Skip to toolbar

Related Articles

グループワークの重要性 剣道審判セミナー通訳で学んだこと

先週末、二日間、剣道審判セミナーで通訳をしました。 プラス、空港に真夜中メキシコからの先生を迎えに行ったりもしたんです。 さて、通訳のほうですが、全体へ対するスピーチの場合、体育館の音響の関係上、場所によっては聞こえにくかったようですが、がんばりました。具体的な審判の指導は、われらの道場メンバーが試合をしつつ、それに対して、60人ぐらいの先生がたが審判の練習をされまして、それに対して、日本からいらした先生3人が審判の指導をされたのです。               一日めは一人でやっておりましたが、二日目から、もう一人、二人のかたとペアでやったんです。このことがよかったです。というのは、様々な面で、私が学べたからです。まず、最初に通訳を交代してくれた先生は、経験も長く、また上段者の先生で、訳の仕方など非常に参考になりました。例えば私は審判をジャッジと訳していたのですが、先生はレフリーをおっしゃっていて、やっぱりそっちのがよい。二人めの先生も、剣道経験豊かで、講習がすすむにつれ、内容、質問がこみいってきますが、そのあたりもよく対処されていました。私が訳し損ねた部分も、フォローしてくださりました。 もっと基本的に、声が聞こえにくい場合など指摘もできました。               なんでも人とのコラボのなかで、人から学ぶというのがいいなあと思えました。 英語喉も私とジーナのコラボだし、皆さんが、英会話をするときも、他の実践者やネイティブの人たちとのコラボですよね。 通訳のさい、訳す部分が長くなってしまった場合、忘れてしまうので、緊張します。短い場合は、自信をもって大きな声で発声することができました。 先生がたのほうも、そのタイミングを合わせてくださり、助かりました。 剣道の審判指導の先生がおっしゃったことで心に残ったのは、人の審判をすることがいかに難しいかということ、、そして、審判するためには、例えば、いろんなむずかしめの技も自分で練習しておらないと、なかなか人のことは判断できないとういこと。 それから、もうひとつ。この審判セミナーでは、セミナー後に稽古があったんです。…

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.