Skip to toolbar

英語喉1秒クイズ ポッドキャスト新企画

英語喉SKYPEセミナー以下から申し込んでください。

http://www.doodle.com/rg3ikbt2ahgdfwyu

皆さんお元気ですか。台風の影響が出ていますね。また3月の地震津波で本当に大変な思いをされている人もまだたくさんいるのですね。

経済も悪いばっかりです。アメリカも雇用状況がよくありません。で、オバマ氏が、金持ちの人たちにもっと税金を払ってもらおうという方向に押してます(お金もちの人たちは、税金率が結構ひくかったりするらしい、、、税金のシステムの細かいルールを利用して、税金をあまり払わないように工夫できるため)。

それを共和党が大反対しております。オバマ氏を批判して、「オバマ氏がクラスフォーフェアに持ち込もうとしている」と批判していました。富めるものと、貧しいもの戦争のように持ち込もうとしているということですが、それに対して、CNNだったか、「戦争だとしても、もう完全に富めるものが勝っていますが、何か?」みたいなコメントをしていて、大爆笑してしまったのでした。

さて、最近、文法に関しての議論やエッセイを読むことがあります。多くの先生が文法の教え方というのを工夫されております。しかし、文法というのは、そんなに難しいのかな?書いてある説明を読めばよいと思ってしまうのは私だけでしょうか?

例えば英語では、SHEやHEのときに動詞にSがつきますね。I WALK,SHE WALKSというのが例です。

これは読めばいいのではないか?などと思ってしまったのでした。

可能だったらCANだとか、それならそうしたらいいだけじゃないのかな???ISの過去はWASとか。

文法を学ぶのに工夫がいるのでしょうか?工夫がいるとすると、40人ぐらい生徒がいて、生徒がいやいやながらやっているとこがあり、そのせいで授業を劇場のように取り扱う必要性がでてくる。いかに、聞かせるか?と。そこで、授業を工夫しないといけないということではないだろうか?

ある意味でそれは英語教育というより演劇に近く(悪い意味ではない)、あるいは生活指導に近い。

<思うに、本でできるから、授業を聞いたふりをする、というのが普通じゃないですかね。結局、覚えたらいいというのがあるし、また試験の前に覚えるのがやはり効果的というのもある。早く覚えすぎると忘れる。クラスの人数を15人ぐらいにしたら、できることが変わってくるんじゃないですか?>

しかし、文法自体は、英語の文法は簡単なので読めばいいんじゃない?と思ってしまうのですが、、、。本に書いてあるので。

でも、結局、私がこう必死に書かなくても、誰もが読んで理解しているではないかな。

複数だったらSをつけるとか、そんなに難しいことなのでしょうか????

今日のCNNのサイトから、一文抜き出してきました。

President Obama also reaffirmed the U.S. support of Israel in an address to the U.N. General Assembly.

文法的にはI ate my bread in the kitchen とそんなに変わらない。REAFIRMにEDつけたら過去形とかぐらいじゃないか?簡単じゃないか?

さて、今日の企画ですが、ぜひ以下を聞いてみてください。

まずは普段のチャレンジャーライブです。MASAさんが、これまでの表現をBLOGで説明してくれていますので参考にしてくださいね。表現をピックアップしてちょこっと説明しています。

[audio:http://nippondream.com/file/challenger_09_21_2011a.MP3|titles=challenger_09_21_2011a]

直リンはここをクリック

[audio:http://nippondream.com/file/challenger_09_21_2011b.MP3|titles=challenger_09_21_2011b]

直リンはここをクリック

次は今日から始まった英語喉1秒クイズです。複数音声ファイルがありますが、一個でも聞いてみてください。英語を1秒聞いてもらって聞き取る練習です。ラジオをちょこっと流して、それを聞き取る練習です。ラジオなので、再生ができませんから、一発勝負ですよ~。

文法の重要性を強調している人たちは、文法をやれば聞き取りができるとかいう考えもあるわけですが、私の考えでは聞き取りと文法は無関係で、英語喉パラダイムにおける聞き取りとはただ音を聴き、たまたま単語を知っていたら理解できるというものです。

[audio:http://nippondream.com/file/quiz_09_21_2011a.MP3|titles=quiz_09_21_2011a]

直リンはここをクリック

[audio:http://nippondream.com/file/quiz_09_21_2011b.MP3|titles=quiz_09_21_2011b]

直リンはここをクリック

[audio:http://nippondream.com/file/quiz_09_21_2011c.MP3|titles=quiz_09_21_2011c]

直リンはここをクリック

[audio:http://nippondream.com/file/quiz_09_21_2011d.MP3|titles=quiz_09_21_2011d]

直リンはここをクリック

 

Related Articles

通勤通学中に聞く、読む、使う (普段はメンバーオンリー記事です)

今日は、公開記事にしました。英語喉実践者のかたで、一緒に、勉強をされたいかたは、登録メンバーになってください! 本日の課題です。以下の文章を聞いて、読んで、太字の単語を覚えて使う(喋る、英語でメールをする、書き込みをする、、、など) Comparing American and Chinese Parents Voice of America’s Special English  28 March 2011 http://www.voanews.com/learningenglish/theclassroom/articles/american_culture/Comparing-American-and-Chinese-Parents-118780719.html [audio:http://nippondream.com/voa/tigermom_article.mp3|titles=tigermom_article] http://nippondream.com/voa/tigermom_article.mp3   Words Eigonodo symbols Meaning Battle Hymn B-a_-T…

英語喉で洋画を見るということ

英語喉SKYPEセミナー以下から申し込んでください。 http://www.doodle.com/rg3ikbt2ahgdfwyu まずは、MIKIさんが、国産ネイティブレベルに到達されているので報告します。 http://www.voiceblog.jp/elchan/m201109.html#1560162 実は、最初のころは、喉ブレーキはとれていたけど、あくびエリア付近にとどまっておられたこと、直接指導でできているにもかかわらず、自分でできているかどうか分からないとおっしゃっていたことなどで、やや不安材料がありましたが、ここまでよく向上されました。 もうひとつの不安材料は、もともとの日本語が非常に硬い感じだったこともあります。 菅原里奈先生のハローボイス、そして天満先生の発音セミナーにも参加され、また私の直接指導も2回経験されました。 どちらかというと最初からスムーズに行かれたのではなかったのでしたっけ?そのあたり、ご報告お願いいたします。 さて、本日のテーマは映画鑑賞ですが、それはこの週末にいろいろと見たということがあります。 まずは、ドライバーという映画です。ちょっと記事風に書いてみました。では、どうぞ! 日本語でドライブが趣味ですという時のイメージでこの映画を見ると腰を抜かすことになる。 主演はライアン・ゴスリン。スタントマンとし、自動車を魔法のように乗りこなす。物静かでほとんどものを言わない(その静けささえ、ゴスリンが演ずるとかっこいいので真似したい!)。腕の良い自動車修理工でもある彼は夜になると、犯罪者たちのドライバーとして、強盗の際の足となる。 パトカーを巻いてしまうテクニックは、警察の無線を傍受しつつ、相手の位置を知る、橋げたの下に隠れる、など、目から鱗!の連続。 隣人の女性を慕うが、その女性の夫が服役を追え、帰ってくるところから、血でを洗う闘争が始まるのでした。 記事終わり 英語のトレイラーです(最初は映画とは無関係の宣伝が20秒ほどあるかもしれませんが)。 後日談 やったもんさんのコメントに対応する形で私自身がこの動画を聴きながら、英語を繰り返してみました。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_09_20_2011d.MP3|titles=kaz_09_20_2011d] 直リンはここです。 英語喉をやったあとで映画を見ると、見所が変わってきます。以前は、字幕、あるいは英語を理解するのに大半のエネルギーを費やすので、細かい部分が分からず、注目するのは、大まかな話のすじだけ。 話として面白いかどうかで映画を判断してしまう。 しかし、英語喉をやってから洋画を見ると、話のラインはどうでもよくなってきます。 場面、場面のかっこよさ。俳優、女優の技量(現実ではありえないことでも、役者の技量で信じてします、、)。人生のいろんなテーマが扱われていることへの驚き、絵として、動画としての美しさ、かっこよさ、、、などなど。 すると、映画の評論家たちが、その映画に星を何個つけているかなんて関係なくなってきます。 例えばこの映画の主人公が、いかに運転するということに優れているのか、、、という点におもわず感動してしまう。自分自身も運転するときに、彼のようにクールに運転したいと思ってしまう。…

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 1秒クイズ、最高です!インタラクティブで参加しながら即座に自分の弱い音、落とした音が分かって刺激的ですね。おまけに語彙までアップするというおまけつき。
    即興であってもリスニング100%の方がどのように音を聴いているのかというのもとても参考になりました。いつもありがとうございます。