Related Articles

日本人の英語を真似しているネイティブを返り討ち(笑)???

喉でやれば、通じるのだが、口発音の場合、かなり無理がある。ネイティブのコメントも、日本人が口発音だから苦労しているのだという視点がないので、めちゃくちゃだ。 この人は、日本人英語をしゃべっている外国人。かなりうまい。しかし、彼が喋る日本語は、外人なまりだ。これ不思議。日本人英語はかなりうまいのに、日本語はちょっと外人なまり。意味分かる?

気持ちは分かる メソッド色々(YOUTUBEより)

個人的、喉的にはこれ(1番目)が一番面白かった(前にも紹介した?) * 「L」 と 「R」 発音練習(ネイティブ) http://jp.youtube.com/watch?v=MoS1pSf3SBw&feature=related こーら、喉の響き、その場所の違いやないかい。本人も口のことはよくわからんと認めている。犬がうなっているような感じだったらRRRRで、そうじゃなかったら(ややクリアな感じ、口の中にフタがしまってそれが開く感じ)Lというのがよく分かるねえ。これ、すごく分かりやすい。皆さん、分かる?これは面白い!

英語喉 無料 動画講座

まずは人気投票にご協力を。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 レッスン1 https://www.facebook.com/photo.php?v=257346711048053 レッスン2 https://www.youtube.com/watch?v=dhVfTnzLmCc レッスン3 https://www.youtube.com/watch?v=uzIYiOo4WrM レッスン4 https://www.youtube.com/watch?v=y8ynLBun46c&feature=plcp

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 私の解釈では、「あいまい音」と呼ばれるのは、日本語の音にその音が無いので、『日本語としては』あいまいに感じる音、この場合は、アに近いけど、あいまいなア、という意味で使われているんだと思います。それにしても、その英語耳の記述にはびっくりしました。「軽めに発音すればなんでもよい」なんて・・・発音が「なんでもよい」で片づけるのが許されてしまったら、今まで沢山の人たちが長年研究してきた事はなんだったのかと思います。母音なら何でもいいというのなら、「イバウト」でも「オバウト」でも正しいっていう事になってしまいますよね。「そんなに”about”でいいわけないだろ!」とツッコミを入れたいです(笑)