Skip to toolbar

Related Articles

英語喉 無料 動画講座

まずは人気投票にご協力を。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 レッスン1 https://www.facebook.com/photo.php?v=257346711048053 レッスン2 https://www.youtube.com/watch?v=dhVfTnzLmCc レッスン3 https://www.youtube.com/watch?v=uzIYiOo4WrM レッスン4 https://www.youtube.com/watch?v=y8ynLBun46c&feature=plcp レッスン5 https://www.youtube.com/watch?v=sQFeQKZIdBY&feature=plcp レッスン6 https://www.youtube.com/watch?v=F4QpA8NTl_E&feature=plcp レッスン7 https://www.youtube.com/watch?v=xFwpUh7sbxg&feature=plcp

気持ちは分かる メソッド色々(YOUTUBEより)

個人的、喉的にはこれ(1番目)が一番面白かった(前にも紹介した?) * 「L」 と 「R」 発音練習(ネイティブ) http://jp.youtube.com/watch?v=MoS1pSf3SBw&feature=related こーら、喉の響き、その場所の違いやないかい。本人も口のことはよくわからんと認めている。犬がうなっているような感じだったらRRRRで、そうじゃなかったら(ややクリアな感じ、口の中にフタがしまってそれが開く感じ)Lというのがよく分かるねえ。これ、すごく分かりやすい。皆さん、分かる?これは面白い! *************************** 片岡昇 ケンセイ・メソード英語発音講座 抜粋 http://jp.youtube.com/watch?v=b2pbYqwkoc8 舌は寝転んだまま、、、というニュアンスは確かに間違ってはいないが、やはり口にこだわりながらも、ややええかげんに説明しているそのノリは非常に真実に近い。できたら、英語を話しているところを見たかった、、、。   **************************** 英語発音指導の専門家「スギーズ」先生 http://jp.youtube.com/watch?v=3zgm9RCLW0E&NR=1 I was only a kid then は7シラブルなのに、6シラブルになっている(先生、Aを忘れています、、、というか弱く読むという指導の弊害?あいまい音は弱く読むという指導はよくない。弱く読んだら聞こえないぞ!) でも結構、スムーズで英語の流動性が出ているのはアクビエリアあたりを使って発音しておられるからだろう。首の根元で同じことをやるとネイティブと同じになりますよ。 **************************** コウイチさん(ネイティブ?) http://jp.youtube.com/watch?v=NkzfeWhWyPo&feature=related こーら、喉の響き、その場所の違いやないかい。熱意は買う。口を気にしすぎて、音がこもっているから分かりにくくなるけど、口のコモリを無視して、喉のあたりの響きを意識して聞いてみて。Lはクリア、RはRRR(犬のうなりみたい)だということが聞き取れる。   ***************************…

元々の日本語の特徴を理解することの重要性

バイリンガールのチカさんの企画で、マイクロソフトで働く鵜飼さんがインタビューを受けていましたが、これを見て、まず私とか英語喉実践者が聞こえるのは、帰国子女(元々長崎出身)チカさんの日本語の発声と、鵜飼さんの日本語の発声が、標準語のものではなくて、西日本のものだということです。 特徴は、息の流れと同時に(シンクして)、音程が落ちていることです。これがあるから、外国人と息のあった会話ができます。なぜならば外国人が聞いて、どこで発話が終わるかが予測できるからです。 タイトルは英語より大切なものとは?とありまして、簡単に予測できることですが、積極的に発話するとかそういう、何十年も言われていることが、またしても紹介されるわけです。 <積極性が大切ならば、誰でも、英語で働けるはずです。でも、積極的な日本人でも、英語で積極的になろうとしても、外国人のほうが無視してしまいます。発声が甲高いと、英語が通じにくいので。> 実は英語より大切なものは、喉発音ということ。喉発音をしていて初めて、外国人が、同じ文化システムを共有する人間だと(無意識のうちに)認知するからです。 喉発音をしだすと、積極的でなくても話を普通に聞いてくれるようになります。気がついてみると、積極的でない人類は何億人もいますから、普通のことです。     逆に西日本発声と東京発声が対比が聞けるのは、この動画です。東京発声の特徴は、スピードが速いこと、甲高いこと。自分は日本人なのに、この速さで日本語が話せません。 鵜飼さんのほうの日本語は、内容を無視しても、どこで終わるかが感覚的には分かりますが、高橋さんのほうは、どこで終わるのかが分かりません。  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 完全に喉発声です。ちかさんと声の出し方が同じだというのが良く分かります。
    英語が対して出来なかったのに、MSに入れて、ここまでこれたのは喉発声で言っている事が通じたからだと思います。
    もちろん彼はスキルと経験もあったからこうなったわけです。
    でも、話は「パッションが大事」という結論になってる。これを見て「そうか、パッションがあればいいんだ」と思ってしまってはいけません。
    英語が通じるだけではダメですが、パッションだけでもダメだと思います。

    1. まさにこの点が聞こえるかどうかですよね!
      >ちかさんと声の出し方が同じだというのが良く分かります。

    2. listerさん、動画のご紹介ありがとうございます! そっかぁ ちかさんも喉発音だったんですね。 言葉自体を聞くのではなく文章全体をだーーーっ、と話しているかが大切なんですね。 とても勉強になりました。ありがとうございます!