英語を聞くと大阪か京都のご出身であることが分かる例

英語の発音がとても上手な例として以下のかたが挙げられていた。

http://eigo-tatsujin.net/method/11142/

実は聴いた瞬間に、とても上田さんに似ていると思った。

特徴は、DとかTのように、口の中で破裂が起こされると信じられている音がとても強調されていて、その部分がチョッピーである点。

R音を口の中をこもらせることで代用されているという点。

おそらく、練習される場合は、この点を得に気にされていて、おそらく、強くすれば、さらに上達されると思い込まれていると思う。

たぶん、聞き取りは完璧にはならないのではないかと想像する。なぜなら、そういう部分に気に取られるとシラブルを聞くというエネルギーがすいとられてしまうから。

多くの日本人の発音練習は残念ながら、この方向に流れてしまいがちである。

どの方向かというと、摩擦の音をとぎすます+Rの音をこもらせる、、ことで、英語の発音が上達していくというパラダイムで、この問題点は

1.ある程度、喉の柔軟な関西人でないと、このやり方では上達しない。つまり、このやり方を関東の人が真似てもうまくならない。

2.上達するにはするが、限界があり、本当のネイティブ音には突然変化しない。

実は英語喉をお教えして、一番残念なのは、せっかくお教えしたのに、この方向に流れてしまう人。これはボランティアをすると出会うことになる。あまりのトラウマに、最近ではボランティアをしていない。

おそらく、このかたは大阪、京都あたりのご出身だと想像する。そのあたりでは、喉発音と口発音の中間点で、喉が柔軟。柔軟なのだが、なんとなく首の底は硬い感じのする人が混在する。そのため、英語喉のやり方をしにくく、また、それなりに喉が柔軟なので、自己流でまにあってしまい、正しいネイティブ発音にはなりにくい。

さらに英語喉を信じてくれないという特徴がある。

大阪、京都付近は微妙な方言エリアだと感じる。口発音と喉発音が混在している。

で、自分の、30年ぐらい前の英語を聞いてみる(以下のYOUTUBE動画)。すると、上にあげたような問題点が見当たらない。当時の自分は、口の中の摩擦をうまくすることで、英語の発音を上達させようという感覚がなかったことがこれでわかる。

実は摩擦のさせ方が大切だといかいう言い方は、英語耳の松澤さんが、サイトで10年ほど前に言っておられて、そのとき、自分は、そんなわけがないと反発を感じた。それが発音の本を書いてみたいという気持ちにつながったのでした。

今考えれば、音を聞いて繰返したらできるようになるなんて、想像を絶する主張だった。

音を聞いて、それを正しく真似るというのなら分かるが、回数は無関係でしょう。

正直なところ、おごった気持ちがあった(が、そのおかげで英語喉ができた)。当時、こんなに英語ができる自分が、やっていないことを、練習して英語の発音がうまくなるはずがない。そんなに言うなら、ご自分の英語発音を公表してほしいと。もちろん、普通の英語の発音本の著者は自分の英語の発音は公表しない。

自分で言うのは変なのだが、19歳のときの自分(というか、この録音をした日は1986年の12月24日で、まだ18歳だった)は、英語音声学をやっておらず(英文科だったので、その後、音声学の授業を受けた)、耳で聞いて広島弁の喉で発声をしていたので、その後の大学院時代の英語よりも発音がよく、さらに、ネイティブと心を通わせている。非常に不思議だが、英語音声学をやると逆に英語が硬くなるのではないかな。

このときのアメリカ人の二人とはLINKEDINで繋がっている。

 

 

Related Articles

英語喉で中国の旅 アメリカにいながらにして

クッちゃんと喉やんが、RONさんが中国語を喋っているのを見て、カズさんが中国語を勉強しはじめたという噂話をしています。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/07/kaz_07_29_2011.mp3|titles=kaz_07_29_2011] 週末英語喉セミナーのお誘いです。以下のURLから申し込んでください。日本の日と月の朝になりますが、アメリカ在住のかたなど、受講しやすい時間かもしれません。 http://www.doodle.com/ziiicwc489s3mf8e 皆さんの中には、日本にいながらにして、留学せずに、英語をマスターしたいというかたが多いだろうが、それは可能だ。 もちろん、旅はよいし、留学もよいだろう。場所を変えてみて初めて分かることもある。私もこのあいだ広島に帰省して初めて、広島弁って英語みたい、中国語みたいに喉をしぼるように発声していることに気づいた。 しかし、日本にいながらにして、今、ここ、を外国にしてしまうことは可能だ。MASAさんがそれを証明してくれている。 さて、私もちょっとした工夫で身の回りが中国になりつつある。会社で同じグループ、同じフロアに5人ぐらいは中国語を喋る人がいる。その人達に、私は中国語を始めましたと、とりあえず宣言して以来、毎日、ネイティブの中国語に触れている。そして、そのたびに、頼んでいないのに、新しい表現を教えてくれる。 昨日は、私が、中国人の父さんを持つ同僚に、ニーハオと挨拶すると、なにやら、聞いたことのない返事が返ってきたのだが、それは、今日という言葉に値する表現だった。ジン、ティエン、みたいな表現だ。 ジンは、なにか中国人の名前みたいだな~、ティエンは、「天」らしい、、、ということで、とりあえず覚えてしまった。ただし、ジンのイントネーションは確認していない。 その彼女が、明日は、ミン、ティエンよと言ったので、あ、ミンは明だろうと予測。 イントネーションはまだちゃんと覚えていないけど、一度、本とか辞書で確認したら覚えれるかも、、、というレベルまで来た。 彼女が、中国語では、まず時間の概念を言うのよ、、、と教えてくれる。 へ~~~。 もしかしたら、中国語の動詞は、現在も過去も同じ形を使うから、最初に時間(今日とか、明日とか)を言ってしまうのかな~、なんて話をした。 すると、彼女が、過去のときに、ラ~ってのを加えることがあるんだけどね、と言った。これはまだ自分には無理だなと思ったが、うっすらと覚えておいたら、次にぶつかったとき覚えられるだろう。 中国語は、四声とかいうのがあり、同じ1シラブル・1漢字の言葉でも、音程の上げ下げ具合で4種類ぐらいある。 私は、それがはっきりしないとその単語を覚える気にならない。しかし、日本語でも音程を変化させると意味が変わるので、納得はする。 日本人は、高校受験や大学受験でとりあえず、カタカナ発音プラスありもしないアクセントの位置を丸覚えし、そのあとで、覚えなおすという気の遠くなるような作業をしている。 私は絶対それはいやだ。 さて、会社が終わって、駅にあるいていたら、私よりちょっと年上かぐらいの中国人らしい女性が同じ方向に歩いている。同じ会社かな?と思ったのだが、もしかしたらネイティブ中国語会話のチャンスかと思い、 暑いですね~ と英語で言ってみる。 すると、あなたは中国人ですか?と英語で質問してきたのだ。 な~るほど、私は、「角刈り」+「懸垂」+「たんぱく質補給」+「かかとに重心をおいて歩く(ネイティブの標準姿勢、英語喉29ページ参照)」、、、…

英語喉・上川、海外経験のまだない19歳のときの英語対談テープを発見、大公開

海外経験のまだない、19歳のときの英語対談テープを発見しましたので、以下に公開します。 現在、広島の実家に一時帰国中で、日本を1994年に出る前に荷物を整理して、重要な音声テープなどを納屋に保管していたことは覚えていて、今回発掘し、テープをMP3ファイルに変換できました。 セレンさんのインタビューで豪語していましたが、私は大学で初めて英語を話したときから、意外とすっと喋れたということでした。しかし、それを証明するものはありませんでしたが、今回聞いてみて、意外とすらすらと英語を話しているように思えますが、まだ、頭のなかに英語のシステムがしっかり完成していなので、ういういしい感じがします。不思議と、のちの大学院のときより、英語で楽しんでいる感じ、ネイティブとなじんでいる感じがあるのが不思議。 対談の相手は当時、同志社に留学中だったポールさん、そして、たまたまそのとき、弟さんのボビーさんが京都を訪問していたのです。最後のほうで言うのでわかりますが、1986年12月25日、クリスマスの日の録音でした。 http://www.nippondream.com/file/kaz_paul_bobby_12_24_1986.mp3 http://www.nippondream.com/file/kaz_paul_bobby_12_24_1986.mp3 http://www.youtube.com/watch?v=WN7LETCJgXw&feature=youtu.be

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. このリンク先の方は、とても上手だと思います。やはり従来のやり方でも、才能のある人なら、ある程度まではいけるので、だからこそ、今でもそれが正しいと思われているのでしょうね。

    とりあえず、舌の位置や動かし方で頑張った方が、直接音を変化させる影響が大きいので、どうしてもその力に頼ってしまう、という傾向は分かります。今の私もそうなので。ただ、それだといくらやっても、一定以上にはならない、という限界も感じます。「だから聞き取れないのかなあ・・・」と思ったり。

    1. 予想にすぎないのですが、例えば、この方と非常に発音方法が近い上田さんの場合、聞き取りは絶対100%なんでできるはずがないというお考えです。もしかしたら、DとかTなどで強調しているので、そのあたりに注意が散漫になり、結果として、聞けないという状況が生まれるのではないか、、つまり、音声学で大切だといわれることを勉強すると、英語が聞けなくなるのではないか?と思っています。ただし、最初から聞けない人が、さらに聞こえなくなる場合は、一体なにがなんだか分からなくなるのではないでしょうか?

Skip to toolbar