元々の日本語の特徴を理解することの重要性

バイリンガールのチカさんの企画で、マイクロソフトで働く鵜飼さんがインタビューを受けていましたが、これを見て、まず私とか英語喉実践者が聞こえるのは、帰国子女(元々長崎出身)チカさんの日本語の発声と、鵜飼さんの日本語の発声が、標準語のものではなくて、西日本のものだということです。

特徴は、息の流れと同時に(シンクして)、音程が落ちていることです。これがあるから、外国人と息のあった会話ができます。なぜならば外国人が聞いて、どこで発話が終わるかが予測できるからです。

タイトルは英語より大切なものとは?とありまして、簡単に予測できることですが、積極的に発話するとかそういう、何十年も言われていることが、またしても紹介されるわけです。

<積極性が大切ならば、誰でも、英語で働けるはずです。でも、積極的な日本人でも、英語で積極的になろうとしても、外国人のほうが無視してしまいます。発声が甲高いと、英語が通じにくいので。>

実は英語より大切なものは、喉発音ということ。喉発音をしていて初めて、外国人が、同じ文化システムを共有する人間だと(無意識のうちに)認知するからです。

喉発音をしだすと、積極的でなくても話を普通に聞いてくれるようになります。気がついてみると、積極的でない人類は何億人もいますから、普通のことです。

 

 

逆に西日本発声と東京発声が対比が聞けるのは、この動画です。東京発声の特徴は、スピードが速いこと、甲高いこと。自分は日本人なのに、この速さで日本語が話せません。

鵜飼さんのほうの日本語は、内容を無視しても、どこで終わるかが感覚的には分かりますが、高橋さんのほうは、どこで終わるのかが分かりません。

 

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

One thought on “元々の日本語の特徴を理解することの重要性”

  1. 東京の方の発音との対比をありがとうございました! ちかさんも 鵜飼さんも言葉はハキハキ切っておられるので喉発音だと気づきませんでした(≧▽≦) まだまだ修行が必要です。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.