Skip to toolbar

犬の様子が思わしくない

新年早々ですが、13歳のピキニーズ雑種(21pound;小型と中型の間ぐらい)が、どうも肝臓機能が衰えてきたようで、元気がありません。

獣医さんの血液検査では

BUN値  62  (正常は30。6か月前は23でした。)

CR 4.3 (正常は1.5。6か月前は1.8でした)

ということでした。

 

来週、相談に行きますが(たぶん、普通の診断ではなくて、後期医療をどうするかの相談だと思う)、おそらく、もう長くありません。

ネットの情報では、BUN値が60を超えているので、肝臓障害は最終段階のようです。

血をきれいにするのが肝臓の役割ですが、獣医さんによると、この数値だと25%しか機能していない状態だそうです。

CR値が4ぐらいまでなら数年生きる場合があるというものの、13歳ですから、ピキニーズ犬でいうと、平均寿命です。

この2か月ぐらい、食べ物を拒むようになり、一日中寝ていることが多くなりました。この数週間ぐらい水を大量に飲み、さらに、外にでることなく、トイレをしてしまいます。

食べ物はしかたなく手で投入しています。

チキンだけは、反応しますが、医者はどちらかというとタンパク質が豊富な肉は与えたくないのですが、ま、しょうがないかということのようです。

ネットでは、全く同じ症状の描写がたくさんあります。

同じような状況を経験されたかたがおられたら、お知らせ下さい。

 

 

 

 

 

Related Articles

英語を聞くと大阪か京都のご出身であることが分かる例

英語の発音がとても上手な例として以下のかたが挙げられていた。 http://eigo-tatsujin.net/method/11142/ 実は聴いた瞬間に、とても上田さんに似ていると思った。 特徴は、DとかTのように、口の中で破裂が起こされると信じられている音がとても強調されていて、その部分がチョッピーである点。 R音を口の中をこもらせることで代用されているという点。 おそらく、練習される場合は、この点を得に気にされていて、おそらく、強くすれば、さらに上達されると思い込まれていると思う。 たぶん、聞き取りは完璧にはならないのではないかと想像する。なぜなら、そういう部分に気に取られるとシラブルを聞くというエネルギーがすいとられてしまうから。 多くの日本人の発音練習は残念ながら、この方向に流れてしまいがちである。 どの方向かというと、摩擦の音をとぎすます+Rの音をこもらせる、、ことで、英語の発音が上達していくというパラダイムで、この問題点は 1.ある程度、喉の柔軟な関西人でないと、このやり方では上達しない。つまり、このやり方を関東の人が真似てもうまくならない。 2.上達するにはするが、限界があり、本当のネイティブ音には突然変化しない。 実は英語喉をお教えして、一番残念なのは、せっかくお教えしたのに、この方向に流れてしまう人。これはボランティアをすると出会うことになる。あまりのトラウマに、最近ではボランティアをしていない。 おそらく、このかたは大阪、京都あたりのご出身だと想像する。そのあたりでは、喉発音と口発音の中間点で、喉が柔軟。柔軟なのだが、なんとなく首の底は硬い感じのする人が混在する。そのため、英語喉のやり方をしにくく、また、それなりに喉が柔軟なので、自己流でまにあってしまい、正しいネイティブ発音にはなりにくい。 さらに英語喉を信じてくれないという特徴がある。 大阪、京都付近は微妙な方言エリアだと感じる。口発音と喉発音が混在している。 で、自分の、30年ぐらい前の英語を聞いてみる(以下のYOUTUBE動画)。すると、上にあげたような問題点が見当たらない。当時の自分は、口の中の摩擦をうまくすることで、英語の発音を上達させようという感覚がなかったことがこれでわかる。 実は摩擦のさせ方が大切だといかいう言い方は、英語耳の松澤さんが、サイトで10年ほど前に言っておられて、そのとき、自分は、そんなわけがないと反発を感じた。それが発音の本を書いてみたいという気持ちにつながったのでした。 今考えれば、音を聞いて繰返したらできるようになるなんて、想像を絶する主張だった。 音を聞いて、それを正しく真似るというのなら分かるが、回数は無関係でしょう。 正直なところ、おごった気持ちがあった(が、そのおかげで英語喉ができた)。当時、こんなに英語ができる自分が、やっていないことを、練習して英語の発音がうまくなるはずがない。そんなに言うなら、ご自分の英語発音を公表してほしいと。もちろん、普通の英語の発音本の著者は自分の英語の発音は公表しない。 自分で言うのは変なのだが、19歳のときの自分(というか、この録音をした日は1986年の12月24日で、まだ18歳だった)は、英語音声学をやっておらず(英文科だったので、その後、音声学の授業を受けた)、耳で聞いて広島弁の喉で発声をしていたので、その後の大学院時代の英語よりも発音がよく、さらに、ネイティブと心を通わせている。非常に不思議だが、英語音声学をやると逆に英語が硬くなるのではないかな。 このときのアメリカ人の二人とはLINKEDINで繋がっている。    

UBER 初めて使ってみました 報告

タクシーのライバルであるUBERを初めて使ってみました。 最初に言っておきますが、いいことしか書いていません。悪い所がこれと言って思いつかなかったからです。 さて、、、、出張中に、同僚が、UBERとっても簡単だから使ってみたら?と言ったのです。 そこで、オースティン(テキサス州)のホテルでアプリを自分の携帯(サムソン)にインストールしました。そして、自分のアカウントを作り、クレジットカード番号を入れました。 さて、今朝、オースティン空港へ行くので、さっそく、アプリを起動。 画面でよくわからなかったのは、いくらかかるのがが出てこないこと。 でも、同僚が、簡単だ、とにかく使ってみろと言っていたので、いくらかかるか分からないけど、とりあえず、リクエストを送ると、すぐに、目の前にUBERのかたがおられました。 とりあえず乗車。その段階でもいくらかかるのかよくわからないのですが、まあ、実験です。 どうも、アプリで事前にだいたいの値段を教えてくれるボタンがあるようでした(これはDCエリアに帰ってきてからみたら、あるように見えた)。 結局、そのかたは道を少し間違えてしまったのですが、それが分かったのも、携帯上で、今どこにいるかが示されるのと、後でメールで、そのルートが分かるような地図情報も含まれているからです。 ご本人は、間違ったのか?と聞くまで白状しなかったです(いや、「あ、間違った」みたいなことを独り言のように言いましたけど)。その間違いでたぶん3ドル分ぐらい高くとられたものの、結局18ドルでした。 同僚は同じ距離を普通のタクシーでいったらしくそれは、26ドルだったそうです(プラス、チップだと思います)。 UBERは、チップはいらないということらしいですが、でも、まあ、色々と運転中に説明してくれたし、エチオピアのかたで、いつも、私自身、エチオピアのタクシー運転手にはお世話になっておりますので、5ドルキャッシュであげました。 DCエリアの空港に帰ってきて、またUBERに乗ろうとしたのですけど、相乗りのオプションしかないような感じでアプリが示したのであきらめました。よく見ると、相乗り用じゃないのを選べるボタンがあって、それはUBERXとありました。オースティンで普通に乗ったときは気が付かなかったオプションで、なぜUBERXとXがつくのか意味不明。ただ、オースティンの領収書が送られてきて、それにUBERXと書いてあったので、あれもUBERXだったのだと納得。 アプリの使い方がいまいち分からない、、、これは慣れてくると思いますが、慣れるほど使うかどうか疑問。 で、普通のタクシーを使ったので、20分程度で30ドルかかりましたが、たぶんUBERなら、少し安かったんじゃないかと思います。 キャッシュを持っているかどうかを気にせずに、クレジットカードで払えるので、楽だと思いました。今後はUBERに乗ろうと思いますが、アプリの使い方がいまいちわかりにくいです(というか、老眼で目が見えにくいので、小さな携帯の画面で、細かいことをするのが最近、面倒なのです、、、現在、私は今月の終わりごろに48歳になりますが、小さなものをにらみつけて、やり方を考えるという作業が昔に比べて、面倒になりっました、、でも仕事でプログラミングなどもしているので、細かいテクニカルなことが苦手なわけではない)。 チップはいらんと宣伝されているし、誰に聞いてもいらんと言うと思うのですけれども、文化的に、サービスを受けて、少し、払わないのも、ちょっと失礼にあたるのではないかという気がします。 ネットでは、やっぱり払ったほうがいいんじゃないかという意見がありました。 普通のタクシーに乗りたくない一つの理由は、たま~に、クレジットカードを手動式で書く形式のタクシー会社があって、以前、その後で、クレジットカードの不正使用をされてしまい、なんか、そういう手動式はあやしいなという疑惑があるのです。 そういう意味で、UBERだとクレジットカードをすでに登録しているので、安心感があるように思います。 出張の後に、旅費の請求を会社でするのに、普通のタクシーの領収書だと、なくしてしまったりとかで、面倒なので、全ての情報がEメールで送られてくるのがよいですね。 さて、初乗りでおりるときの、そのエチオピアからの運転手さんが、「君に5つ星をあげとく」というのです。どうも、運転手側さんも、客の評価をするようです(危ない人を乗せたくないですよね)。私も運転手さんに満点をあげました。実際は、道を間違えて、たぶん3ドル分ぐらいよけいに高くなってしまったものの、自分は、移民の人たちと仲間だと感じているところがありますので、チップもあげて、評価も高くしました。親切に運転中、UBERの説明をしてくれたからです。 アプリを起動しますと、近所にいるUBERドライバーの位置がうじゃうじゃと示されるのですが、私の行動範囲では、まわりにうじゃうじゃとさくさんUBER車がいるようです。タクシーを見つけるより、UBERのほうが簡単かもしれませんね。 皆さんはUBER使用したことがありますか?初乗りのときに、以下から登録していただくと、割引になるそうです(私も、特典がもらえるようです。全世界で通用するのかよくわかりません。アメリカにお住まいのかたは、ぜひどうぞ~…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 先生の動画に出てくるワンちゃんですか?(T_T) 少しでもよくなりますようお祈りしています。