飛鳥さんの歌唱 シラブルの中の抑揚、響きのうねり、音色の変化を聞いてみてください

飛鳥さんの歌唱 シラブルの中の抑揚、響きのうねり、音色の変化を聞いてみてください。

柔らかい感じがする歌唱力の理由が、ここにあるのでは?

発想の転換をお願いします。飛鳥さんの表情は大きい声をだすために、ああいう顔になっているのではなく(苦しそうな顔ではなく)、音節内に表現を与えていると、ああいう顔になってしまうと(音の豊かさを放出している顔)。

 

 

アンジェラさんも。音節内のやさしい音色のうねり。

Related Articles

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. なるほど、シラブルの中のうねりってとっても大切なんですね。気を付けて練習してみます。