英語顔メソッド

I can と I can’tが伝わりにくい場合は、表情や頭の振り方で伝えようというコツ。

英語喉的にはCANTの最後のNTは子音が二つ続くわけですから、喉をリラックスさせて、ゆったり言えばいいかもしれないですね。

コメントで「初心者には殆ど同じに聞こえます」とおっしゃっているかたがいます。CanとCan’tが同じに聞こえるかたおられますか?

Related Articles

英語喉 無料 動画講座

まずは人気投票にご協力を。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 レッスン1 https://www.facebook.com/photo.php?v=257346711048053 レッスン2 https://www.youtube.com/watch?v=dhVfTnzLmCc レッスン3 https://www.youtube.com/watch?v=uzIYiOo4WrM レッスン4 https://www.youtube.com/watch?v=y8ynLBun46c&feature=plcp レッスン5 https://www.youtube.com/watch?v=sQFeQKZIdBY&feature=plcp レッスン6 https://www.youtube.com/watch?v=F4QpA8NTl_E&feature=plcp レッスン7 https://www.youtube.com/watch?v=xFwpUh7sbxg&feature=plcp

気持ちは分かる メソッド色々(YOUTUBEより)

個人的、喉的にはこれ(1番目)が一番面白かった(前にも紹介した?) * 「L」 と 「R」 発音練習(ネイティブ) http://jp.youtube.com/watch?v=MoS1pSf3SBw&feature=related こーら、喉の響き、その場所の違いやないかい。本人も口のことはよくわからんと認めている。犬がうなっているような感じだったらRRRRで、そうじゃなかったら(ややクリアな感じ、口の中にフタがしまってそれが開く感じ)Lというのがよく分かるねえ。これ、すごく分かりやすい。皆さん、分かる?これは面白い! *************************** 片岡昇 ケンセイ・メソード英語発音講座 抜粋 http://jp.youtube.com/watch?v=b2pbYqwkoc8 舌は寝転んだまま、、、というニュアンスは確かに間違ってはいないが、やはり口にこだわりながらも、ややええかげんに説明しているそのノリは非常に真実に近い。できたら、英語を話しているところを見たかった、、、。   **************************** 英語発音指導の専門家「スギーズ」先生 http://jp.youtube.com/watch?v=3zgm9RCLW0E&NR=1 I was only a kid then は7シラブルなのに、6シラブルになっている(先生、Aを忘れています、、、というか弱く読むという指導の弊害?あいまい音は弱く読むという指導はよくない。弱く読んだら聞こえないぞ!) でも結構、スムーズで英語の流動性が出ているのはアクビエリアあたりを使って発音しておられるからだろう。首の根元で同じことをやるとネイティブと同じになりますよ。 **************************** コウイチさん(ネイティブ?) http://jp.youtube.com/watch?v=NkzfeWhWyPo&feature=related こーら、喉の響き、その場所の違いやないかい。熱意は買う。口を気にしすぎて、音がこもっているから分かりにくくなるけど、口のコモリを無視して、喉のあたりの響きを意識して聞いてみて。Lはクリア、RはRRR(犬のうなりみたい)だということが聞き取れる。   ***************************…

信じる人は救われる 外国人なまりの日本語のシャドーイングを30分してみよう

以前から、英語のどの練習方法として推奨している方法に、 外国人なまりの日本語を聞いて真似するとうのがありますが、、、 ま、英語ネイティブなまりの日本語が良いかもしれません。 これをシャドーイングしてみてください。 英語喉をやっているけれども、まだ聞き取りが100%でないかた、まだ聞き取りが革命的によくなったと思えないかたにお勧めです。 FBの非公開・英語喉グループでは今までのところ2人位、これで聞こえるようになった!とおっしゃっているかたがいます。 聞いて繰り返す、、というのもありますが、同時に言うシャドーイングをお勧めします。 聞いた通りに、同時に、声をかぶせる感じで言ってください。理屈ぬきで、30分ぐらいやってから、その後でCNNや、映画の英語を聞いてみてくださいね。   以前、このような動画もありましたね。  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. can’tが伝わらない人は、CAN TO(きゃんと)と言っているからじゃないだろうか。

  2. >CanとCan’tが同じに聞こえるかたおられますか?

    教材とかみたいに、丁寧にきちんと最後のTを破裂させて言っていれば、一応わかりますが、それ以外の現実的な英語だと、音だけではわからない事が多いです。前後の文脈で判断するしかないですね。

    あれはネイティブ同士だって、よく聞き返したりしているらしいですから。

    私が判別のヒントにしているのは、canは「キン」みたいになる、
    (https://www.youtube.com/watch?v=agC7_1ZxJGI)
    という事と、can’tの場合は、n’tの所のシラブルを少し長く(たっぷり目に)言う、っていう事です。
    それでもわからない事も多いですが。

    自分が言う場合は、単に省略しないでcan notと言えば、相手もまず間違える事は無いからいいですけどね。
    問題は相手が言った場合ですよね。

    1. なるほど、ふつうの会話のなかで、聞こえにくいということもあるわけですね。となると、思うのですが、CANとCAN’Tの部分だけでなくて、他の部分もきっとあんまり聞こえていない人が多いけど、英語を指導するときに、CANとCANTの問題にして考えるとテーマ性が良い、語りやすい、、ということになるのではないかな?例えばISでさえ聞こえなくいはずですね。

  3. 46~7 sec のcanとcan’tはスピーカーで聞くと区別が困難です。イヤホーンで聞くとt音が独立音になりましょうか。