見えそうで見えないもの なぜアメリカの高校は4年なのか?

皆さん、アメリカの高校は4年であることが多いのですが、なぜだと思いますか?

州によって違ったり、学区によって違ったりしますが、バージニア州では

小学校は6年、中学校は2年、高校は4年です。

日本人の感覚では、6-2-4は変ですよね。日本では6-3-3です。

でも、こう考えてください。大学は4年ですよね。だからそれと高校が同じなのです。

となると、5-3-4-4ですから、なるほど、MAKE SENSEです。

いかがですか?変じゃないですよね。Freshman, Sophomore, Junior, Seniorという呼び方も高校と大学でアメリカでは同じなのです。

Related Articles

「英語教育の明日はどっちだ!」松井孝志氏の三省堂英語教科書クリティークのレビュー

ブログ「英語教育の明日はどっちだ!」の松井孝志氏が、三省堂さんの英語教科書の内容をクリティークされていたので、実際の素材を見てみると、松井さんがおっしゃっているほど、悪くないと思ったので、三省堂さん擁護というわけではないけれど、クリティークのクリティークを試みてみます。 松井孝志氏のエッセイはこちらです。 http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20150830 三省堂さんの教科書の原文はこちらです。 https://www.sanseido-publ.co.jp/publ/kyouzai/h-english/sample/jeng_marumaru_samplecyoubun.pdf まずは1段落め Very young children often like to help their parents do housework. Many of them like being with their parents,…

当サイト内、「英語喉会議」で近日中、英語喉最大のコツを発表

皆さん、当サイト内の「英語喉会議」というフォーラムで、例のコツを発表しますので、ぜひ登録メンバーになってくださいね。 登録すると、お互いにメッセージができたりしますので、きっと英語喉実践者としての意識が高まっていい感じです。 また、外国人メンバーもいて、きっと英語と日本語を教えあったりできると思いますよ。 この最大のコツに関しては、現在、KAZY氏の回答まちです。 KAZY氏に一体、このコツが何かがGUESSできるか、、、な? ヒントですが、実は、もう英語喉に書いてある、、、というか、ジーナに言ったら、最初から言ってるではないか?という感覚でした。 確かにそうです。 なぜKAZY氏にGUESSしてもらっているかというと、KAZY氏の英語では、このことが全くされていないからです。 そして、このことを実践すると、またたくまに、完全ネイティブ化してしまうでしょう。 私は緊張したときに、これができていませんでした。 このコツが分かったおかげで、な~~るほどと思えることがあります。 私がとっても不思議だったことのひとつに、英語喉をお知りになったあとも天満さんがコピーイングということを推奨されていました。これは、え?と思ったんです。それは、英語喉があるのに、なぜコピーイング??? 今考えると、な~るほど、これをコピーイングすれば、たしかに、私の言っているコツが目指すものは達成されます。 RONさんもそうです。英語喉をお教えしたのに、シャドーイングを熱心にされていました。え?英語喉があるのに、なぜシャドーイング?と思ったのです。 なるほど、シャドーイングによっても、このコツが目指すものが獲得できます。 生意気に聞こえるかもしれませんが、、、今回のコツを紹介すると、天満さんのコピーイング、そしてRONさんのシャドーイングも、ますます、光ってくるかもしれません。 すでに楽しいものでしょうが、も~~~っと楽しくなりそうです。 相反するものではないのです。 逆に、相乗効果が出てくるでしょう。 また、MASA氏、KAZY氏の方法である、実際に喋る、、、という運動にも、さらに磨きがかかります。 これは私がコツを数日前から始めただけで、私の同僚たちが、さらに親密になったのでした。 2日前、それほど親しいというほどでもない同僚が、「カズさん、タイのデザートなんて好きですか?私つくったんですが、食べてね」と言って、そのデザートをくれました。 その後、新人が入ったので、私のオフィスに来て紹介してくれました。若手の女の子が3人来て、私の感覚では、この退屈なおっさんは10秒ぐらいできりあげて、次、行こうか、、、って感じだと思うのだけど、今回のコツを楽しみながら、英語をしゃべっている私に反応したのかさろうとしない。 さらに、昨日、いつもは、そんなこと言わないように思える同僚が、今年は一緒にいろいろやろう、、、みたいな感じで、言っていた。私の英語に反応したのではないか、、、 人がすんなり去らないのです。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. オレゴンでは、5-3-4-4でした。同じ小学校に通っていた兄妹が別の学校に通いました。ところで、バージニア州で思い出したのですが、民主化教育転換ということで昭和20年代の学校教育は1930年から40年のバージニアプランを採用したといわれています。