ランダム

年末、いかがお過ごしですか。 

天満さんのブログ、ためになりますね。特に、音声で説明があるというのはよいと思います。

クリスマスが終わりました。西洋のクリスマスというのは、クリスマスの日だけじゃなくて、クリスマスに向けて、人々がリラックスし始まる、そのプロセスも含めてホリデーシーズンと呼びます。だから、新年、元旦は、そのホリデーシーズンが終わる日、、、、なので、日本と逆で「これで休みは終わりだ」という雰囲気になります。日本では1月1日といえば、「よーし3日間、ゆっくり楽しむぞ」って感じですね。 

色々と、ランダムに感じたことがありますので、それらを箇条書きにしてみます。

ランダム1 

クリスマスの日はテレビで、ディズニーランドのパレードをぼーっと見ていたんですが、ジェシカ シンプソンという歌手が、ハーレムの合唱隊をバックにクリスマスソングを歌っていました。GLORYという単語を連発する部分があるんですが、ものすごく大きい口をあけて歌うジェシカも、同じく大きな口をあけてうたう合唱隊も、Lのところで舌を口の屋根につけていませんでした。以下のビデオを、素人の人がとったものなので、口の中は見えませんが、雰囲気だけをお伝えするために、引用します。いろんな要素がからんで、そういう結果になったのだと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=iYjKRtQ7HmU

ランダム 2

EXODUSという単語を発音したときに、え?とネイティブに言われました。Oのところを間違ってOで発音したからです。本当はOのところは、u_でないといけません。もっと面白かったのは、Oと思って発音すると、抑揚が自然とOのところに来た感じになるんですが、正しくu_で言ってみると、自然と日本人の耳には語頭にアクセントがくるような感じに聞こえます。発音を正せば、自然と、抑揚が勝手にネイティブと同じになる、、、というのは、知っていたけど、この例で再確信・感心しました。

ランダム3

WASHINGTONのTONのところですが、これは発音はKISSのIと同じですね。つづりがOなのに、発音はi_。本当につづりと発音の関係はあてにならない、、、という良い例です。英会話は音から入るのがとても大切だと思います。子供はそうやって言語を学びますが、それと同じですね。

もうすぐ新年ですが、よいお年を。

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

3 thoughts on “ランダム”

  1. KAZさん、お帰りなさい。
    ブログを紹介していただいて有難うございました。

    Lを上顎につけずに出す人がいるというのは興味深いですね。結構、ネイティブの人達は“エエ加減”に喋ってるんですね。まぁ、この“エエ加減”というのも従来“正しい”とされてきた発音のしかたと比べてという話であって、発音の仕方って元々人それぞれなんでしょうね。

    日本人が日本語を話すときも、同じ音でも人によって微妙に出し方が違ってることがありますから、英語も同じということでしょうか。

    同じ人でもゆっくり喋るときと速く喋るときでは調節の仕方が違いますよね。最近、速く喋ることに興味があるんですが、そういう意識で聴いてると、thの音なんて、消えていることが多いように思います。

  2. てんまさん、どうもコメントありがとうございました。てんまさんのBLOGで、音声をつかって説明されているのは、とてもよいアプローチだと思いました。

    「エエ加減」ってのは、本当ですね。昔、ネイティブが、英語はええかげん(LAZY)なとこがある、、、とよく言っているのを聞いて、「うーん、やっぱりネイティブは自分の言語を客観的に見れないんだなあ、、、」とちょっと自己満足に浸っていたことがありますが、ふたを開けてみると、本当にLAZYだった、、、というのは目から鱗どころか、魚が出てきそうになります。

    速く喋ったり、ラップしてみたり、色々、面白いですよね。発見があって。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.