Skip to toolbar

UBER 初めて使ってみました 報告

タクシーのライバルであるUBERを初めて使ってみました。

最初に言っておきますが、いいことしか書いていません。悪い所がこれと言って思いつかなかったからです。

さて、、、、出張中に、同僚が、UBERとっても簡単だから使ってみたら?と言ったのです。

そこで、オースティン(テキサス州)のホテルでアプリを自分の携帯(サムソン)にインストールしました。そして、自分のアカウントを作り、クレジットカード番号を入れました。

さて、今朝、オースティン空港へ行くので、さっそく、アプリを起動。

画面でよくわからなかったのは、いくらかかるのがが出てこないこと。

でも、同僚が、簡単だ、とにかく使ってみろと言っていたので、いくらかかるか分からないけど、とりあえず、リクエストを送ると、すぐに、目の前にUBERのかたがおられました。

とりあえず乗車。その段階でもいくらかかるのかよくわからないのですが、まあ、実験です。

どうも、アプリで事前にだいたいの値段を教えてくれるボタンがあるようでした(これはDCエリアに帰ってきてからみたら、あるように見えた)。

結局、そのかたは道を少し間違えてしまったのですが、それが分かったのも、携帯上で、今どこにいるかが示されるのと、後でメールで、そのルートが分かるような地図情報も含まれているからです。

ご本人は、間違ったのか?と聞くまで白状しなかったです(いや、「あ、間違った」みたいなことを独り言のように言いましたけど)。その間違いでたぶん3ドル分ぐらい高くとられたものの、結局18ドルでした。

同僚は同じ距離を普通のタクシーでいったらしくそれは、26ドルだったそうです(プラス、チップだと思います)。

UBERは、チップはいらないということらしいですが、でも、まあ、色々と運転中に説明してくれたし、エチオピアのかたで、いつも、私自身、エチオピアのタクシー運転手にはお世話になっておりますので、5ドルキャッシュであげました。

DCエリアの空港に帰ってきて、またUBERに乗ろうとしたのですけど、相乗りのオプションしかないような感じでアプリが示したのであきらめました。よく見ると、相乗り用じゃないのを選べるボタンがあって、それはUBERXとありました。オースティンで普通に乗ったときは気が付かなかったオプションで、なぜUBERXとXがつくのか意味不明。ただ、オースティンの領収書が送られてきて、それにUBERXと書いてあったので、あれもUBERXだったのだと納得。

アプリの使い方がいまいち分からない、、、これは慣れてくると思いますが、慣れるほど使うかどうか疑問。

で、普通のタクシーを使ったので、20分程度で30ドルかかりましたが、たぶんUBERなら、少し安かったんじゃないかと思います。

キャッシュを持っているかどうかを気にせずに、クレジットカードで払えるので、楽だと思いました。今後はUBERに乗ろうと思いますが、アプリの使い方がいまいちわかりにくいです(というか、老眼で目が見えにくいので、小さな携帯の画面で、細かいことをするのが最近、面倒なのです、、、現在、私は今月の終わりごろに48歳になりますが、小さなものをにらみつけて、やり方を考えるという作業が昔に比べて、面倒になりっました、、でも仕事でプログラミングなどもしているので、細かいテクニカルなことが苦手なわけではない)。

チップはいらんと宣伝されているし、誰に聞いてもいらんと言うと思うのですけれども、文化的に、サービスを受けて、少し、払わないのも、ちょっと失礼にあたるのではないかという気がします。

ネットでは、やっぱり払ったほうがいいんじゃないかという意見がありました。

普通のタクシーに乗りたくない一つの理由は、たま~に、クレジットカードを手動式で書く形式のタクシー会社があって、以前、その後で、クレジットカードの不正使用をされてしまい、なんか、そういう手動式はあやしいなという疑惑があるのです。

そういう意味で、UBERだとクレジットカードをすでに登録しているので、安心感があるように思います。

出張の後に、旅費の請求を会社でするのに、普通のタクシーの領収書だと、なくしてしまったりとかで、面倒なので、全ての情報がEメールで送られてくるのがよいですね。

さて、初乗りでおりるときの、そのエチオピアからの運転手さんが、「君に5つ星をあげとく」というのです。どうも、運転手側さんも、客の評価をするようです(危ない人を乗せたくないですよね)。私も運転手さんに満点をあげました。実際は、道を間違えて、たぶん3ドル分ぐらいよけいに高くなってしまったものの、自分は、移民の人たちと仲間だと感じているところがありますので、チップもあげて、評価も高くしました。親切に運転中、UBERの説明をしてくれたからです。

アプリを起動しますと、近所にいるUBERドライバーの位置がうじゃうじゃと示されるのですが、私の行動範囲では、まわりにうじゃうじゃとさくさんUBER車がいるようです。タクシーを見つけるより、UBERのほうが簡単かもしれませんね。

皆さんはUBER使用したことがありますか?初乗りのときに、以下から登録していただくと、割引になるそうです(私も、特典がもらえるようです。全世界で通用するのかよくわかりません。アメリカにお住まいのかたは、ぜひどうぞ~

https://www.uber.com/invite/kazuakiu6ue

さて、以下がメールで送られてきた領収書ですが、道を間違った様子が、地図で示されていますw。これだと、故意にだます(わざと遠回りをする)ということは無理になりますね。

uber_receipt

 

Related Articles

英訳をする練習はやめたほうがよい

英訳をする練習の弊害は、日本語を介入して英語を勉強すると逆効果だということ。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 だから、例えば、例文を暗記するというのは、逆効果になる。 本当に英語ができるというのはこういうことだなと思った瞬間があったのだけど、休暇中に、寝ぼけていて、コーヒーもうできたよと言おうとして、I AMまですでに言ってしまっていて、あれ、I ALREADY MADE COFFEE?と言い直したほうがよいかなとふと思ったのだけど、もうI AMまで言ったので、(I AM) DONE MAKING COFFEEと続けていった。 どこからでも、GENERATE(文を生成)できる。 これが英語がマスターできたということであり、語彙をたくさん覚えるということには直結していない。 語彙がこの世の中に200語しかなかったと想定する。そこで、ぺらぺらと普通に喋れるかどうか、、、これが、英語力というものだ。 もし200語しか単語がなかったとしたときに、従来、英語の上級者と呼ばれている人と初心者と呼ばれている人の間に、英語力の差がないことだって考えられる。 本当にそんな世界があれば、音自体の聞き取り力と語彙力には、あまり関係がないことが証明できるのだが。 ギターのアドリブ演奏も同じなのだけど、どのようにメロディーを始めても、そこから、色々な方向に持っていけないといけない。実は、このアドリブのほうが、簡単だ、、、という点は初心者には分かりにくいだろう。 ピアノでも、私自身、歌があるとして、その伴奏を適当にできる。楽譜はいらない。適当にコード進行をつけて、ぱらぱらとひくことができる。ベースの音がC(ド)だったら、コードはC、ベースの音がD(レ)だったら、コードはD、、、それだけだ。単純である。 しかし、その適当なやりかたのほうが、がちがちに楽譜をみて、曲をマスターすることより簡単なのだ。だって、瞬間瞬間に適当にひくのだから、簡単だ。 しかし初心者には分かりにくいだろう。適当にひける段階ですごい~とか勘違いしてしまうだろう。 英語会話も、その場で、文を生成するほうが簡単だ。 語彙や文法の勉強は停止したほうがよい。何年も、そういう勉強をしている人も多いと思うが、まず、何年ももたないし(三日坊主になりがち)、長時間していても、英語力が上がらないのではないか。 かわりに、ネイティブとの会話を通じて、簡単な単語を、日本語を介入させずにつなげて意味をつくる練習をしたほうがよい。…

「内容」とか「論理」とか「主張」は全く要らない

週末英語喉セミナーの申し込みはこちらから。 http://www.doodle.com/ziiicwc489s3mf8e そして、本日の練習です。先日、ヨッシーさんが、喉の根元を鳴らしながら喋るという言い方をされていました。小さいときに喉を鳴らして遊ぶことがあったそうです。私も宇宙人の真似をするときに、そうしていたと思います。あと、やったもんさんが、喉で出す音は「音」で、日本語風の声は「声」だとおっしゃっていました。確かに、ネイティブの出す響きのある喉音は音って感じですね。そこで、そのあたりからヒントを得て、以下の音声ファイルを作りました。お経のように英語や日本語、フランス語、スペイン語をとなえていますが、喉の奥で音を出して(声にならないように???)、やります。そのときに、音がとぎれないようにしてください(日本語でやっているところだと小さいッのときにどうしても切れてしまう~~~)。ではどうぞ: http://www.nippondream.com/file/okyo_07_22_2011.mp3 それでは本日のテーマです。 よく英語の発音が大切だとか、ネイティブ発音が大切だというと、決まって 発音より内容が大切だとか、論理力も大切だとか、主張できることが大切 という方向に走る。 たしかに、内容を持っている人、論理力のある人、主張ができる人というのはいるように思える。しかし、私の考えでは、内容、論理力、主張などは、表面的な「現象」であり、その背後にあるのは、「経験」であると考える。 知識と経験と言おうと思ったが、やはり経験という言葉を使わせてもらう。 というのは、英語ができる人達の世界の話だけど(日本以外か~~汗)、いちおう、3種類の統計モデルのグルー?みたいになっている。 先日、KENJI_Yさんが言っていたのだけど、統計学のことで、KENJI_Yさんのボス?あるいは同僚が、このサイトいいねと言ったのが、なんと、私のサイトだったそうだ。 実際、ぐぐってみると、少なくとも3つの統計モデル名で私の統計学サイトがトップあるいは2位(WIKIに負けるぐらいだ)に来る。その分野の親玉をさしおいて(笑)。 実際、感謝のメールがいっつもくる(英語で)。スコットランド、カナダ、中国、インドネシアとか。 つい先日も、アメリカ人から、あなたのマニュアル参考になりました。ところで私が校正してあげようか?なんてオファーが来た。そのすぐ後に、「もちろん無料でね」とか。なんか、すぐお友達状態だな。 なんか自慢みたいだけど、同じことを長くやっていると、つまり経験を積むと、さすがにつぼ?というかコツみたいなのが分かってくる。 そのコツというのは、統計モデルも色々あるけど、結構、親戚関係みたいになっていて、このモデルとこのモデルは実は兄弟でほとんど同じだとか、このモデルとこのモデルは従兄弟だという感じの関係がある。 長い間やっていると、さすがに、その関係が分かってくる。 しかし、それぞれのモデルの専門家は、独自の言葉使いをするので、そのことを理解していても、あまり丁寧にそのことを教えてくれない。 例えばだが、教育計測のラッシュモデルは、どう考えても、たんなるLOGISTIC REGRESSIONモデルなのだ。 それは当たり前すぎるほどのことなのだけど、当たり前すぎるのか、あまり言わない。 でも、私は、思わず、言ってしまう。そう表現すると、LOGISTIC REGRESSIONを知っている人にラッシュモデルを説明しやすいと経験で分かっているからだ。 またラッシュモデルはLOGISTIC…

グローバル時代の学び方 1質問2ドルでハンガリー人のIT家庭教師をゲット

新しい挑戦 コンピュータプログラミング 自分は統計データ分析ソフトのSASプログラミングを20年やっているので、さすがに、SASなら大丈夫なのだけど、その他のよく名前を聞くプログラミング言語は、挫折ばかりで、全然できません。 とはいえ、昨年あたりから、やっとSQLは、ちょこっと仕事で使うようになりました。なぜかというと、統計分析の仕事というのは、8割がデータマネージメントで、その半分が、データ会社がくれるデータの問題と格闘するという内容だからです。 連邦政府とのコントラクトの仕事は、データ自体を集める小さな他の会社とチームになってするのですが、だいたいIT系の会社というのは、データを集めるのは得意ですが、それを分析できるデータ形式にはしてくれないことがあります。 統計分析に関する知識はない場合が多いと思いますし、そもそも、どのような事情でどのようなファイルにしてほしいかが伝えにくいということもあります。 ですから、ややこしいRELATIONAL DATABASEを、どかんと、はい、どうぞ、とくれるのですが、そこから格闘が始まります。 はい、これデータディクショナリーね、と、なにやらSQLのソフトから自動的にどかんと出力(?)したようなものをくれて、あとはグッドラックって感じです。 分析する側の感覚ではデータディクショナリーというのは、データを見た人がそのデータを確実に理解するための情報がはいっていて、実際に、人が考えて書き上げたものをデータディクショナリーと呼ぶのですが、、、 ま、データを集める会社と、分析しレポートする会社が違うということです。 それは、連邦政府の仕事は、大きな会社に一つの仕事をどかんと託すスタイルではなくて、複数の会社に機会を与えるというのが目的の一つだからだと思います。 特に、小さい会社(スモールビジネス)に機会を与えるというのが連邦政府の使命の一つなので、入札のときに、スモールビジネスの会社をパートナーとして含めるという指定があり、また、その会社がマイノリティーのオーナーだと、入札で有利になります。 そういうわけで、繰り返しになりますが、データを集める会社と分析する会社が別になってしまうことがあるのです。 データを集める会社は、IT系で、SQLとかPYTHONとかPHPとか、そういうのを使います。一方で分析する会社(自分がいる会社)は、心理学とか社会学、教育学系のトレーニングを受けている人が普通で、分析はSASとかSPSSです(統計ソフトの名前)。 文化が違うし、話し方さえ違います。 コミュニケーションが非常に難しいので、自分は、IT系の人たちの文化やスキルを理解することで、仕事が楽になるんじゃないかと思ったので、SQLとPHP,PYTHONを勉強し始めました。 ところが、どんなに本を読んでも、うまくいきません。一度、英語喉実践者のかたに指導していただいて、やっとMYSQLが自分のラップトップで走らせることができるとこまできました(ありがとうございます)。 PHPやPYTHONは本通りにやっても、エラーメッセージがでるんです。それは、例えば、PYTHONだとVERSION3が今新しいと思うのですが、ネットや本にある情報はVERSIONがちがったりします。 本どおりにやってもできない、、、ということに気がついてきたときに、元アップルで現在作家の松井ひろしさん(https://twitter.com/Matsuhiro )が、upworkというサイトがあって、世界中からIT系のコントラクターを雇うことができるというような内容の情報を流されていました(もしかしたら、そういう情報を流したかたのポストをRETWEETをされていたのかもしれない)。 そこで、さっそく、そのサイトで家庭教師を応募しました。値段はいくらでできるかオファーしてくれと言いました。翌朝までに30人ぐらいの応募があり、あるハンガリーの人が、特に推薦されていたので、その人に頼みました。 その人は1質問を2ドル(約250円)で答えてくれるということでした。 これまで4つ質問をしたのですが、3番目の質問は、PHPをどうやったら自分のラップトップで使えるの?というものです。 これは、自分で本でやろうとしても、無理だったんです。全然わかりません。分からないまま時間がすぎていきます(1時間?)。 ところが、その方が答えてくれた通りにしたら10分程度で解決しました。 内容的には私が使っていたXAMPPを消して(これは英語喉実践者のかたに教えてもらったもの)、WAMPをインストールせよ、、そして、分からんかったら、このサイトを見て、、という簡単なものでした。とりあえず鵜呑みにして、したがってみました。すると、やりたかったことが、すぐにできるようになりました。なんとPHPのプログラムが書けました!PC上で書いたものを、本サイトのフォルダーに置いてみると、なんと作動しました。…

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.