Skip to toolbar

愛犬が腎臓障害レベル3

新年早々、13歳半の愛犬が年齢の関係上か、腎臓障害レベル3(4のうち3)で、もう長くない状態にあり、調子が悪い日が続くのですが、獣医に相談しています。歩いて行こうと思えば、行ける距離の動物病院にお世話になっています。

さて、本日は食べることを完全に拒否しだしまして、これで終わりかと思い、獣医に電話したら、あまり意味はないがどうしても延命したいということであれば、2日入院で点滴などを行うことはできるということでした。

値段の見積もりをしてもらうと10万円から22万円ぐらいまでということ。第2コースは、吐き気どめの注射を打って様子を見るということ(これは4千円でした)。

家から離れて、2日間も入院すること自体がかわいそうなので、入院はやめました。

もしかしたら、安楽死の日が来たかと思いましたが、とりあえず、病院に行って、先生に話を聞き、第2コースの吐き気止めでお願いしました。
すると気分が良くなったのか、食べ始めました。

食べ物は、脂肪の少な目の牛の挽肉痛め。

本来は、腎臓によくないかもしれないものの、このさい、食べるなら何でもいいという感じです。

9年世話をしているので、今日、旅立たれるのは決断できませんでした。

少しだけ時間をもらって、最後のお別れをしたいと考えます。

本人(本犬)は、もういいから行かせてくれ、と言っているのかもしれません。

入院の費用は普段から払っている保険でどのくらいカバーするのかなと思って調べたら、病気になった部位ごとに年にいくらと決まっていて、腎臓は1年に250ドル程度でした。

保険料月80ドルを10年近く払ってきたわけですが、250ドルしかでないのは微妙な気持ちです。

去年かかったのと今年かかるので500ドルぐらいはもどってくるようです。

たぶん、今回は1000ドルぐらいかかっているかと思います。

犬の保険はいらないのかもしれません。

動物病院は大き目の組織なのですが、獣医さんが、とても親切で、今回5回ぐらい行ったなかで2回は、「今回は無料でいいです」と言ってくれました。皮膚下点滴も今日は一本、たまたま私の家でもできるもので、昨日買っていたものだったので、病院でしてくれたものはただにしとくと言ってくれました。

本当は目がしょぼしょぼするということで相談に行ったんですが(目に傷がついていた)、気になるのでちょっと血液検査もさせてと言われて今回の腎臓の問題が発見されました。

ただ6か月前に血液検査をしたときに、腎臓の数値がおかしいと言われ、血液検査をし直したんですが、し直したほうで、問題なしと言われたんです。

最初の検査があっていたのかも。腎臓対策を6か月前に始められていたらなあと思ったりです。

それにしても、年齢が13年半ぐらいですので、病気でそうなったというより、年齢的にもう無理があるということのようです。

Related Articles

理由をつきとめたいものです

うちの犬は14歳でついに耳が聞こえにくくなりました。 元気ではあります。 また、この半年ぐらい餌を食べるスピードが遅くなりました。 歳をとるとゆっくりしか食べれないのかなと思っていましたが、手で直接与えると、昔と同じスピードで食べます。 なぜなのかと考えたところ、もしかしたら、足腰がやられてきていて(どうも後ろ足の右が弱いよう)、食べるときの姿勢がしんどいので、食べるスピードが落ちたのかも、、、などと考えています。 おーそらいたす、、、と発音するのですが足腰が弱っている状態、少し痛い状態のことで(日本語でなんというのでしょうか?)、それを緩和する良い薬があるそうですが、獣医さんが、14歳で内臓も弱ってきていると思うので、それは適切かどうか検査をしてみないと、、と言ってましたが、そのことは忘れてしまったようで、薬はもらっていません。 色々と理由とか、メカニズムというものがありますね。 自分は歌を練習するときに、どうやったら上手になるのかと色々考えますが、なぜプロのように歌えないのかと理由があるのではないかと思っています。 才能がないと無理だ、、という結論は保留しておいています。 声帯が力まなければ誰でもいい声が出るはずだと思っています。 英語を話すときは、脱力できるのに、なぜ音程がつくと、それが難しくなるのかが、さっぱりわかりません。 もしかしたら音程をつけるメカニズムに2種類あって、一つは声帯のコントロールと、もう一つはなにか他のことで、その他のやりかたをつきとめると、声帯をりきませずに音程が変化させられるのではないか、、とほのかに思っています。 YOUTUBEをみていると、たまにボーカルトレーナーの人の動画がでてくるのですが、その人たちの声が、ややきんきんしていて、あまりいい声ではないので、見る気が起こりません。

夜明けは近い

喉のクラスがついに3ビート(シラブル・音節の読み方)に突入した。いい感じだ。3ビートのセクションは進みが速い。これは自習しているかたでも同じ感覚のようだ。喉の最初のほうは、ピンとくるまでがやっかいだが、3ビートはすいすいと進む、、、と。   だから前半でつまずきそうなかたは、このさい、3ビートをまずやり、シラブル(音節)の読み方を理解したうえで、リスニング能力を高めておいて、前半に返ってくるというのが、よい、、、ということにMIXIの英語喉コミュニティ(http://c.mixi.jp/eigonodo)では意見が定まった。 喉クラスの一人のかたが、仕事で英語を使うのに、準備がいらなくなったとおっしゃったのが、うれしかった。私と同じで、アメリカで仕事をされているわけで、喉以前は、やはりエネルギーがいったのだろう。英語を喋ること自体に。喉と3ビートですーっと英語が入ってくるから、楽に聞ける。楽に喋れる。すると内容に集中できる。考えながら喋れる、、、のである。 あと、こないだ話をした実践者のかたがよい例を出された。道を歩いているときに、通りすがりの人の会話が頭に入ってくる、、、と。つまり、意味を取ろうと考えなくても頭に入ってくるのである。 喉の効用を説いて、それを信じるのは、空を飛べます、、、ということを信じろというのに似ているのでは、と別のかたがおっしゃった。 喉バッシャーのかたがたにいいたい。このさい、DCにいらっしゃって、私と共著者の授業を2日間受けてもらえないだろうか。人数は10人ぐらいで来てもらえれば、2日でネイティブレベルの入り口にひきあげさせていただく。ただし、2日だと定着する時間が持てないのが残念だ。とりあえずは、直接指導の経験から、その授業時間内に発音ができるようになるので、その場で解決してあげることができるだろう(理想は、ゆっくりやって、定着させることだが)。 あ、喉の批判と思われるエッセイをみつけたので引用します。このかたは純粋に喉がだめだと思われいるのだと思われる。 http://castellano-por-nhk.seesaa.net/article/106175972.html ネイティブレベルは絶対に無理?みたいな論調だが、私の周りにいるノンネイティブは、ローマニア人だろうが、インド人だろうが、ネイティブレベルの英語で仕事をしている。そりゃ、なまりはあるかもしれんが、それはアメリカ人だってなまりがある。100%英語を聞き取り、なんの問題もなく英語を喋っている。ネイティブレベルが絶対無理とういのは、表面的ななまりの問題ではないか?日本人がノンネイティブの外国人のなまりを聞いて分かりにくいと感じるのは、なまりのせいというより、英語力の問題だと思う。喉の音を聞き、音節を意味の最小単位としてきけば、100%聞けるようになる。 私は100%英語が聞けるから、単の外国人の英語がネイティブとそうかわらないということがわかる。 アメリカのプロの世界で英語で苦労しているのは、日本人と韓国人だけなのだ。 まわりのノンネイティブもなまっている、、、だから日本人の英語もOK、、、という気持ちは分かる。色々言いたいが、今まで言ってきたので、イワンことにする。じゃ、聞き取りは?ノンネイティブの外国人は聞き取りはできているのだ。音が聞き取れず、ところどころ理解して、意味をつなぎ合わせてやっているのは日本人だけなのである。なのに、他の外国人も苦労しているのだろうと、決めつけってしまってはいけない。 一言聞けば分かることなのかもしれない。なまりがあると決め付けているフランス人の同僚やらに聞いてほしい。テレビ見て分かる?とか英語見て分かる?とか。ただ、その一言が聞けないほど、何かを思い込んでしまっているということはありえる。 あと日本人が口発音ってのも、ひとことネイティブ、あるいは、他の外国人(韓国人以外)に一言聞いてもらえば分かることだ。あまり前のように、そうだよと答えるだろう。 ちょっと時間があったので、ひさびさに撮ってみた。一番好きなギタリスト、ランディローズのまねだが、彼は25年ぐらい前かに、事故死をした。オジーオズボーンのバンドのギタリストだった。その時、死んでなかったら、今、毎日、車で彼の音楽をCD20枚分ぐらい聴いて仕事に行っていただろうなあ、、、と思う。彼は2つしかレコードを残さなかった。 http://app.sightspeed.com/vm/7fk6c7xivccs8vepwpgigj234p97azpe/x50b/ja_JP/1/

トーストマスタークラブ2回目参加

会社のトーストマスタークラブ2回目参加しました。今回は、この秋に挑戦するもの、、、というタイトルを与えられアドリブスピーチ2分をしたのですが、私は剣道をすると言いました。近所の大学にクラブがあるので参加する予定です。DCで防具を譲ってくださったかたがおられるのです。あと道着をゲットしないといけません。 まだまだ喋ることに対する恐怖心が克服できません。あと2,3回やったら克服でしょう。なぜまだ克服できてないと思うかというと、喋っているうちに気分がハイになり、今日使わないといけない語を使うことを忘れてしまうからです。昨日は1個、使わないといけない単語があったのです。 面白いことがありました。発表の後、インドの人がアドバイスをしてくれるたのですが、その人が、私にパースが多すぎるから気をつけてといいました。そのときに、「え?パース???」と意味を問おうとしたら、周りのアメリカ人3人ぐらいが、PAUSE(パアズ)よ、、、と言ってくれました。 つまり、インド人は確かに独特のナマリがあるかもしれないけど、英語ネイティブ達は理解しているということです。ZとSの違いは対した違いではないのです。喉発音でシラブル数(というか分割の仕方が正しい限りは世界的に英語が通じるということです。 私は英語喉暦5,6年ですから、普段聞いていないインドなまりの強い英語にちょっとてこづったということですね(強くない人もたくさんいて、その場合は問題ない)。 日本人は、日本人の英語が通じにくいのはアクセントの位置を間違えるからだと思いこんでおり、国民総動員で、単語のアクセントの位置を暗記しますが、これはまったく的外れなわけです。 インドの人は、独特のイントネーションで喋りますが、完全に世界的に通じるわけです。そういう英語を聞いて、日本人がよく「なまりがあっても自信を持ってしゃべるんだ」と言うわけですが、それは完全に的外れなわけです。 立教の鳥飼先生が、もし外国人に、そういう風に英語では言わないといわれたら、逆に、「日本ではこういうんですよ」と教えるぐらいの態度を持つべきだとおっしゃっていますが、それは、的外れでしょう。こちらに先生のインタビュー記事が転用されておりました。 http://d.hatena.ne.jp/what_a_dude/20101021/p1 日本人の英語が通じないのは、一語間違ったからとか、ある単語のアクセントの位置がちがったとか、表現が古かったとか、そういうレベルの問題ではないのです。もっと根本的な問題なのです。 また、そのような発言(もう何十年も言われていることのように思えるのですが)は日本人学習者を全く助けません。助けるとすると、英語が流暢である先生がそのような寛容な発言をされるなんて、なんとすばらしい先生だろう、、、と先生自体のカリスマ性の度合いが上がるということだと思います。 日本人には日本人の発音があっていい、、、と発言される先生が、実際に英語を聞いてみると、結構流暢だったりします。声の響きがよく、まさに英語喉だったりします。 そのあたりがかわいらしいオチでしょう。 ちょっと引用してみます。 引用はじめ (鳥飼)「お互いに英語が外国語で、下手な英語を話す人同士が『本当はあなたの母語が話せたらいいんだけど、ごめんなさいね』『いやいや私こそ、日本語を話せないのでごめんなさい。しょうがないから英語で話しましょう』というわけですから。日本人は日本人らしい英語を話し、中国人は中国人らしい英語を話し、でも基本を守っているから英語として通じる、コミュニケーションが出来る。これがあるべき国際共通語としての英語です」 引用終わり 私の感覚では日本人の抱える英語の問題は、もっと基本的に、そもそも、相手が何を言っているのか、音のレベルで捉えられない点であり、例えば、喉実践者のNITROさんが、英語喉革命以前、アメリカに来て、相手の言っていることが(単語が簡単でも)、全く聞こえない、、、というレベルの話なので、上のような流暢なことを言っておられないということじゃないでしょうか?普通、中国人は、発音になまりがあるだけで、聞き取りはできているし、通じています。 喉発音と3ビートで聞けていえるようになりますよ。 ある意味でもう何世紀も英語は国際共通語なのです(あまりに当たり前ですが)。何世紀も前からネイティブとノンネイティブはお互いに通じ合う英語を共通語として喋っています。共通語として大切なのは、シラブルの数を変えないということ、喉から発音すること(でもこれは当たり前すぎて、努力なしにそうなっているのです)。 たまたま、日本人だけが(韓国人も少しだけそうだが日本人ほどではない)、どうがんばっても通じない、聞こえない、、、で大変な状態にある。だから、国際英語がどうの、グロービッシュがどうのという話になっているのでしょう。 さて、英語喉チャレンジャーライブですが、MASAさんが、お忙しい合間をぬって、解説を加えてくださるそうです。詳しくはMASAさんのサイトをご覧ください。 http://nodo-journey.blog.so-net.ne.jp/2011-09-16 皆さん、英語ができる日本人になりましょう!絶対なれる! それでは本日の英語喉チャレンジャーライブです。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 私も気になって犬の腎臓障害、検索してみました。ワンちゃんにはとても多いんですね(T_T) 毎回動画で拝見していましたから他人事に思えません。

  2. コメントありがとうございます。食事を拒否しているのをこの2か月ほど、口へ直接、食べ物を運ぶやり方で食べさせていましたが、今思えば、もういいから、旅立たせてくれと言っていたのかもしれないと思いました。昨日から今日もいちおう口に入れると食べていますが、もう、いいよといっているように思えますので、たぶん、明日あたり旅立たせてやるかもしれません。

    1. 決心するのも辛いですね。 私はこの方のブログが好きで読んでいるのですが
      去年、年老いた猫を見送った時の事が書かれていました。

      先生のワンちゃん、食べないのには理由があるかもしれません。
      冷たい場所を好んで寝転んでいますか?

      老衰とはまた違うのでお役に立てないかもしれませんが
      よかったら読んでみてください。

      http://bach-iruka.com/%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a8/19050/

      1. 参考になりました。ありがとうございます。特に、こういうのは突然そうなるという点。そんなもんなんですね。受け入れることができます。

        いつもと違うところにごろんとしてたりします。エサを昨日は、食べまして、今日も食べました。獣医さんに様子を報告するのが本日のタスクです。お迎えが近づいているのは確かだと思いいます。心の準備はできました。

        枯れていく感じで死んでいくという点ですが、うちでは、書きましたが、点滴みたいなのをうちでやって水分補給を補足しているので、この点が気がかりです(これまで獣医では2回、うちで1回しました)。上田さんいわく、あんまり意味ないとは思うが値段的に高くないので、まあ、ええんじゃないかということでした。10回分が15ドル(1500円)ぐらいです。二日に1回でいいと獣医さんは言っていました。

        1. 腎臓が悪いと水分補給が必要なんですね。老衰を見守るのとはまた違った心配があるんですね。  我が家の犬も9歳なので何年か後には我が家にも同じ決断がやってくると思って読ませていただいています。 病気は当人より看病している人の方がよほど辛いと癌経験者の友人が言っていました。犬は家族と同じですから辛いですね。