発音をネイティブに近づければ、英語が勉強しやすく

おそらく99%の人が発音は最後の仕上げで、1%の人は最初の一歩と認識していると思います。

なぜ後者の1%が正しいかについて書いてみます。

REALLYというよく使う単語があります。形容詞はREALです。

99%の日本人英語学習者は

リアリー

リアル

と言う風に覚えていることでしょう。

リアまで一緒ですね。

さて1%の英語学習者は以下のように覚えています。

RIL (あえてカタカナで書くとリールと言う感じ)

RIL-LIY (あえてカタカナで書くとリールリー)

この場合はリールまで同じです。

後者の覚え方をしている人にとっては、RILという形容詞にLYをつけたのがREALLYなので、その他に大量に存在する形容詞と副詞の関係と全く同じになります。

Beautiful –> beautifully

英語ができる1%にとっては、REALLYはRILでしかなく、それにLYをつけたのがREALLYですから、REALLYを暗記する必要がなく、覚えることが少なくなります。

発音をネイティブに近づければ、英語が勉強しやすくなるのです。

 

 

 

 

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.