デーモン小暮 VS 帰国子女アナ

どちらも喉発音。デーモン氏の英語の分かりやすいこと!

http://www.youtube.com/watch?v=BdrGtZn9w64&feature=related

新しい喉標語(電柱に張っておきたい)

(英語ネイティブは)物好きで、声変わり中の「がまガエル」のような声を出しているわけではない!

おまけ:日本語をしゃべっている英語ネイティブの例(喉発音のままで日本語は発音可)

http://www.youtube.com/watch?v=8H3X5O6IG3U&feature=related

さあ、皆さんご一緒に!

英語ネイティブは物好きで、声変わり中の「がまガエル」のような声を出しているわけではない 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

2 thoughts on “デーモン小暮 VS 帰国子女アナ”

  1. なるほど、ベニさんですね。しかし、J-MELO(NHKの海外向け日本の音楽紹介番組)は、特に女性の喉発音のお手本の宝庫ですね。

    あと、そこからたどると(リンクがたくさんあります)、なぜかたくさんのアイススケートの選手のインタビューがでてきますが、みんなお上手ですね。

    浅田さん(帰国子女?)
    http://www.youtube.com/watch?v=hUcFZa4XlUE&feature=related

    安藤美姫(帰国子女ではないことはわかるが、結構、通じる英語。ゲップエリアを意識すると、もっとよくなる)
    http://www.youtube.com/watch?v=r5xfqzQlMGw&feature=related

    高橋大輔(すでに、結構うまいが、ゲップエリアとアクビエリアの区別を意識すると、もっとよくなる)
    http://www.youtube.com/watch?v=pzolemFdDwU&feature=related

    これは、海外でのトレーニングが多いからうまいのか、あるいは、海外に行く人のなかでも、英語が通じる人がうまくなるという要素があるのか(いいかえれば、英語ができないから、うまく学べない可能性もある。)

     

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.