Skip to toolbar

Related Articles

こもりをとる練習方法 音声ファイルをつくりました

YASUさんが見事にコモリを克服されていたのだが、ややその反動で声が甲高くなっていた。響きのよい声で英語の独特の音色を出しながらも、こもらないようにしないといけない。 そもそもこもりというのは、YASUさんもおっしゃっていたが、英語があいまいな、こもったような言語だと、口発音時代に思われていたのが原因で、発音もそうしてしまっていた、、、というのがひとつ。もう一つは、喉の奥で発音しようとすると、思わずそうなってしまうというのが一つ。 そういえば、確かに、こもりといえば、こもりと表現できるような音色の英語でしゃべっているネイティブがたくさんいえるが、日本人の出すこもりとは違うのだ。 よく、ジャイアント馬場さんのあっぽーというのが、こもりの代表例として言及されるが、あれは、あくまで口発音の日本人が馬場さんの超喉発音をきいて、こもっていると勘違いし、それを真似してそう表現したのである。実際には、馬場さんのアッポーはまさに喉発音である。お相撲さんのしゃべりも喉発音であることが多い。おそらく体が大きいので、喉ブレーキを細やかに使いこなせない、、、ことから自然と喉発音になるのではないだろうか。 さて、こもりを取り去ってしまう方法を一つ考えた。それはわざと日本語を使って日本語初心者ネイティブの日本語を真似ることである。あくまでも初心者である。というのは、外国人の場合、日本語の2ビートを結構、簡単にマスターしてしまうからである。だから、以下の音声はあくまでも、日本語を勉強しはじめたばかりのネイティブの日本語だ。 あえて、日本語を使うことで、コモリがとれるのではないかと予想する。だって、こもりすぎると、自分でも何を言っているかわからなくなる。意味がわかるようにこもりを無くす練習になるのではないか。 あくまで実験的な練習方法である。また3ビートが暗記の問題ではないということも分かるだろう。気をつける点。 1)喉、口、全てをだらーんとする。舌も平らなまま。できるだけ。 2)3ビートのノリでボンボンボンを意識しつつ、またそれをスムーズにつなげること 3)継続的に首の根元でルート音がなったままにする。切ったらいけないということではないが、切る理由がない。切るときは、軍隊式に命令をしているとき。 ちょっと重ためですが、聞いてみてください。 http://www.estat.us/blog/nativejapanese2.wav 三羽チャンネルではこちら http://www.youtube.com/user/Sampa4626#play/all/uploads-all/0/tR3L5QinrLE

機関銃英語、22ページの剣道会話でボンボンを一緒に感じてみましょう

おそらく最初の難関は、会話の練習でボンボンボンが聴き取れるかどうかでしょう。22ページの素材で、一緒にボンボンボンを感じてみましょう! 三羽チャンネルにて (THANKS!) http://www.youtube.com/user/Sampa4626#play/all/uploads-all/0/HkovfRKzQjE MIXI動画で見る場合(同じ動画です) http://video.mixi.jp/view_video.pl?owner_id=4672939&video_id=7501714 MIXI参加希望のかたはメールください。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. Good harmony!
    This song holds a lot of memories for me.
    I’d listened to this song by Harry Belafonte many many times when i was in junior high school.
    Since then, more than 50 years have passed.
    Thank you.