KENJIさん、母音UP(LESSON6,7,8)

http://eigonodo.seesaa.net/article/139867632.html

コメントです。まだ、先に出てくる項目も含まれますが、とりあえずコメントしました。そこまでで学んだ母音についてコメントがでなければ、パーフェクトだったと理解してください。

LESSON6

THがZA、DA,DAになっています(出てくる順番)。

WATERのTERができていませんが、これはまだ勉強されておりませんね。

WILLのWはゲップエリア発音に、Iはi_ですが首の根元です。

その他はパーフェクト!

LESSON7

USEのZがちょっと違います。息=音が一瞬とまったような音になっています(日本語のDみたい)。実際はせきとめられない音です。何回か聞いてみて確認してください。

DAD、HAS、FATのAが違います。首の根元で。THAT,MADとCATのところはできているので、同じ音を使ってください。場所によってできていたり、できていなかったりする理由は直前の子音に影響されたりするのかもしれません。ゆっくりあせらず読むのがコツです(実際アメリカ人は、普段から、結構、ゆっくり喋っていますよ。従来の方法で、イントネーションが大切だとか、細かいことより、全体のリズムがどうのこうのと言っている変なアプローチの影響で日本人は、あせりすぎる傾向があると思います。映画フォレストガンプのガンプさんぐらいのスピードで練習するとよいかもしれません。あ、これは一般的アドバイスです。)

LESSON8

i_のところ、もう1センチぐらい深くなりませんか?Iと i_の違いが、よく出ていません(音色もまねてくださいね、、、実は、下の録音をとったとき、最初のところでお手本を示したのだけど、まちがってただ単にIをゲップエリア発音してしまっていました。私自身が。そこの部分をあせってカットしたので、最初のところにあった挨拶などが抜けていて、コンテントがいきなりはじまります。つまり、ゲップエリアにしたら自動的にIが i_になるわけではありません。)

ゲップエリアのマスターが課題です。すでにできているTHATあるいは、MADのときのa_を聞いてみてください(LESSON7)。その深さでi_を発音します(できれば、もっと深く)。

全体的には、よくできていますよ。いい感じです。きっと国産ネイティブになれます。

さて、音声による指導はこちら(i_をマスターするためのコツを指導。すでにできているa_を手がかりに。

www.estat.us/blog/kenjiadvice.wav 

喉実践者の皆さん、ぜひコメント、アドバイスなどお願いします。

Related Articles

英語喉同志3人のかたにコメント

NASUさん  UPされたゴア氏スピーチの音声を聞きました。 http://nasu500.seesaa.net/article/141133198.html 音声によるアドバイスです。BLOGのほうに貼ったのと同じ路線ですが、詳しく取り直しました。秘訣は、自分の声をしっかり聞き、声をコントロールするということです。音声はこちら。課題は、CHOPPYになることなく、また口発音になることなく、いかに明瞭さを出すか、、です。 www.estat.us/blog/nasusanfeb2.wav KENJIさん 音声のほう聞きました。いい感じでマスターされています。 http://eigonodo.seesaa.net/article/141101229.html さて、まだ母音のところだけをされたのですが、子音も全部コメントしますが、まだカバーされていないところがあるので、あまり気にしないでください。 www.estat.us/blog/kenjifeb.wav   HIYOEMONさん いい音色です。これなら、どんな発音でもできます。 http://blog.livedoor.jp/hiyoemongoodjob/archives/51483922.html これは音声によるコメント www.estat.us/blog/hiyoemon.wav MIXIメッセージをくれたかたがおり、どうやったらBLOGなどで音声をUPできるかという質問があったのですが、前、天満さんがどこかに書いておいてくれたような、、、どこだったかな。 新しい情報がありましたら、教えてください。音声ファイルのとり方自体は、NKJMさんがこちらで説明されています。 http://nodo.edn.jp/bentobox/ UPしているのに、コメントがもらえておらんという状態のかた、ご連絡を。  

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。 http://audioboo.fm/boos/394083-masa-radio-talking-to-cheerful-yuyu http://audioboo.fm/boos/394141-masa-radio-talking-to-emily-again また、タイの日本語教師さんが、英語ができなかった中国人の人が短期間で英語ができるようになっていくのを目撃されているのが面白い。あと、http://thainihongo.seesaa.net/article/211369507.html に書いてあるのだけど、聞くことができるようになったら単語が自分のものになるスピードが速いとあるが、これは本当だと思った。 聞き取りが出来ないと単語の暗記は単語集とかに頼ることになる。あるいは読んでいて字として勉強する、、、まあこれは普通日本人が中学高校とやることだ。 しかし聞けるとテレビなどをぼ~と見ていても、単語を覚えることになる。 そういえば、私は英語喉前からアメリカ英語がそれなりに聞けていたが、辞書はもう20年ぐらい調べたことがない。耳で聞いていて、何回か出てきたら、なんとなく覚えてしまう。人の顔をおぼえるのと一緒だと思う。 やったもんさんもSKYPEで英会話をはじめられたようだが、とてもよいことだ。 さて、最近、電車通勤を週3回ぐらいはするようにしている。電車だと行きと帰りで10ドルぐらいだ(800円ぐらいか)。会社から一ヶ月に50ドルの手当てが出るのと、あと、税金の控除になるので電車は経済的だ。 自動車だと今1ギャロン(4リットル?)4ドル強だ。往復でおそらく2ギャロンぐらいかかるので8ドルぐらいかかる。だから自動車のほうが微妙に安いけど、電車のほうが補助が出るのでやっぱり安い。 駅から会社まで5分ぐらい歩いていたら、若い社員の男女が話をしながら歩いていた。自己紹介をしている。最初はどんな英語文法を使っているかと思って聞いていたのだけど、男性のほうの内容を盗み聞きをしてしまった、、、。 なんでもハーバードのプログラムである外国の学生たちと会議をしながら交流をするプログラムだという。 どこの国か、言わなかったのだが、それはきっと、最初から日本だというと、相手の女の子に、「この人は、きっと日本に行って、日本の女の子達にもてまくった類ね、、、」と思われるのがいやで、どこの国かは最初から言いたくないのかな、、、と私は思った。 そのプログラムは素晴らしく、その国の学生達と、エネルギー問題、国際情勢などについて話したという。 そして、アメリカ人とその国の若者たちとのネットワークができて、あとでその国を旅行したりとか、あるいはビジネスの話をしたりとかで、素晴らしい経験になった、、、。 このあたりで、私は、ありゃ、あの「日米学生会議」だと思っていたが、違うのかと思い出した。 <日米学生会議出身の友人がいるが、英語喉を紹介したら、「ネイティブのように喋る必要はない」で話が終わっている。> だって、日本人の大学生がこんな素晴らしいネットワークを気づくような関係になれるはずがないと思ったからだ。口発音では、そもそも相手の言っていることが分からないし、通じないし、また冷たいイメージになるから、友情を結ぶのは難しい。 先日もJETで2年間も日本に住んでいた元同僚が、「日本人の友達がいない」と言っていた(中国人や韓国人の友達はいる)。 英語喉をまだ知らないだろうからだ。…

うめこさん+喉1号さん+喉すけさんへのアドバイス

うめこさんのサイト http://73417248.at.webry.info/201006/article_4.html 音声によるアドバイス(2つのファイル、内容が違います) www.estat.us/blog/umeko_1.wav www.estat.us/blog/umeko_2.wav 今のところ、シラブルシラブルを元気よく(?)発音しすぎている感じなので、練習としては、ダラーとした感じがよいです。「異星人を呼ぶための呪文」ぐらいのつもりがよいでしょう。そうすることで、イントネーションとか、強く読むとかいう考え方をとりあえずせずに、発音に専念します。 あとi_の発音で、その前にくる音が何かで、出来具合が違うことがあります。普通IF(前に何もこない)で発音するとうまく行く人が多いです。KISSの場合、Kで口発音になってしまい、その影響でi_が成功しにくい人がいます。 喉1号さん http://nodo1gou.at.webry.info/201006/article_4.html 音声によるアドバイス(2つのファイル、内容が違います) www.estat.us/blog/nodo1gou8a.wav www.estat.us/blog/nodo1gou8b.wav 子音のときに、口発音っぽくなっているので、ゲップエリアが定位置からずれているのだと思います(シラブルとシラブルの間で)。それが安定しない理由だと思います。もう少しです。舌の力を抜くこと、それから口の屋根につけるとき、角度を工夫してください。つけるぞーというかんじでなくて、え?ついた?つかない?ぐらいのレイジーさでつけます。   喉すけさん http://nodopractice.seesaa.net/article/152367436.html 課題は明瞭性です。子音を口発音しまいとして、その結果、子音が明瞭に発音されていません。ですが、喉発音自体は、かなり深いところまできていて、方向性はあっています。今後の課題は、全体的、そして特に子音を、口発音になることなく明瞭に出すことです。 音声によるアドバイス www.estat.us/blog/nodosuke2.wav  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. アドバイスをいただき、ありがとうございます。
    英語喉実践者にとりまして、直接のアドバイスをいただくほど励みになるものはありません。

    >ゲップエリアのマスターが課題です。

    はい、そうです。例えば、i_だけを発音するのはできても、単語や文章として発音するとなると、他の音に影響されてうまくできません。

    このへんは、着実にマスターしてから進む方が良いのでしょうか?それとも、ある程度練習したら次に進んだ方が良いのでしょうか?

  2. i_、あるいはu_のどちらかをとりあえずはできておいて進むというのがよいかもしれません。それらのどちらかができていれば、他の音でやっかいなのはTHぐらいではないかと思います。

    風呂などでの、発声練習などもメニューに加えるのも良いと思います。

  3. ありがとうございます。
    しばらくは、i_の練習に勤しみたいと思います。

  4. これまで色々と教えさせてもらいましたが、日本人の場合、なぜかIFという単語が練習しやすいようです。直前にどの子音が来るかで、できにくくなるみたいです。

    まずIFを練習材料にして、発声練習をする、、、というかたもいらっしゃり、そのことを教えてもらいました。