Skip to toolbar

NASUさん UP2回目 

NASUさんにメールで音声UPをいただきました。喉発音ができるようになってきていますが、まだ押し込めている感じがしますので、首を大聖堂的に考え、そのなかに入ったままで、音を切らないように、声的には、岩村けいなん先生的なものを目指して練習するとよくなります。

www.estat.us/blog/IC_A_024.MP3

喉で発音しているけれども、まだ固めであり、また口でも同時に発音している感じです。喉90%、口10%ぐらいを目指す必要があります。

こちらは音声によるコメント。

www.estat.us/blog/nasu2.wav

 

Related Articles

うめこさん+喉1号さん+喉すけさんへのアドバイス

うめこさんのサイト http://73417248.at.webry.info/201006/article_4.html 音声によるアドバイス(2つのファイル、内容が違います) www.estat.us/blog/umeko_1.wav www.estat.us/blog/umeko_2.wav 今のところ、シラブルシラブルを元気よく(?)発音しすぎている感じなので、練習としては、ダラーとした感じがよいです。「異星人を呼ぶための呪文」ぐらいのつもりがよいでしょう。そうすることで、イントネーションとか、強く読むとかいう考え方をとりあえずせずに、発音に専念します。 あとi_の発音で、その前にくる音が何かで、出来具合が違うことがあります。普通IF(前に何もこない)で発音するとうまく行く人が多いです。KISSの場合、Kで口発音になってしまい、その影響でi_が成功しにくい人がいます。 喉1号さん http://nodo1gou.at.webry.info/201006/article_4.html 音声によるアドバイス(2つのファイル、内容が違います) www.estat.us/blog/nodo1gou8a.wav www.estat.us/blog/nodo1gou8b.wav 子音のときに、口発音っぽくなっているので、ゲップエリアが定位置からずれているのだと思います(シラブルとシラブルの間で)。それが安定しない理由だと思います。もう少しです。舌の力を抜くこと、それから口の屋根につけるとき、角度を工夫してください。つけるぞーというかんじでなくて、え?ついた?つかない?ぐらいのレイジーさでつけます。   喉すけさん http://nodopractice.seesaa.net/article/152367436.html 課題は明瞭性です。子音を口発音しまいとして、その結果、子音が明瞭に発音されていません。ですが、喉発音自体は、かなり深いところまできていて、方向性はあっています。今後の課題は、全体的、そして特に子音を、口発音になることなく明瞭に出すことです。 音声によるアドバイス www.estat.us/blog/nodosuke2.wav  

英語喉ドラムで口からの未練を捨ててしまえ!

機関銃英語、英語喉を一通り終え、英語の聞き取りも上達した、、、にもかかわらず口発音と喉発音が共存してしまうことがある。この状態は、非常に脱しにくい。口で発音することがあまりに当たり前なので、喉がよく響いているのにもかかわらず、口も活躍してしまう、、、これを口未練と呼ぶ。 口未練を捨て去ってしまう強制ギブスシリーズ第?段(数えていない)、、、英語喉ドラム、、、どうじゃあああ。 口未練の英語はこういう響きがします。実際に録音してみました。 http://www.estat.us/blog/kuchinodo.wav これを直すコツは、、、以下、英語喉ドラムの解説になります。 1)首の根元を主に鳴らす 2)音の最初でルート音が聞こえる?Dだと、ちょっとウD ウDって感じ。でも、これはわざとやるんじゃなくて、舌をレイジーにしておけば勝手に起こる。 3)喉90%口10%が英語喉の黄金率ではあるが、このさい、喉100%口、、え?ナニそれ、あ、食べるときに使う器官ね?ぐらいの心づもりだ。 あくまでも、口未練が残ってしまった人のための強制ギブスである。そうでない場合、すでに出来ている場合は、使う必要はないように思われる。 MIXIではこちら http://video.mixi.jp/view_video.pl?owner_id=4672939&video_id=7376223 動画をとろうかとるまいかと迷っているときに、一度、音声だけの版もとりました。動画がすぐに見れない環境にある人はこちらでもよいかな。 http://www.estat.us/blog/d_t.wav

英語喉同志3人のかたにコメント

NASUさん  UPされたゴア氏スピーチの音声を聞きました。 http://nasu500.seesaa.net/article/141133198.html 音声によるアドバイスです。BLOGのほうに貼ったのと同じ路線ですが、詳しく取り直しました。秘訣は、自分の声をしっかり聞き、声をコントロールするということです。音声はこちら。課題は、CHOPPYになることなく、また口発音になることなく、いかに明瞭さを出すか、、です。 www.estat.us/blog/nasusanfeb2.wav KENJIさん 音声のほう聞きました。いい感じでマスターされています。 http://eigonodo.seesaa.net/article/141101229.html さて、まだ母音のところだけをされたのですが、子音も全部コメントしますが、まだカバーされていないところがあるので、あまり気にしないでください。 www.estat.us/blog/kenjifeb.wav   HIYOEMONさん いい音色です。これなら、どんな発音でもできます。 http://blog.livedoor.jp/hiyoemongoodjob/archives/51483922.html これは音声によるコメント www.estat.us/blog/hiyoemon.wav MIXIメッセージをくれたかたがおり、どうやったらBLOGなどで音声をUPできるかという質問があったのですが、前、天満さんがどこかに書いておいてくれたような、、、どこだったかな。 新しい情報がありましたら、教えてください。音声ファイルのとり方自体は、NKJMさんがこちらで説明されています。 http://nodo.edn.jp/bentobox/ UPしているのに、コメントがもらえておらんという状態のかた、ご連絡を。  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.