Skip to toolbar

帰国子女を超える語学力を

英語のほうが日本語よりもマスターしやすいと思います。日本語は方言があったり、尊敬語があったり。

帰国子女は外国語はネイティブになるのですが、日本語力でドメスティック日本人よりはニッチな部分が分かりにくのではないかと思います。例えば方言などはお手上げかもしれませんね。

その場合、以下の方程式で表される語学力においては、ドメスティック組のほうが帰国子女を上回る可能性があります。

(日本語力+英語力) 割る 2

英語喉で英語力を大幅にUPすれば、このスコアは帰国子女のスコアより上回ることでしょう。

日本語が非常に難しい言語なので、日本で育っていないと分からないことがたくさんあるからです。

ドメスティック日本人で日本語がすみのすみまで分かり、そして英語が普通レベルで話せる、、、
VS
英語がペラペラで日本語は敬語などが不得意、、、

どちらが、労働市場で高く評価されるでしょうか?????

Related Articles

英語喉スカイプ指導をしようと思った理由

なぜ有料スカイプ指導をしようと思ったかだが、、、いや、それ以前に、なぜこれまでしていなかったかというと、ワシントンDCで週末などに、直接教えるというのが王道と思っていたからだろう。 しかし、これからも続けるであろう音声ファイルによるアドバイスなどももちろん有効だと思うが、直接、がつんとやったら話が早いということも思い出したからだ。 それから、このあいだ、他の週からの8時間の運転で駆けつけてくれた方は、すでに英語喉歴が短くなかったのだけど、直接の指導で、そのレベルからまた上にUPできたということがうれしかったというのもある。 スカイプ指導をすると、それなりにすでに英語喉を信じてくれている人に教えることになると思うが、その場合、感動の度合いが深いようにも思う。 耳の不自由なアメリカ人少女にジーナが英語発音を教えていることは、産経新聞さんに取材してもらったとおりだ。あの取材のときもそうだが、私が感動するのは、耳が不自由なはずなのに、マケイラさんが、実際、正しく出来ているときに、素晴らしいスマイルをしてくれることだ。その素晴らしいスマイルの瞬間も産経新聞さんが写真で紹介してくださった。 最近、すでに英語喉をある程度知っている人に教える機会が多く、その場合、感動を共有できる度合いが高い。 そういう意味で、やってみようと思ったのでした。 しかし、有料セミナーを教えるからといって、これまでのボランティア精神がすたれたと思われては困るので、手をゆるめないぞ! さっくんさんからメールで英語喉BLOGを始められたという報告を受けた。さっくんさんも、伸びてますよ!URLは以下です。 http://sakkun.edoblog.net/

英語ができないから国際競争力に問題が生じているのでは?

やっと、スマートフォンを買いに行きました。今週中にゲットできそうです。在庫がなかった。 http://blog.with2.net/rank1932-0.html チョイスは、事実上、I-PHONEか、SAMSONGかでした。だって、日本製品が店(VERISON)に置いていないから。 ソニーとか、パナソニックとか、シャープとか、どうなってしまったんでしょうか? 70年代、80年代は、日本の経済力に力があった。と、同時に、当時から日本人は英語が不得意だったのだと思うのですが、誰も、日本人の英語力と経済の関係を問う人はいなかった。 その反動で、今日でさえ、日本人の英語力のせいで経済が振るわないと考える人はいません。 ところが、もしかして、サムソンが強いのは、韓国人の英語力、コミュニケーション能力じゃないか?などとふと思ってしまいました。 海外のCONSUMERの好みを知るには、現地の人の文化を知る必要がありますが、日本人は、自分達の都合のいいように、外国の文化を理解しがちのように思う。それは、日本人同士だけで、日本語で、喋っているからだと思うのだが、例えば、アメリカの食事は大味でまずい、、、とか、、。 しかし、気づいてみると、アメリカの食事もうまいものがたくさんある。 アメリカ人と行動していれば、アメリカの料理をアメリカ人風に食べることになるが、すると、うまい。 レストランなどで、ウェイターさんに、色々と質問をして、おいしいものにありつく、、、のだが、そういうのをするには、英語ができないと無理。 最近、思うのだが、もしかして、例えばマスメディアの人たちが海外で、本当に英語を通じて報道しているのだろうか?もしかしてCNNとかニューヨークタイムス読んで、まとめているとかじゃない?だって、聞き取りができなかったら、どうやって、海外で取材できるの? 強く発音されたどこだけに聞き耳を立てるとか、そういう方法では、事実上、仕事ができないと思う。 海外にたくさん、日本人がいるけど、仕事になっているのかな~??? シカゴ大学時代に、政府関係で留学してきていた人だって、英語が聞き取れないといっていたし、それで、政策関係のクラスを2年とっても、縦走回帰分析の結果が読める程度になったとおっしゃっていたけど、それは日本でもできる。 もしかして、中国人は、英語力、コミュニケーション能力を生かして、世界の機会をゲットしているのではないだろうか? 国内のビジネスだとコミュニケーション能力を問うのは、当たり前だが、世界のビジネスとなると、なぜか、まさか、英語能力、聞ける能力については、表面的には問題視されないように思う。 しかし、英語力が問題視されないのは、その日本人が、外国人に金を渡す立場にあるからじゃないかな。金をもらう立場になる場合は、コミュニケーション能力が大切になるのじゃないかな。 日常生活で全然英語がパーフェクトじゃないから困らないというのは、それは、外人に金をばらまく立場にある場合だと思うのだ。 太平洋戦争前の交渉など、英語が聞けずにどうやって交渉したのだろうか?と考えると泣けてくる。

バイリンガルの人に

あるバイリンガルの人に喉発音の説明をしてみた。喉から発声しはじめたら、周りの反応が変わったと。 あんまりピンと来られなかったようだ。一つは、別に自分の周りにも英語ができる日本人はいる、、、という反応。もう一つは、WHATEVER WORKS FOR YOU、いいんじゃない?という反応。 ま、この言葉の背後には、あなたには、たまたま効いたんでしょうが、他の人には効くとは限らない、、、ということ。 ご本人も英語を外人発音・喉発音で話している、、、のに、なぜ自分が喉発音をしていることが分からないのだろうか? 観察力の欠如だろうか。 いや、このことについて、考えておられないのだと思う。 突然、声を変えたら英語がうまくなりましたと言われてもね。 代わりに語学学習には目的意識とか、話す内容が大切、、ということだった。 確かにそれは正しいのだが、あまりに説教くさくないだろうか?語学に取り組んでいるのはたくさんの大人だ。 大人に対して、目的意識が大切ですとか、あるいは、内容が大切ですとか、、、。 大きなお世話じゃないだろうか? それは相手の人格を攻撃しているということであり、同時に、そういうつもりはないと思うが、自分は内容的に高度なことを言っているという無意識。 英語ができない人は、目的意識がなく、だらしなく、アホで、内容なし、、? そんなことはありえないと思う。 無意識だと思うが、説教臭すぎる。 そこで思ったのだが、そもそも、私がたまに、そういう人にわかってもらおうと思うのが時間の無駄なのかもしれない。 そんな時間があれば、一人でも多くの実践者のほうに目を向けたほうがまし。できなかった人ができるようになる瞬間を大切にしたいものだ。 ただ、正直な話、こういう人たちに、あの時に言ったじゃん?と将来言ってやりたいような気持ちはあるw。多くの日本人が英語喉で英語が普通にできるようになったときに。 日本人が英語が普通にできるようになれば、バイリンガルの人よりも日本語ができるだろうから、日本人の英語話者のほうが、HUMAN CAPITAL的価値が上になるだろう。 現状では、ただ、英語がネイティブなだけで、いい仕事につけている部分があると思う。 英語は発音できて、聞ければ、意外と習得が楽な言語である。日本人が英語が普通にできれば、日本語と英語が両方できるということになる。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.