Skip to toolbar

Related Articles

英語喉セミナーの報告(豊富な音声サンプル!)

さて、日曜日は剣道の日なのですが、足が痛くて痛くて、、、やってみて分かったのだけど、テクニックとか、疲労のコントロールだけでなく、足や手が痛くなります。1週間前に、何十回も切り返すをするタイプの学生リーダーの鬼のような練習の後、足が痛くなりまして、それ以来、その痛みがとれないままで練習というのは辛い。 しかし、それが現実かもしれませんね。 それにしても、この道場には日本人の有段者が3人もおられまして、練習するたびに、学びがあるので、やめられません。昨日も、面を打つと、その有段者のかたが、たったご自分の竹刀を3センチ動かしただけで(そのくらいミニマムに思えました)、面をよけてしまわれるのです。すると、思うわけです。じゃ、どうやって面をとるのか?と。 自分はこんなにエネルギーを使って面を打ち込んでいるのに(カロリーに換算すると10ぐらい?)、ちょこっと竹刀を動かしただけで(カロリー計算にすると0.00001ぐらいか~)、私の攻撃が無になってしまう~~。 さらに、有段者の気迫がすごい。喉発音による、ものすごい声で気合がはいります。練習の支持も喉発音的に、日本語で支持が出るのですが、実際、何を言っていおられるのかわからないので(日本語を喉発音するとわかりにくい)、まわりを見渡して、あ、今は切り返しだなと分かる。 剣道をやっていると、喉発音が普通になってきていて、今、実際、油断していていも、英語がネイティブみたいです。 ちょっと喋ってみましょうか?実際、正直なところ、こんなにかっこよくていいの?OK?って感じです。喉が開いたままだから、次に言う単語が思いつかなくても、そこで息、音が切れない、、、だから、ネイティブ独特の響きが継続できるってことだと思います。まだ、剣道をやっているときの、気迫、かっこよさを日常生活でもおもわず雰囲気を継続してしまうのか~。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_10_17_2011.mp3|titles=kaz_10_17_2011] 直りんはここをクリック。 特に、アメリカ生まれの中国人、韓国人が学生メンバーで彼等の声のかっこよさを俺も再現したいと、思ってしまうのでした。 すでに披露しましたが、英語喉LIVEで日本人参加者の英語が甲高くなっていたら、口発音警報を流しますよ~~。 [audio:http://nippondream.com/file/kuchihatsuon_warning.mp3|titles=kuchihatsuon_warning] 直りんはここをクリック。 さて、週末に敢行した英語喉セミナーの成果を音声でお伝えします。参加者の皆さん、ありがとうございました。 まず、4人の皆さんとのボランティアクラスです。 指導前 [audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_before2.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_before2] 直りんはここをクリック。 [audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_before.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_before] 直りんはここをクリック。 指導後 ラジオの音声を聞いてもらったあとでの、聞こえ具合に関する感想 [audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_after_tv.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_after_tv] 直りんはここをクリック。 指導後の実際の英語発音(やっぱり違いますね~~~。特に奥さんの英語が全然違う!)…

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. ゆっくりした歌とかなら多少わかりますが、こういうリアルなセリフはまったく聞き取れません。見事に全問不正解でした。

      1. 純粋に速いという事と、音がくっつきすぎていて、シラブルの区切りがわからないのと、文法力が無いので前後で推測するのが上手くいかない、など、色々な原因で聞き取れないんだと思います。
        単語は難しくなさそうなので、日本の教材みたいに、ゆっくりと、単語を一つづつ区切って言ってくれたら、ある程度はわかると思いますが。
        そもそも、こういうのが聞き取れるぐらいなら、もう聞き取りの訓練なんて必要ないレベルだと思います。

    1. 不思議ですね。私には、ちゃんとHow areって言っている様に聞こえます。もちろん、文字でそう書いてあるのを見てから聞いたから、言っている様に聞こえるだけかもしれませんけど。でも何回聞いても、areの前に1シラブルある様にしか聞こえません。実際は省略ぎみで、How’reかもしれませんけど。

    2. たぶん、ため息がはっていて、それで微妙にそう聞こえるのじゃないでしょうか?携帯で聞くと、どちらにも聞こえるのですが、PCで聞くとARE THEYに聞こえます。ちなみに、曲の中間あたりに同じセリフが出てきて、そのときはHOWがついています。

  2. ちょっとテーマが変わりますが、ラビンの歌声もラップの人の声もとても良くて、いつまでも聞いていたい感じです。歌詞も、心にしみいってきます。