アメリカの高校授業 授業中の校内放送が驚き

アメリカの高校授業 授業中の校内放送が驚きです

2002年ごろに、テキサスのエルパソの高校4つを回って、授業を観察したのだけど、授業中に、時々、事務員の人がやってきたり、放送があったりと、日本の「静かにしておくのが基本・理想」の授業風景と違うなあと思っていました。

たまたま地元の高校に今朝行っていたのですが、1時間目の授業があと10分ぐらいで終わるというときに、まだ授業中なのに、校内放送が流れるんです(何かの映画で見たことがあるかも、、、もしかしてグリース?)。

そして、校長先生がボランティア活動の報告とかをしているんです。それの前だったか後だったか、、、そして、以下を目撃したのは2回目なので、毎日やっているに違いありません。

アメリカの国家に忠誠を誓う10秒程度のセリフが校内放送で流れて、そして1分間の黙祷をするのです。

繰り返しになりますが、毎日だと思います。

授業中に放送があるというのが驚きなのですが、でも休憩時間だと、ざわついていて、生徒が聞かない、聞こえないというのもありますよね。

Related Articles

ASKSHIGEKO.COMで英語喉をご紹介いただいた記念

まずは、人気投票のクリックをお願いします。 さて、昨日に引き続き、しげこ・ボークさんは、ワシントン在住のかたで、DCにおいてアートギャラリーをもっておられるアートの専門家・起業家のかたなのです。社会的にも大活躍で、日本の、アジアの芸術をDCで紹介されております。 昨日も紹介しましたが、ASKSHIGEKO.COMにて、以下のように、ご紹介をいただきました。 http://askshigeko.com/article/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%8810%EF%BC%9A%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%96%89%E4%BD%93%E9%A8%93 ASKSHIGEKO.COMのフォロワーのかたがたへのWELCOME MESSAGEとして、以下の録音をとってみましたので、聞いてみてください!最初のうるさいテーマ曲(すみません)は自作自演です~。英語喉ライブといって、週1でやっているネット放送のテーマ曲として使っています。 SHIGEKOさんが、英語喉の効果はまず、口発音と喉発音の違いを聴いてみたら分かる、、、とおっしゃいましたので、ぜひ、聞いてみてください。このことが皆さんの人生のいい意味での分岐点になりますように。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_11_15_2011.mp3|titles=kaz_11_15_2011] 直接リンクの場合はこちらでどうぞ。 DCにおいては、月1のボランティア講座をやっています。一回に5人教えられたら、1年で50人ぐらいになるでしょう。いろんな日本人が集まる町で、これだけの人数をお教えできれば、いくらなんでも、文部科学省さんが、何か起こっていると気づいていただけることでしょう。日本人の全員が英語喉をすることで、日本の国力を高めることができると、本気で信じています。 また英語喉で英語を喋ると、日本人同士でも、年齢が違っても、仲間感覚が生まれます。今、日本は団結が大切なので、英語喉で社会資本を作っていけば、きっと、今の国難を乗り越えることができる、、、と本気で思っています。 英語喉で英語を日本人同士が喋ると、目をみて喋るのも全然恥ずかしくないですよ!!!。 またもちろん、外国人とも、同じ地球の仲間だという感じがしてきます。 最後に、人気投票のクリックをお願いします。

グローバル時代の学び方 1質問2ドルでハンガリー人のIT家庭教師をゲット

新しい挑戦 コンピュータプログラミング 自分は統計データ分析ソフトのSASプログラミングを20年やっているので、さすがに、SASなら大丈夫なのだけど、その他のよく名前を聞くプログラミング言語は、挫折ばかりで、全然できません。 とはいえ、昨年あたりから、やっとSQLは、ちょこっと仕事で使うようになりました。なぜかというと、統計分析の仕事というのは、8割がデータマネージメントで、その半分が、データ会社がくれるデータの問題と格闘するという内容だからです。 連邦政府とのコントラクトの仕事は、データ自体を集める小さな他の会社とチームになってするのですが、だいたいIT系の会社というのは、データを集めるのは得意ですが、それを分析できるデータ形式にはしてくれないことがあります。 統計分析に関する知識はない場合が多いと思いますし、そもそも、どのような事情でどのようなファイルにしてほしいかが伝えにくいということもあります。 ですから、ややこしいRELATIONAL DATABASEを、どかんと、はい、どうぞ、とくれるのですが、そこから格闘が始まります。 はい、これデータディクショナリーね、と、なにやらSQLのソフトから自動的にどかんと出力(?)したようなものをくれて、あとはグッドラックって感じです。 分析する側の感覚ではデータディクショナリーというのは、データを見た人がそのデータを確実に理解するための情報がはいっていて、実際に、人が考えて書き上げたものをデータディクショナリーと呼ぶのですが、、、 ま、データを集める会社と、分析しレポートする会社が違うということです。 それは、連邦政府の仕事は、大きな会社に一つの仕事をどかんと託すスタイルではなくて、複数の会社に機会を与えるというのが目的の一つだからだと思います。 特に、小さい会社(スモールビジネス)に機会を与えるというのが連邦政府の使命の一つなので、入札のときに、スモールビジネスの会社をパートナーとして含めるという指定があり、また、その会社がマイノリティーのオーナーだと、入札で有利になります。 そういうわけで、繰り返しになりますが、データを集める会社と分析する会社が別になってしまうことがあるのです。 データを集める会社は、IT系で、SQLとかPYTHONとかPHPとか、そういうのを使います。一方で分析する会社(自分がいる会社)は、心理学とか社会学、教育学系のトレーニングを受けている人が普通で、分析はSASとかSPSSです(統計ソフトの名前)。 文化が違うし、話し方さえ違います。 コミュニケーションが非常に難しいので、自分は、IT系の人たちの文化やスキルを理解することで、仕事が楽になるんじゃないかと思ったので、SQLとPHP,PYTHONを勉強し始めました。 ところが、どんなに本を読んでも、うまくいきません。一度、英語喉実践者のかたに指導していただいて、やっとMYSQLが自分のラップトップで走らせることができるとこまできました(ありがとうございます)。 PHPやPYTHONは本通りにやっても、エラーメッセージがでるんです。それは、例えば、PYTHONだとVERSION3が今新しいと思うのですが、ネットや本にある情報はVERSIONがちがったりします。 本どおりにやってもできない、、、ということに気がついてきたときに、元アップルで現在作家の松井ひろしさん(https://twitter.com/Matsuhiro )が、upworkというサイトがあって、世界中からIT系のコントラクターを雇うことができるというような内容の情報を流されていました(もしかしたら、そういう情報を流したかたのポストをRETWEETをされていたのかもしれない)。 そこで、さっそく、そのサイトで家庭教師を応募しました。値段はいくらでできるかオファーしてくれと言いました。翌朝までに30人ぐらいの応募があり、あるハンガリーの人が、特に推薦されていたので、その人に頼みました。 その人は1質問を2ドル(約250円)で答えてくれるということでした。 これまで4つ質問をしたのですが、3番目の質問は、PHPをどうやったら自分のラップトップで使えるの?というものです。 これは、自分で本でやろうとしても、無理だったんです。全然わかりません。分からないまま時間がすぎていきます(1時間?)。 ところが、その方が答えてくれた通りにしたら10分程度で解決しました。 内容的には私が使っていたXAMPPを消して(これは英語喉実践者のかたに教えてもらったもの)、WAMPをインストールせよ、、そして、分からんかったら、このサイトを見て、、という簡単なものでした。とりあえず鵜呑みにして、したがってみました。すると、やりたかったことが、すぐにできるようになりました。なんとPHPのプログラムが書けました!PC上で書いたものを、本サイトのフォルダーに置いてみると、なんと作動しました。…

12月は喉発音強化月間 動画UP! 舌を盛り上げないで!

さて、英語喉動画をとりました。面白そうな予感がしたら、以下の人気投票のほうよろしく。 12月を喉発音強化月間とし、最大の目標は、舌の奥のほうを盛り上げないことです。思うに、喉実践者の皆さんが、最後の一歩のところで、苦労してらっしゃるのが、これではないかと思います。 リラックス口の特徴は、舌がどて~んとしたままですが、それが徹底できていない。日本語では、舌が活躍するので、そのあたりがピンと来ないかも。またこれまで従来の発音本で練習してきた人は、舌をがんがん動かすことをしてきたでしょうから、ますます難しいでしょう。 盲点になっているのは、舌の奥のほうの盛り上がりです。これをやめてください。 特に目立つのがTHが発音できなくて、Zになっていること。これはTHに特有のぶるぶる振動が口で起こっていないと言うことだと思いますが、その原因は、日本語でそうするように舌の奥のほうを盛り上げてしまっているからだと考えます。舌に力が入るだけでなく、喉が閉じがちになります。 そして、実はこれはTHだけの問題でなく、全てのシラブルの前半部を「つぶす」結果になります。例えばMANという単語は、M-A-Nという感じで発音するわけですが、多くの実践者の皆さんが、MA-Nとなっています。それはMを行った瞬間に舌の奥が盛り上がっているために、喉が閉じがちになり、そのままAを発音するとMA-Nとなります。 以下の動画を見て、理解してください!ただし、私が見せていることは、危険ですので、絶対にまねをしないようにお願いします。 三羽チャンネルにあげていただいていたので、こちらが見やすいでしょう。 直りんはこちらです。 英語喉 喉発音のこつ 舌はできるだけ寝たままで 聞き取りが、相手によって、できたりできなかったりするというかたは(RYOGONさんがBLOGにてその点、報告されておりました)、おそらく、ご自身が喋る英語も、日本語のリズムから脱せずにおられるのだと感じます。それは、繰り返しになりますが、シラブル=1拍が分かっていても、シラブルの内部の読み方、例えばMANがどうしても、MA-Nとなってしまう。 すると、英語を読んだとき、シラブルのリズムをきざんでいても、シラブルの中は、日本語に少し近くなっているかもしれない。 それでは、人気投票にご協力を。 あと、TWITTERをされているかた、FACEBOOKをされているかた、以下のボタンを押していただき、情報の拡散のほうをよろしくお願いします!

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar