フランス語

近所の子供がアフリカからの移民で家族ではフランス語を話しているということで、フランス語を話した。

なんとなく、スカイプ会話講座かなどで頻繁にフランス語を話す練習をすれば、うまくなりそうな気がした。

その子にアイスクリームを買ってやったら、ありがとうといっていたので、どういたしましてはフランス語でどういうの?と聞くと

だりやん

なるほど、これはDe rien (it’s nothingという意味だと思う)なのだなと分かった。

綴りだけ見ているとYがあることが分からない。自分は英語喉のおかげで、聞き取りができるので、フランス語は音として頭に入ってくる。だから、勉強しやすいように思う。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

スペイン語とかフランス語でも

喉実践者のSさんがスペイン語も勉強されているということなのだが、これまた喉で発音し3ビートをやっているとうまくいく、、、ということで、順調に勉強がすすんでいる、、、ということらしく、うれしく思った。

口発音パラダイムで最高級の英語を観察することで口発音パラダイムの限界を考える

昨日、初めてパックンがでてくる、英語で喋らナイトという番組をNHKで見た。で、思ったのは、あの番組は、パックンの日本語がものすごい、、、というのがポイントだということ。日本で育ったのだろうか?いや、第2言語として日本語をあそこまでやったのか?もう一つ感じたこと。

音楽と英語

小学校に入る前から、音楽教室というのに通った。母や、おじいさんにバイクか自転車で送ってもらっていたと思う。記憶は薄いのだが、オルガンでメリーさんの羊だけは弾いたが、その最後のときに、先生が、「メリーさんの羊しか弾かなかったと指摘したような記憶があり(本当かどうかわからん)、え?でも他の曲弾けと言わなかったのに、、、と5歳ぐらいのときに思ったような気がする。グループ指導だったのだが、子供にとって、文字通り、他の曲も弾いてと言われないと分からない。

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.