Related Articles

こもりをとる練習方法 音声ファイルをつくりました

YASUさんが見事にコモリを克服されていたのだが、ややその反動で声が甲高くなっていた。響きのよい声で英語の独特の音色を出しながらも、こもらないようにしないといけない。 そもそもこもりというのは、YASUさんもおっしゃっていたが、英語があいまいな、こもったような言語だと、口発音時代に思われていたのが原因で、発音もそうしてしまっていた、、、というのがひとつ。もう一つは、喉の奥で発音しようとすると、思わずそうなってしまうというのが一つ。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. Good harmony!
    This song holds a lot of memories for me.
    I’d listened to this song by Harry Belafonte many many times when i was in junior high school.
    Since then, more than 50 years have passed.
    Thank you.