日本の教育制度のパラダイム

日本の教育制度のパラダイムは

生徒
知識

というのがあって、生徒が知識を学習するというパラダイムだと思うんですが、そうじゃなくて

生徒
知識
生徒が人間としてすでにもっている適性

と言う風に3つ想定したほうが良いのではないかと思うのです。

数学という科目の場合は、適性がすでに自明的にじゃなくて、こっそりとすでにこれが機能しているように思います。

体育では当然でしょうか。

文系科目の場合は、機能していない気がする。

英語の場合、実は国内の言語文化にも色々あって、発声的には西日本の言語文化では外国語に近いので、それを生かせばよいのだけど、生かせておらず、暗記中心、字中心の学習になっています。

結果として教えているほうも英語を話せない、聞けないという状況が生まれています。

すでに生徒がもっているものをうまく生かせればよいと思います。例えば広島県人であれば、広島弁の発声を英語教育に生かせばうまく行くと思います。

時効だから言いますと、田舎に帰ったときに、地元の学校の先生に英語の発音を教えに行きました。すると10人ぐらいの先生の中で数人発音ができない人がいるんです。

まずは若い先生。発声が硬い。これは標準語の影響ではないかと思います。

一人の先生がどんなにがんばってもできませんでした。

理由は、その先生は英語が好きで、英語を勉強しているからのようでした。

英語を勉強するから英語が発音できなくなるんです。

口先がどうの、唇がどうの、音の強弱がどうのとこだわるとせっかく持っている広島弁の発声方法から遠のいていきます。

逆に、マジョリティーの英語に全く関係ない先生たち、体育の先生たちは、英語の発音がネイティブと全く違わないレベルまで言えるんです。

「きのお~か~ぷ、かったのお~」というときの、感じで英語を言うと、そのまんまネイティブ英語なんです。

で、言える人は聞きとりもできるんです。<--これが大切。

<経験上ですが、西日本には英語は喋れないけど、なんとなく聞けるという人が存在します。大阪の私立高校で働いているとき、数学のY先生が、そういう人で英語ができないのに、ネイティブの言っていることはなんとなく分かっていました(浜田しょうごのファンでした、、発声がああいう感じだった)。>

やっかいなのは、英語の発音ができない英語に熱心な人が、英語の勉強の仕方を発信するという状況です。

この状況は日本全体を覆っていると思います。

英語教育の鍵は、田舎もんで、教育レベルのあまり高くない人が英語ができるようになること。

そういう意味で東京大学出身の人で固められた文部科学省さんの英語教育グループに改革ができるかどうか不安になります。

長い教育年数のなかで体が硬くなり、発声も硬くなり、そもそも英語が聞き取れないと思います。

英語が聞き取れないと、「こんなに勉強しているのに、できないのは、語彙が足りないからだ、文法の勉強が足りないからだ」という方向に進んでしまうのです。

英語教育の方針に関しては、西日本の田舎ものの感覚を生かしてほしいと思いますが、ま、無理かな。

Related Articles

なぜ喉発音成功率が西高東低なのか?

なぜ喉発音の成功率が、西日本の方言を喋る人が高いかという件。 これは、例えば広島弁にはシラブルの内部にイントネーションがあり、そのイントネーションを出すには、喉を駆使しないとできないということがある。 西日本の方言には、中国語と同じで四声があるということだ。 たとえば、「じゃけん」というときの、「じゃ」と、「邪険」の「じゃ」のイントネーション(四声)が違う。 なぜこのことをメンバーオンリーで書いているかというと、英語喉出版以来、ぱくったような出版物が出ているから辟易しているというのがある。 そんな人たちに限って、大声で、革命だ、オリジナルだというから、たちが悪いが、偽者は消える運命(な~~んてね)。 日本語にも四声があるなんて、音声学者も気づいていない。外人の書いたことばかりありがたかって、それをまとめて論文と呼んで来た結果だろう。 四声とは、シラブル内のイントネーションの変化だが、これが中国語にも、西日本の方言にも、そして、英語にもある。 たまたま英語では、意味とはさすがに結びついていないと思われるが、ゲップエリアの音は低めに、アクビエリアの音は高めに聞こえるために、シラブルのなかで自然とうねるようがイントネーションがうまれる。 例えば、whatだったら、最初のほうは低めにきて、そこからあがってくる感じだ。 これは暗記しなくても、w_はゲップエリア、a_はゲップエリア、Tはアクビエリアと、音に対応して体で覚えていれば自然に起こることだ。 さて、東日本の方言を喋るかたは注意してほしいのだが、例えば大阪弁も私の地図では東日本となる。大阪弁、東京弁はイントネーションが平たいのだ。あくまでもシラブル内のイントネーションの話だ。 たとえば、「せやからなー」と言ったとき、せ、や、か、ら、なー、、、の一つ一つの内部が平たい。 なぜ平たいか。これが大切。声帯をりきんで発声している(応援団スタイル)から平たいのだ。 動物、広島県人、中国人、その他外人は、ほとんど声が平たく発声することがない。うちの犬は、何をいっても平たい音が出せない。平たい=人工的=声帯を人類にとって不自然な形で硬くしている、、ということだ。 それに気づくと、コントロールできるようになり、英語にも活用できる。 もちろん、「せやからなー」とフレーズレベルでは、高低があり、イントネーションがある。 よく外人さんが、日本人の英語が平たいというと、あれは、シラブル内のことを言っていたのだなと今はわかる。日本人側は勘違いして、じゃ、アクセントの位置をおおげさに読むとか、個々の音より全体のイントネーションが大切だとか言ってきたのだと思う。 しかし、英語で大切なのは、シラブルの中のイントネーションである。 英語喉の145ページでsitという単語で絵によって説明している部分を参考にしてほしい。 このことを1月あたりから、強調して、英語喉skype講座では教えているが、東日本の人でも、このことを意識すれば、喉発音がうまくできるようになる。 聞き取りにも関係していて、以前から、ボンボンボンが聞けないという人がいたけど、それは、おそらくこのシラブル内のイントネーションが邪魔になっていたのだと思う。 これを意識すれば、シラブルのリズムが聞こえ出す。 日本の江戸時代ぐらいからの歴史で、西洋の文化とか西のほうから入ってきたのではない???鉄砲とか、キリスト教とか、貿易とか(長崎出島)。それは単に、西洋に近かったんだろうけど、西のほうの人は、外人の言語とか、文化を理解できたんじゃないだろうか? 例えば黒船が広島湾に来ていたら、広島人は、…

ブルブル凧

英語喉・ネイティブメソッドに現れる概念(実践)は色々あるが、全てが大切なものだ。ひとつも無駄なものはない。とはいえ、ああ、これ、もれてなくてよかったなあ、、、と実感するものの一つがブルブル凧だ。 音声ファイルを送っていただくなかで、有声音(振動音)のTHが出来ていない人がいない。これは、ブルブル凧のおかげだ。 最初の最初の実験者さん(苅谷先生以前)のTHがDみたいになっていた。なぜ舌を歯と歯の間にはさんでも、Dみたいになるのか、、、、謎解きである。ブルブル凧のコンセプトがなければ克服できなかったことだろう。  THは舌の動きが日本語にない。したがって、舌を動かそうとすると、どうしても力が入ってしまう。これが、日本人にとっての最大の問題なのだ。ブルブル凧のコンセプトをしっておれば、THのときでも、どんなときでも、舌に力が入ってはならないことがわかる。難しそうだが、いつもそうしていなければいけないという一貫性のあることなので、実は、気がついてみると簡単だ。 「舌を動かす」と書いたが、私自身が英語を喋るとき、舌を動かす必要もないような気がする。だって、すでに舌は歯の付近にどてーんとふてぶてしく横たわっているのだから、動かすといっても、そんなに動かす余地もない。 (そういう意味でも、従来の「舌の筋肉を鍛える」という考え方には同意できない。筋肉を鍛えるって、どこの筋肉だろう。) Vもブルブル凧だ。これまでかなり誤解されてきた。Bに激しい摩擦(上歯と下唇のあいだ)を加えるとVになるという信仰のようなものがあるが、実際は、Vに大切なのはブルブル凧である。微妙に違う。できるようになると、VとBの違いって、結構、微妙だなあ、、、と実感する。喉革命以前の日本人が、ふつう思っているような違いではないように思う。 やっかいなのは、日本人学習者がネイティブの先生にVをやってみてくれと頼むと、そうすれば、分かりやすいだろうという親切心から、おおげさに、摩擦を起こす。この親切心こそが、英語喉がこれまで発見されなかった理由だ。 摩擦しているように聞こえるVの音は、空気と皮膚がすれる音というよりも、ブルブル凧の音だ。

ベセスダの継承センターさんで喉の話をさせていただきました。

  週末に、メリーランド州はベセスダの継承センターさんで喉の話をさせていただきました。継承センターさんは、日本人の親を持つ子供たちに日本語、日本文化を継承していこうというのが目的で、毎週土曜日に活動されています。 いわゆる「日本語学校」と違うのは、ここの皆さんは日本に帰る予定がないというかたがたという点。いわゆる日本語学校の場合は、帰国の準備という意味で国語を勉強されたりしますが、継承センターさんは、日本に帰る予定がないからこそ、いかに日本語を伝えていくか、という点に重きが置かれています。またお父さん、あるいはお母さんがアメリカ人という子供さんも多い点が日本語学校と違います。 子供さんたちが日本語を勉強しているあいだに、10人ぐらいのかたがたに話をすることができました。英語は喉、日本語は口、、、そしてそれがどのようにコミュニケーションに影響するか、と話し始めてすぐ、特にアメリカ人のかたがたの表情がかわりました。  自分がなんとなく思っていたことを完全につきとめている、、と言われました。また、子供たちの日本語がなぜかアメリカ人っぽくなっていっていることは分かるけどれども、それをどう注意したらいいのか分からなかったが、話を聞いてよく分かったとアメリカ人のかたがたはおっしゃいました。  日本人の親の皆さんは、そういえば、アメリカ人で日本語のうまい人に関して、日本語になると音程が高くなりますね、とおっしゃっていました。    先生、先生と呼んでいただき、昔、高校教師をしていたときを思い出しました。 お話的なセミナーみたいなもの(テクニカルなものというより、文化的な話)を色々なところでしたいとは思いますが、まだまだ知名度が低いので機会を探さないと。DCの領事館に協力をお願いしたいところですが、無理かな。 次の目標は、日本語学校さんと日本アメリカ協会さん。  ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532             

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.