Skip to toolbar

けんかの風景

2000年にシカゴの高校を研究でまわったとき、突然、ランチルームで二人の高校生が殴り合いを始めた。その後、警察がやってきて、二人を連行した。

さて、一番、びっくりしたのは、上に書いたことじゃなくて、殴り合いが始まった時に他の生徒がそれを取り囲んで、ワイワイと応援?なのか知らんが、楽しそうに見物していたこと。

最近では、けんかが始まったら、周りを生徒がとりかこんで携帯でその様子を録画してソーシャルメディアにUPするということらしい。

日本でもそういう光景があるのかよくわからんのだけど、自分の経験にはない。そういう観客動員型のけんかは見たことがない。

アメリカの映画では、たまに出てくるシーンのように思える。

一方で(昔)日本でよく見た風景は、強そうな生徒が弱そうな生徒をにらみつけて、説教をたれているような風景。自分も弱い生徒の役で参加したこともある(中学の時)。

京都に住んでいるときに、地下鉄のホームでも見た。

ただ、やすし、きよしの漫才コンビで、やすしさんが亡くなった後だったか、きよしさんが、昔、やすしさんとなぐりあいの大喧嘩をして、「誰もとめてくれへんかったなあ~」と回顧しているインタビューを見たことがある。これは、観客動員型のケンカだったのだろうか。

日本でも観客動員型でケンカするんでしょうか?

やっぱりアメリカの映画にはよく出てくるシーンですよね。

ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。
人気ブログ投票にぽちっとお願いします。

Related Articles

ナンバー1としての日本

BLOGの人気投票のため、以下をぽちっとお願いします。 あと、問い合わせをいただき、ふと、思い出したんですが、私は英語喉SKYPEセミナーというのもやっていますので、直接指導を有料でご希望のかたは、上のメニューの「英語喉SKYPEセミナー」のところを見てくださいね。 英語喉をやっていると、英語が分かり、西洋の文化が理解しやすくなるのだけど、同時に、日本文化も理解でき来るように思う。 それも本などに書いてあることではなくて、自分の目で見て分かるような気がしてくる。 見えてくると、日本文化は特殊なのではないかと感じる。 例えばこちらのスーパーに行くと、昨晩などは、りんごがならんでいるのだが、りんごには2種類あるように思える。 日本の名前がついているリンゴと、そうでないリンゴだ。 FUJIとか。YUKIとかいうのもあったように思う。 もしかしたら、「そうでないリンゴ」のなかに、実はケニアのリンゴがあったり中国のリンゴがあったり、スイスのリンゴがあったりするのかな~~~、、、いや考えにくい。 日本人だからそういうのに気づくだけ?? マッシュルームのセクションにいってもそうだ。日本の名前がついているSHIITAKEか、その他のマッシュルームだ。 サラダドレッシングのセクションにいくと、色々あるのだけど、日本のがあるように思う。MISOドレッシングとか。イタリアンとかもあるわけだが。 もちろん、アジア食専門コーナーにいくと、タイとか色々あるのだけど、そういうことではなくて、日本のものが、アメリカの普通の場所にど~んと存在するということだ。 地下鉄で無料の新聞を広げるとワードパズルなどあるけど、またしてもSUDOKUってのがある。またしても、 日本のゲームとその他だ。 さて、本屋に行ってみよう。すると、アメリカの本がたくさんあるなかで、日本の漫画コーナーがある。 またしても「日本の本」とその他の構図だ。 道路に出ると当然、日本車が多い(一番多いとは言えるかはわからない)。 モールでギフトショップによるとまたしても、日本名をもつ製品がある。ギリシャの製品とかウガンダの製品はないように思えるのだが。 FUSHIGI(何かは忘れたけど) SHIATSU(指圧機) とか色々だ。 液体石鹸は、お歳暮に適したアイテムだけど、普通の液体石鹸の横に、日本の桜のイメージがついた液体石鹸がおいてあって、日本のテーマが使われている。イギリスの石鹸とか、モンゴルの石鹸はないのに。 コマーシャルを見ていると、日本人がたまに出てくる。相撲取りさん、忍者、とか日本固有のものが使われていたりだ。 テレビで日本のネタが出るたびに、私は、ジーナに、いかにアメリカが日本のネタなしには、一日がすぎないか、、、ということを言っているのでした。…

学ぶことのコツを剣道で学ぶ+いっこく堂VSカズ対決

昨晩は、待ちに待った剣道の稽古だった。GW大学の剣道クラブに入門したのだけど、それにしても、入門した?という大げさな感覚がない。ぐぐったら、たまたま近所でやっていた。GW大学の体育用施設(ジョージタウン)に愛車をのりつけて、校門のとこにとめる。用務員さんが、そこ止めていいよとか言ってくれる。夜なので無料だ。 半分以上が初心者なので、基礎的なことを教えている段階だ。なんと、私も、おもわず簡単なことだが教えてしまっているのでした。25年ぶりでまだ2回しかやっていないので、遠慮しながらだが。 筋のよいの若者がいる。打つタイミングと体重の移動が絶妙で、面の瞬間に、最大のインパクトを加えているのをみて感心したので、ほめた。うまくできているときに、それを理由とともに伝えると非常に喜んでいた。 最大のインパクトというと、打撃の強さととられてしまうので言い直す。大切なのは、いかに、次のステップにスムーズにつながるかということじゃないかと思う。面の瞬間、そして次の瞬間に、スムーズにつながっている。まるで体重の移動と竹刀の移動が完全に一致しているかのように。 そうでないと、面をとれなかったときの次の瞬間の対応に支障がでてくるのじゃないかと思う。 これは英語喉のライフサイクルとか、ギターにおけるアドリブにも通じるものがある。 ただ、メ~ンと言って、かけぬけていった最後で振り向くときに、彼は気合が抜けていたので、それを指摘したら、すぐに直った。気合が抜けていると、剣道っぽくないのだ。礼儀のようでもあるし、また、実際、うしろから切られてしまう可能性もあるのだから、気合を保つのは理にかなっている。 体が非常にかたい若者もいる。しかし、よく見てみると原因がある。それを探してやろうと、私はやつを懸命に見ていたのだが、問題点は、右足(前足ともいえる)のかかとがういたままになっていたことだ。左足のほうは、かかとを浮かしておくものだが、右足のほうは、平らにしておかないと、非常に動きにくいし、体全体が力む。面をするときの一連の動きのライフサイクルがスムーズでなくなる、、、という言い方もできる。 それを指摘したら、まあまあ、よくなった。 さて、私には一番楽しいと思われる「じげいこ」で、日本人の強者と練習することができた。本当にありがたい。私の頭のなかでは、スパンと面をとるのは、物理的、距離的に不可能であるという結論がでているはずだ。しかし、彼は、スパンと私から面をとってしまう。 え~、ありえない。 そこで一体、なぜそんなのが可能なのか? 思い切って練習のあとに聞いてみた。この、聞くというのが大切なのではないかと思う。聞かずに相手から見て学ぶというのは、不可能だ。というのは、体の表面の視覚的情報からは、精神のもちかた、考え方、体のリラックス度などが、分からないからだ。 ちょうど音声学者が、外から見た口の形に頼って音を分類したのはよいが、日本人が英語を勉強するうえで、機能的な知識を提供できていないのに似ている。 相手の考えていることを読んでいるそうだ。 う~ん、これは私はやっていなかった。今度はこれをやってみるぞ、、、と考えると、試したくて試したくてたまらなくなる。 今度の練習は日曜日だ。 相手の考えていることを読む、、、、一体どうやって読むのか分かりにくいが、とにかくやってみよう。 今回の練習でためしたのは、とりあえず、相手をぶったおすぞ~という精神で向かうこと(3箇所を狙うというより)、プラス、疲労のコントロールだ。思ったのだが、自分でエネルギーをセーブするというのもあるが、相手に疲れさせるというのもあるのだけど、これは気迫のように思える。 相手の気迫が強いと、思わず、とにかく、出ないといけないとあせり、出てしまうが、とんで火にいる夏の虫状態だ。 相手をぶったおすぞ~と思って戦うと、自然と視線が相手の目線と一致した。大学生のリーダーはものすごい目で俺をにらみつけていることに気づいた。なるほど、これは、意識しなくても、相手の目を見る、心を読む、相手の体全体の総合的な動きに対応できる、、、ということにつながるかもしれない、、、、と今、書いていて思う(中学高校のとき、私は一体相手の何を見て、剣道をしていたのだろうか、、、???相手を見ているようで見ていなかったのかもしれない。) 強い相手、自分よりもできる相手に、聞いてみるというのは、やはり学びの王道じゃないかと思う。 小学校のときに、とにかく手をあげて質問をせよ、、、というスタイルの先生だった。しかし、中学、高校となると、何を聞いていいか分からないという状態で、大学となると、なにがなんだか分からない状態だった(何を聞いていいか分からないし、また聞いたらいけないような雰囲気)。 日本の英語教育においては、英語喉をやっていない人が多いので、実際には英語が聞けない、発音できない、喋れない人たちが、英語の学習法を発信している。これは、非常に、理にかなっていない。 日本人独自の学習法、、、というのではなく、箱の外に出て(THINK…

英語喉仮説 西日本人が英語が得意説のまとめ

英語喉仮説であるところの、「西日本人は英語が得意」説をまとめてみます。 ただ、英語喉をご存知ないかたで、「英語が下手糞なのに理屈ばかり並べおって、、」と思われたら困るので、まずは、自分の英語を晒します。 http://www.nippondream.com/file/kiso_eigo_04_27_2016.MP3 直接リンクならこちら。 それでは始めますね。 TWITTERで寺沢さんという社会言語学者のかたが、「(本当に)日本人は英語が苦手か?」などを、データ検証されているということを知り(本はここ)、それがきっかけで、以下をまとめました。 仮説1 西日本人は英語が上手になりやすい。 仮説2 東日本の人もまずは西日本方言の発声法を真似れば、英語が上達しやすくなる(あるいは東日本で英語が上手な人は、声が西日本人的)。 理由 a)西日本人は元々の方言が、英語(や諸外国語)に似て、発声位置が深い場所であるために、英語の音を聞きやすい。西日本方言は、まるで動物がほえているような感じで発声するが(例 NHK朝ドラ マッサンの広島弁)、これは英語に似ている。一方で、標準語・および東日本語は口先で硬い音を出している感じ(まさに日本語英語のような感じ)。さらに西日本人は動物がほえるように発声していることで、声が線的につながっている(これは英語話者と同じ)。注:東北弁も声がつながっているように思えますが、、。 b)シラブル構造も似ている。東日本語話者のシラブルはシラブル内での音程が平ら(ただし、シラブルごとの音程は違う、、例 「わさび」だと、「わ」の内部は音程は平坦だけど、平仮名ごとに音程が違う、、、ちなみに、広島人は国語の時間とか校内放送には、そのような読み方で朗読をする、、、そういうのが標準語だと信じているため)。 一方で、西日本方言のシラブルにおいては、英語や中国語と同じで、シラブル内に音程の変化がある。広島人が「じゃけん」と言った時の「じゃ」には、独特の音程の変化がある。さらに、西日本方言のシラブルは、中国語に似ていて、英語にもそう遠くない(広島弁の例 じゃ けん のお~)。 聞き取りをキャッチボールにたとえると、西日本人は、シラブルの内部が変化球っぽい英語ボールでも、普段つかっている方言と同じなので、シラブルのリズムつかみやすい。東日本人は、シラブルの内部で音程が変化するなどと、思ってみたこともないし、逆に、シラブルの真上にアクセントがあり、強く読んだり弱く読んだりすれば、英語が聞こえるに違いないという思い込みがあるので、そのシラブルごとの強弱、シラブルごとの音程の上下にとらわれて、英語ボールをキャッチしにくい。 これら二つの理由で、西日本人にっては、英語が聞きやすく、また発音もしやすいため、英語を比較的楽にマスターすることができる。東日本語話者も、発声法を西日本人的にすれば(とりあえず、マッサン)、英語が聞こえやすく発音しやすい。 西日本人なら全員英語ができる、、ということはありませんが、英語でコミュニケーションができる人を思い浮かべるとだいたい西日本人、、か、あるいは地方出身者。 その他、西日本の方言が英語に似ている点 c)息使い。英語は、肺から息が減るにつれて、だんだんと(株価がおちるように)、音程が落ちてくる。西日本の言語も同じ。一方で、東日本弁、特に標準語では、肺に残った息の量とは関係なく音程が激しく上下する(注 東日本全体でこれが言えるかは未確認)。勝間さんの日本語など良い例かも(音程がかなり上下します)。 西日本人にとって、英語ネイティブが喋っているときに、その息の使い方、音程の落ち方が方言と同じなので、どこで話が終わるかが分かりやすく、話しだしやすい(会話に加わりやすい)。 <電話番号を西日本人が言うと、音程がだんだんと落ちてくる。標準語の感覚では、「やる気がない」ようなオーラを発する。> d)喉の深い位置から発声していること、息も比較的多く使うことから、西日本人は声が大きい、、、という点でも英語ネイティブに似ている。声が大きいので、外人にシャイだと決め付けられにくく、国際コミュニケーションがとりやすい。 さて、微妙な問題としては、東北弁は、結構、英語的に、音がつながっているように感じること。近畿地方は、少しだけ、標準語に似ていて、音程が小刻みに上下するように思われる。また、発声法も硬い人もいる、、、が基本的には、西日本の方言に属すと考える(喉が開いている感じの人が多いため)。北海道も声に英語に似た透明感がある印象(笑う時の声で話しているイメージ)。 さて、では西日本人が全員英語が得意なのかというと、そうではないでしょうが、それは、英語教育の方法が都会で発達したために、どちらかというと東京型の認識が公教育にとりいれられており、例えば、英語の音の強弱が大切だという「言説」に基づいて、西日本人も、アクセントの位置を覚えている。実際は、方言の要領で聞いたとおり言えば済むことなのに。実際、西日本人でも英語の先生となると、甲高く、日本語っぽい英語を話してしまう人も多い。 線引きは難しいですが、もし、皆さんが、兵庫県を含む、兵庫県から西のご出身であれば、確実に喉発音ができるはず。近畿圏は、喉発音と口発音が混在している地域です。以下を試してみてください。近畿地方は、喉発音と口発音の混在が見られると思います(人による)が、その他の日本人と同じで英語が上手な人が多いです。…

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 日本だと、誰かが止めようとしたり、止められる人を呼びに行ったりして、オロオロしながら見守る感じになると思いますが、確かに、アメリカのドラマや映画だと、そんな感じでした。直接止めようとする人は誰もいなくて、みんなで遠くから囲んで、のんびりと成り行きを見物する人がいたり、それぞれを応援したり罵倒したりするヤジを飛ばしたり。なんか「突然、格闘技の試合が始まったから、みんなで見て楽しもう」みたいな雰囲気ですよね。本当にああいう感じなんですかね。
    なぜそういう違いが生まれるのか、文化的な理由が興味深いです。『和を乱す事はあってはならないこと』として、なんとかして止めさせようとするのが全体主義、集団主義の日本で、一方、『基本的に争いは本人同士で解決するもの』として、周りは余計な干渉をしないのが個人主義のアメリカ、という意味なんでしょうか。ケンカも自己責任で解決させる、みたいな。