYの発音の音程パターン、イントネーションがこうだったら、こういう意味ということではないのだ。 あるいは、MUSTとSHOULDの違いは、こうだ、ああだ、と日本人が定義する。しかし、実は、紙の上で、辞書長で定義できる違うよりも、より大きい度合いで、その単語が発せられたときの、声の音色というのが意味に関係してくるのである。 私はつい最近まで、その声の音色というか、こめられた感情を無視したまま英語を聞いていたように思う。 その結果、例えばだが、アメリカ人が命令形で何かを言うと、意味なく、腹がたつことがあった。しかし、同じ、例えばOPEN THE PAGEでも、音色を聞いていると、それが、かならずしも命令ではないということに気づいた。 一方で、日本人は、やれ、動詞の現形の前にYOUをつけたら、丁寧になるだとか、PLEASEをつけたら、こうなるだとか、そういうことを考えてきたのだが、それは、口発音だからこそ、感情が声に入れにくい言語を持つ話者の発想ではなかろうか? 実際、スペイン人、スウェーデン人などはそのような細かい文法論議をしていない。 日本人とアメリカ人の表情を見ていても、日本人のほうが、圧倒的に、表情が豊かである。例えばだが、私の会社のカフェテリアは、韓国人が経営している。なにかが切れていると、その女性が、苦しそうな表情で(あちゃーって感じ)あやまってくるが、これは日本でも同じだと思う。一方で、アメリカ人の人達は、ぼーとした顔で働いている。 日本人は、お互いがいきいきとした顔をしていないと、納得しないところがある。だから例えば私が行った小学校では、挨拶運動というのがあり、毎日、毎夕、いきいきとして、笑顔で挨拶をしなれけばならなかった。 それは、口発音なので、感情を言葉の音色自体に入れにくい、、、だから、顔の表情でフォローするという習慣なのではないだろうか? 私は自動車で音楽を聴いているときに、長調の曲だと、歌詞を無視して、あ、これは明るい音楽だなと勘違いする。単調の曲だと、歌詞を無視して、あ、これは暗い悲しい音楽だなと勘違いすることがある。 ところが、ジョニーキャッシュなどの音楽を聴いていると、長調なのに、実はとても悲しい歌詞であることがある。あるいは、ボブディランでもそうだ。 長調なので、日本人的な感覚では、明るい歌と勘違いしてしまうが、歌詞は悲しいし、よく聞くと声も悲しいのだ。 代表曲はこれだろうか。ボブディランの歌だ。 http://www.youtube.com/watch?v=RZgBhyU4IvQ これまで、世界で日本人が理解されにくかったのは、声に感情を込めることができないからではないか? ネイティブは日本人の英語に抑揚がないと言うとき、それは実は音程のことをいっているのではなくて、感情がないと言っているのではないだろうか???? それを勘違いして、日本人は音程を極端にしたり、強く読んだり弱く読んだりしているのではないか?

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.